LIFE

他人に意見を求める時のコツ【意見より行動を優先すべき】

他人に意見を求める時のコツ【意見より行動を優先すべき】

こんにちは、シゲです。

・他人に意見を求めて、良いアイデアを提案して欲しい。
・どうすれば、他人が意見を出してくれるようになるのかな?

というお悩みにお答えしていきます。

本記事の内容は、下記です。

本記事内容

1:他人に意見を求める時のコツ
2:他人に意見を求めるより行動を優先しよう

他人に意見を求める時のコツを紹介しますが、結論から言うと、他人の意見より自分で行動する方がいいです。

詳しい理由は、記事内で紹介しますが、簡単に言うと誰の意見でも成功する確証がないからです。

とはいえ、「どうしても他人の意見が欲しい…」という方もいると思うので、記事前半は“他人に意見を求める時のコツ”、後半は“他人に意見を求めるより行動を優先すべき理由”を解説します。

11年勤めた会社で、他人に意見を求めた結果、損し続けていた私がノウハウを共有しますね。

1:他人に意見を求める時のコツ

1:他人に意見を求める時のコツ

まずは、他人に意見を求める時のコツを紹介します。

コツは、下記3つ。

・相手にメリットを作る

・まず、自分から意見を出す

・他人の意見は否定しない

では、詳しく解説していきます。

相手にメリットを作る

意見を出す側からすると、デメリットしかないからです。

アイディアを考えるだけでも労力を使いますし、時間も掛りますよね。

また、会話も増えるため、その間時間を奪うことになります。

上記のようなデメリットがあるのに、真面目に意見を伝えても自分が損をするため、バカバカしく感じますよね。

メリットがないから、薄い意見だったり意見がないことが多い。

相手に意見を求めるなら、相手にもメリットを提案しましょう。

【例】アイディア1つで、1,000円とか。

まず、自分から意見を出す

まっさらな状態から、意見を出してくれと言われても、言われた側は「お前はどう思っているんだ?」と感じるからです。

例えば、駅で始めて会った人から「地球温暖化についてどう思う?」といきなり言われたら、何だコイツと感じますよね。

それよりも、「地球温暖化の影響で、ホッキョクグマが絶滅しそうになっているため、私はそれを守りたい」と言われた後に、「あなたは、地球温暖化についてどう思う?、本音を聞かせて」と言われた方が、答える気になりますよね。

相手との信頼関係がないと、良いアイディアを提案してくるはずありません。

信頼関係を築くためにも、まずは、自分から意見を出しましょう。

他人の意見は否定しない

誰でも自分の意見を否定されたら、嫌な気分になるからです。

例えば、会社で改善案を20個提案し、上司から「全てダメだな」と言われたら、嫌な気分になりますよね。

「これだけ否定されるなら、意見なんて言わなくればよかった…」と感じるはず。

他人を傷つけないためにも、他人の意見を否定するのは辞めましょう。

他人の意見に期待しないことも重要

期待しても良いアイディアを提供してくれるとは限らないからです。

あなたが良いアイディアが浮かばないのと同じで、本気で考えてもアイディアが出せない人もいます。

また、意見を言うことは基本的にデメリットしかないため、初めから本気で考えない人も多いですよ。

他人に意見を求めても、自分同じように答えが見つからないことはザラにあります。

他人の意見に期待しすぎると、気持ちの落胆が大きくなるため、損しますよ。

他人の意見に期待し過ぎるのは辞めましょう。

参考程度に考えるくらいでちょうどいいです。

2:他人に意見を求めるより行動を優先しよう

2:他人に意見を求めるより行動を優先しよう

ここからは、他人に意見を求めるより行動を優先すべき理由を紹介していきます。

理由は、下記4つ。

・現状維持のまま

・他人の意見は無責任

・他人からも嫌われやすい

・行動しないと結果は出ない

各々、詳しく解説していきますね。

現状維持のまま

いくら多くの意見を聞いても、前進できていないからです。

例えば、会社でも会議でずっと意見交換をしていても、従業員のやる事は変わらないため、売上が上がることはないですよね。

他人に意見を求めても、現状維持のままですよ。

結果を出すためにも、行動することは必須です。

他人の意見は無責任

他人の意見は、基本的に無責任だからです。

退職するか悩んで、上司に意見を求めた時に「絶対にこの会社に残った方が良い」と言われたとします。

しかし、働き続けて病気になった場合「自己管理ができてないあいつが悪い」と言われるはず。

無責任の意見を聞いていても、絶対に成果はでません。

他人の意見は無責任だし、成果を出すためには、行動することが重要です。

他人からも嫌われやすい

意見を求めるだけで実際に行動しない人を見ると「言うだけ損したな」と感じるからです。

例えば、ブログで月10万円稼いでいるとして、知り合いから「ブログの開設方法を教えて」と言われたとします。

しかし、教えてもブログを始めなかったら、「教えた労力と時間を返してくれ」と思いますよね。

意見を求めて人から、嫌われないためにも、行動することが重要です。

行動しないと結果は出ない

行動しないと現状を把握できず、改善ができないからです。

あなたの会社でも、理想しか言わない上司がいますよね。

それは、自分でやってみて現状を把握できていないからです。

現状を把握していない人が、望んだ結果を出せるはずないですよね。

現状を把握するためにも、まずは行動を優先しましょう。

3:【結論】他人に意見を求めても答えは出ない

本記事の内容をまとめます。

他人に意見を求める時のコツは、下記3つ。

・相手にメリットを作る

・まず、自分から意見を出す

・他人の意見は否定しない

どうしても他人の意見が欲しいという方は、試してみて下さい。

ただし、他人が良い意見を出してくれるとは限りません。

むしろ、他人にとってはデメリットになるため、良い意見はほぼないと考えた方が良いと思います。

望んだ結果を出すためにも、他人に意見を求めるより行動を優先すべきです。

理由は、下記。

・現状維持のまま

・他人の意見は無責任

・他人からも嫌われやすい

・行動しないと結果は出ない

意見を聞いて悩んでいても、現状維持だし、他人から嫌われるだけですよ。

結果を出すためにも、行動を優先して早めに現状を把握してみて下さい。

現状を把握して改善することで、望んでいる結果に近づけます。

ということで、以上になります。
最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

-LIFE

© 2021 shigeblog