WORK

上司と会話が続かない原因【結論:会話が続かなくても問題ないです】

上司と会話が続かない原因【結論:会話が続かなくても問題ないです】

こんにちは、シゲです。

・上司との会話が続かない。
・上司と会話が続かない原因を知りたい。
・上司と会話が続かない時の対処方法を知りたい。

というお悩みにお答えしていきます。

本記事の内容は下記。

  • 1:上司と会話が続かない原因
  • 2:上司と会話が続かない時の対処方法

11年同じ会社に勤めた経験がある私が「上司と会話が続かない原因」について解説していきます。

1:上司と会話が続かない原因

上司と会話が続かない原因

上司と会話が続かない原因は、下記3つになります。

  • 「はい」「わかりました」しか返事をしていない
  • プライベートと仕事は分けている
  • 上司の方が全てにおいて立場が上と感じる

では、詳しく解説していきます。

「はい」「わかりました」しか返事をしていない

上司の質問や依頼に対して、「はい」「わかりました」しか返事をしていないと、会話が続きません。

「はい」「わかりました」などの一言で終わってしまう返事だと、そこで話が完結してしまうので、会話が続かなくなってしまいます。

また、「はい」「わかりました」などは、肯定するのが前提の返事なため、上司は自分の意見に賛成してくれたと感じ、それだけで満足してしまいます。

逆に言うと、全てを肯定する人は、「本当は、何を考えているかわからない」「少し不気味だ」と感じるため、近寄りがたくなってしまいます。

そのため、いつまでも上司を仲良くできなく、壁ができたままになってしまいます。

私は過去に、「はい」「わかりました」と必ず肯定する部下がいました。

その部下に、仕事を依頼しても「はい」「わかりました」とだけ返事をするだけだったため、「さっきの説明で納得してくれたんだ」と感じ、すぐに会話が終わってましたね。

しかし、実際は口下手なだけで、後から「このやり方を教えて下さい」などの依頼を受けることが度々ありました。

上記理由から、上司の質問や依頼に対して、「はい」「わかりました」しか返事をしていないと、会話が続きません。

プライベートと仕事は分けている

プライベートと仕事を分けていると、上司と会話が続かない原因になります。

プライベートと仕事を分けていると、上司との会話も仕事の話しかしなくなります。

そのため、仕事の指示や進捗具合などの事務的な会話しかせず、上司は部下の人間性を見ることができません。

そのため、仕事でも必要最低限の事しか言わなくなるため、会話が続かなくなります。

私は過去に11年同じ会社に勤めていましたが、プライベートと仕事を分けて考えていたため、上司とは仕事の話しかしませんでしたよ。

そのため、会話の9割は5分以内に終わっていました。

逆に、プライベートとの話が好きな同僚は、同じ上司と30分以上会話する機会が多かったです。

上記理由から、プライベートと仕事を分けていると、上司と会話が続かない原因になります。

上司の方が全てにおいて立場が上と感じる

上司の方が全てにおいて立場が上と感じると、上司と会話が続かなくなる原因になります。

上司の方が全てにおいて立場が上と感じていると、人間的に自分より優れている人だと考えてしまい、「自分なんかの意見を言っても、反論されちゃう」「自分の意見は間違っているんだ」と卑屈になってしまいます。

そのため、全てにおいて立場が上と感じる人に対して、肯定した意見しか言えなくなるため、会話が続かなくなります。

たとえば、私が野球で有名なイチローさんと会話できる機会があるとしたら、会話が続く自信がありません。

なぜなら、イチローさんの方が人間的に優れていると感じるため、「何を言っても、イチローさん独自の意見で反論されるんじゃないか?」と感じるし、「余計な事を言ってしまって、イチローさんを怒らせたらどうしよう」と不安にもなっているからです。

