LIFE

他人に干渉されて困っている時の対処方法【1つだけです】

他人に干渉されて困っている時の対処方法【1つだけです】

こんにちは、シゲです。

・他人に干渉されて困っている…
・どうすれば、他人から干渉されなくなるのかな?

というお悩みにお答えしていきます。

本記事の内容は、下記です。

  • 1:他人に干渉されて困っている時の対処方法
  • 2:他人が干渉してくる理由
  • 3:他人と距離を開ける方法
  • 4:【補足】他人を変えようとしても変えられない

本記事を読み実践すれば、他人からの干渉に困らなくなります。

なぜなら、11年勤めた会社で入社当初、上司に干渉されていた私が、本記事で紹介する方法を使い、干渉されなくなったからです。

上記背景を持つ私が、ノウハウを共有しますね。

1:他人に干渉されて困っている時の対処方法

1:他人に干渉されて困っている時の対処方法

他人に干渉されて困っている時の対処方法は、1つしかありません。

それは、“他人と距離を開ける”ことです。

理由は単純で、他人と距離を開ければ、関わることがなくなるから。

結論は以上なのですが、簡易的すぎるため、一から解説していきますね。

まずは、なぜ他人が干渉してくるかについて詳しく説明します。

2:他人が干渉してくる理由

2:他人が干渉してくる理由

他人が干渉してくる理由は、下記3つです。

  • 認めてもらいたい
  • 一人で行動ができない
  • ストレス解消

認めてもらいたい

自身のことを認めて欲しいという欲求を満たしたいからです。

私が上司から干渉されていた時は、よく自慢話と過去の武勇伝の話を強制的に聞かされました。

  • 昔は、22:00が定時退社みたいなもんだった
  • ベンツ購入したんだ。それで…
  • 俺が20代の時は、遊びまくったぜ

などの話を聞き、毎回ウンザリしていました。

他人が干渉してくるのは、「誰かに認められたい」という欲求を満たしたいと考えているからです。

一人で行動ができない

「誰かと一緒にいれば安心」という思いが強いからです。

例えば、学校のクラスでも、いくつかのグループに分かれているはず。

それは、一人で居ると「暗い奴。惨めだ」と周囲から思われたくないと考えているからです。

上記は誰でも、少なからずは抱いていますよね。

しかし、極端に「一人で居たくない!!」という思いが強いと、過剰に他人に干渉をしてしまうのです。

現に、私に干渉してきた上司も自身では判断せず、必ず他人についていく人でした。

他人が干渉してくるのは、一人で行動できず、誰かと一緒にいたいという欲求が強いからです。

ストレス解消

他人との会話でストレス解消している人は、誰かと会話せずにはいられないからです。

ストレス解消を目的の、会話内容は下記のようなものが多いはず。

  • 誰かの批判(上司、同僚、家族など)
  • 自分の事だけを一方的に話す
  • 相手の意見は完全に無視か反論

私に干渉してきた上司も、上記会話が多くて嫌な気分になっていました。

周囲の人からも、陰で嫌われていましたね。

このように、他人が干渉してくるのは、ストレス解消のためです。

全部他人のエゴ

ここまで解説してきた通り、他人が干渉してくるのは、全て他人自身のエゴです。

他人のエゴに付き合っても、自分が損するだけですよね。

自分が干渉されて嫌だと感じる相手には、距離を開けて関わらなくなることが最善です。

とはいえ、「具体的に、どうすれば距離を開けられるの?」と疑問に感じる方もいるはず。

そこで、3章から具体的な方法を紹介します。

3:他人と距離を開ける方法

3:他人と距離を開ける方法

他人と距離を開ける方法は、下記3つです。

  • ①自分から話を終わらせる
  • ②はっきりと嫌と伝える
  • ③環境を変える

①自分から話を終わらせる

自分から話を終わらせれば、相手も「自分のことを嫌っている」と悟り、徐々に関わらなくなるからです。

私に干渉してきた上司と距離が開けられたのもこの方法でした。

当時のやりとりは、下記です。

  • 上司「聞いてくれよ。昔一緒に住んでいた後輩がいて…」
  • 上司「…て感じなんだよ。最悪だろ?」
  • 「…ハッハッハ」
  • 上司「お前は同じようになるなよ」
  • 「わかりました。今仕事で手一杯なので失礼します」

こんな感じの対応を繰り返していき、徐々に話しかけられることがなくなりましたね。

その後、無駄な干渉もなくなり、ストレスが減ったことを覚えています。

無駄に干渉してくる人と距離を開ければ、関わらなくなるため、自分から話を終わらせましょう。

②はっきりと嫌と伝える

はっきりと嫌だと伝えれば、相手から嫌われるため、関わらなくなるからです。

例えば、下記みたいな感じです。

  • 同級生「昨日、○○(別の同級生)が✕✕に告白してフラれたらしいよ(笑)」
  • 自分「そうなんだ」
  • 同級生「✕✕はどう考えても無理だろ(笑)」
  • 自分「この話気分悪くなるから」

こんな感じです。

はっきりと嫌と伝えれば、相手にも嫌われるため、関りがなくなります。

ただし、嫌われる覚悟を持つ必要あり、かなり勇気がいりますね。

しかし、安心して下さい。

もともと、自身のエゴのために干渉をしてきるような人なので、嫌われても問題ないはず。

自分が損をしないためにも、はっきりと嫌と伝え距離を開けるのもありです。

③環境を変える

生活する環境を変えれば、干渉してくる人と距離を開けることができるからです。

  • 干渉してくる人と同じ職場
    • 職場を変える
  • 干渉してくる人と同じ習い事
    • 習い事をしている場所を変える
  • 隣の住人が干渉してくる
    • 住む場所を変える

このように、生活する環境を変えれば、干渉してくる人と距離を開けることができ、関りをなくすことができます。

ストレスが限界という方や白黒はっきりつけたいという方は、環境を変えてみることがおすすめします。

話を受け流すのはNG

1つやってはいけない方法があります。

それは、話を受け流し続けることです。

理由は、時間が無駄になるから。

  • 干渉する人が話す→受け流す→干渉する人が話す

上記繰り返しになり、話を聞いているだけでも時間が無駄になりますよね。

また、他人の自慢話や批判などを聞いていても、嫌な気分にされるだけです。

話を受け流すのは、一時的な対策にしかならず、結局自分が損をするので辞めましょう。

他人に干渉してくる人とは、距離を開けよう!!

ここまで解説してきた下記3つの方法を参考に、干渉してくる人と距離を開けてみて下さい。

距離を開け関りがなくなれば、ストレスが激減するはずです。

  • ①自分から話を終わらせる
  • ②はっきりと嫌と伝える
  • ③環境を変える

4:【補足】他人を変えようとしても変えられない

4:【補足】他人を変えようとしても変えられない

ここからは、補足になります。

それは、干渉してくる人を変えようとするのは辞めるべきということです。

理由は単純で、他人を変えることができないから。

例えば、タバコを吸っている人に、タバコを辞めろと言い続けても、ほとんどの人は辞めないはず。

それは、タバコを吸っている人が辞める気がないからです。

これは、他人に干渉してくる人にも同じことが言えます。

このように、他人を変えようとしても変えることはほぼ不可能です。

変えられたとしても、莫大な時間と労力が必要になるため、事実損をするのは自分自身になります。

自分が損をしないためにも、他人を変えようとするのは辞めましょう。

他人を変えようとすること自体が間違っている

そもそも、他人を変えようとすること自体が間違っています。

なぜなら、他人を変えようとすることは、自分に合った言動を他人にさせようとする行為だからです。

仕事で例えると、下記みたいな感じです。

  • 【助言】仕事量を増やさないと出世できないぞ
  • 【願望】部下に仕事を多く処理して貰い、自分が楽になりたい

このように、自分のエゴを他人に押し付けている行為になります。

他人を変えようとはせず、自分で叶えたいことがあるなら、自分自身で挑戦しましょう。

5:まとめ 他人から干渉されているなら、距離を開けよう!!

本記事の内容をまとめます。

他人に干渉されて困っている時の対処方法は、1つだけで“他人と距離を開ける”ことです。

無駄に干渉してくる人は、自身のエゴのために絡んでくるため、まともに相手をしても自分が損をしてしまいます。

性格が合わないと割り切り、距離を開け関りをなくすことが最善です。

下記3つの方法を参考に、他人に干渉される苦痛から抜け出してみて下さい。

  • ①自分から話を終わらせる
  • ②はっきりと嫌と伝える
  • ③環境を変える

ということで、以上になります。
最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

-LIFE