たぶん、イチローさんの意見と私の考え方が違っていても、イチローさんの意見に肯定すると思います。

上記理由から、上司の方が全てにおいて立場が上と感じると、上司と会話が続かなくなる原因になります。

2:上司と会話が続かない時の対処方法

上司と会話が続かない時の対処方法

上司と会話が続かない時の対処方法は、下記4つになります。

  • 「YES」+「AND」で返事をする
  • プライベートの話もする
  • 上司でも、人間的には同じ立場と認識する
  • 上司と会話が続かなくても問題なし

では、詳しく解説していきます。

「YES」+「AND」で返事をする

「YES」+「AND」で返事をすることで、上司との会話を続けることができます。

先ほど、「はい」「わかりました」とだけ返事をすると話が完結してしまうため、会話が続かないとお伝えしてきました。

これは、「YES」+「AND」の「YES」の部分しか使っていないためです。

そこで、重要なところは、「AND」の部分で、このANDがあるのとないのとでは、会話の続き方が違います。

たとえば、上司から仕事依頼があったとします。

  • 【「YES」のみの場合】
    • 上司「〇〇の仕事を2日後に終わらせられる?」
    • 自分「はい」
    • 上司「じゃあよろしく」
  • 【「YES」+「AND」の場合】
    • 上司「〇〇の仕事を2日後に終わらせられる?」
    • 自分「はい」
    • 自分「2日後だと、定時では厳しいですね。残業をすれば間に合いますが、生憎予定があるので難しいですね。」
    • 上司「そっか。じゃあ4日後ならどう?」
    • 自分「4日後なら定時でも対応可能です。」
    • 上司「じゃあ4日後に報告待っているよ」

このように、「AND」を増やすだけで、会話を続けることができます。

上記理由から、「YES」+「AND」で返事をすることで、上司との会話を続けることができます。

プライベートの話もする

プライベートの話もするようになると、上司との会話が続きます。

プライベートの話をすると、上司も部下の人間性が見えてくるため、壁がなくなりやすくなります。

また、部下の人間性が見えてくると、上司の感情的な部分も出すことができるため、上司の人間性もわかるので、上司の新たな一面をみることができ、会話が続くことが多いです。

私も以前勤めていた会社で、仕事の事しか会話をしない同僚がいました。

しかし、飲み会に行った時に、たまたまその同僚も参加していた時に、ロードバイクの話になりました。

そこで、私も「ちょっと興味あるな」と会話したことが、きっかけで一緒にロードバイクをレンタルしてみたりと仲良くなった経験があります。

退職した今でも、定期的に会ってロードバイクに乗ったり、ご飯を食べに行ったりする仲になりました。

たぶん、飲み会でプライベートの話をしなかったら、今の関係性はなかったと思います。

上記理由から、プライベートの話もするようになると、上司との会話が続きます。

上司でも、人間的には同じ立場と認識する

上司でも、人間的には同じ立場と認識すると、上司との会話が続きます。

上司は、会社内なら、自分より立場が上なのは仕方がないです。

しかし、会社以外では、人間的に考えて立場が一緒です。

そのため、自分の意見や考え方を伝えても問題ないので、気楽に会話をすることができます。

気楽に会話をすることで、上司に自分の意見や考え方を伝えることができ、自分の人間性を見せられるため、上司も意見や考え方を部下に使えやすくなります。

私は、現在年齢が5個以上上の人と仲良くさせてもらっています。

その人とは、礼儀や敬語をしっかりと使うだけで、自分の意見や考え方を必ず伝えています。

考え方が違ったりすることもありますが、お互い「この人はこういう考え方なんだ」と理解をしているため、喧嘩をすることはありません。

上記理由から、上司でも、人間的には同じ立場と認識すると、上司との会話が続きます。

上司と会話が続かなくても問題なし

正直、上司と会話が続かなくても問題ないです。

そもそも、上司と会話が続いても得をすることは限りなく少ないです。

たとえば、仕事中にプライベートの話をして、会話が続けば、仕事をする時間が削られ、結果的に、実績が少なくなります。

また、上司との会話が増えたからと言って、新しくスキルを覚えることはできないはずです。

さらに、上司との会話が増えたとしても、会社からの評価が上がる確率は限りなく低いです。

理由は、そもそも会社で良い評価を貰っている人の割合は、全体の10%以下のはずです。

全体の10%の中でも、エリート・年功序列・ゴマすりする人などを考えると全体に1~2%程度しか残っていないはずです。

つまり、上司と会話が続いただけでは、良い評価を貰える可能性はかぎりなく低いと言えます。

上司と会話が続いて得をするのは、会社や上司です。

部下自身は残業や余計な仕事依頼などを受ける機会が受けるため、損するだけです。

私は、過去11年同じ会社に勤めていましたが、11年間で給料は2万円しか上がりませんでした。

また、上司も含んだ会議などに参加すると、プライベートの話や他の部署の愚痴などの会話も増えていて、無駄な時間が多かったと感じました。

上記理由から、上司と会話が続かなくても問題ないです。

むしろ、上司との会話が少ない方が、得が多いです。

ということで、以上になります。
最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

-WORK