LIFE

楽しいだけの人生はつまらない【人には辛さが必要】

楽しいだけの人生はつまらない【人には辛さが必要】

こんにちは、シゲです。

・楽しいだけの人生を過ごしたい…
・楽しいだけの人生を過ごすにはどうすればいいの?

というお悩みにお答えしていきます。

本記事の内容は下記です。

本記事内容


1:楽しいだけの人生はつまらない【理由を解説】
2:日々を楽しいものに変えようとしていいのか?【問題なし】

本記事を読めば、どうすれば楽しい人生になるかわかります。

楽しい人生を目指したが、最終的に「楽しいだけでは人生が良いものにはならない」と悟った私が、ノウハウを共有しますね。

1:楽しいだけの人生はつまらない【理由を解説】

1:楽しいだけの人生はつまらない【理由を解説】

結論から言うと、“楽しいだけの人生“を目指すのは辞めた方がいいです。

理由は、つまらないく感じるから。

下記3つに分けて詳しく解説していきますね。

・楽しいが当たり前になり自分の常識になる

・辛い思いがあるから本気で喜べる

・落差があるから人間味が出る

楽しいが当たり前になり自分の常識になる

人は同じことを繰り返すと、好奇心などがなくなり飽きるからです。

例えば、あなたがお金持ちに生まれたとして、下記がすぐに手に入る状況だとしたら、一生楽しめると思いますか?

・欲しいもの

・恋人

・友達

全て、簡単に手に入るし、つまらないですよね。

自分に集まってくる人達も“お金目当て“で、あなた自身を真剣に見てくれる人は少ないはず。

このように、楽しいだけの人生は退屈ですよ。

楽しいという感情だけでは、人生が良いものにすることはできません。

辛い思いがあるから本気で喜べる

辛かったり、苦労した方が、強い思いを生まれるからです。

例えば、スポーツでも、常に簡単に勝ち続けている選手を見ても、面白く感じないですよね。

プレーしている選手もインタビューとかで泣くことは絶対にないでしょう。

それよりも、選手生命が掛かるようなケガから努力して復帰し、接戦の末試合に勝てた方が見ていても面白いですよね。

それに、選手自体も苦労などを思い出しつつ、本気で勝利を喜べます。

このように、“辛さ“や”苦痛”などがあるから、本気で喜べますよ。

人生を楽しむには、“辛さ“や”苦痛”などの感情は絶対に必要です。

落差があるから人間味が出る

何でも簡単に成功できる人を「自分とは違う人だ」と感じやすく、近づきにくいからです。

例えば、会社でも正論しか言わない上司より、家族にいじられキャラにされているなどの弱い部分を見せている上司の方が親しみやすいですよね。

人間関係において、“弱み“や”失敗“などは、相手の信用を掴むにはかなり重要です。

人として魅力的になるためには、辛さや苦労は必ず必要になります。

楽しいだけでは、人として魅力的になれません。

楽しいだけの人生を目指すのは辞めよう!!

ここまで解説してきた通り、下記3つの主な理由から、楽しいだけの人生はつまらなく、自分のためになりません。

・楽しいが当たり前になり自分の常識になる

・辛い思いがあるから本気で喜べる

・落差があるから人間味が出る

辛さなどの経験があるからこそ、人は本当に喜べて楽しむことができます。

楽しいだけの人生を目指すのは辞めましょう。

とはいえ、日々を楽しいものに変えようとすること自体は問題ありません。

上記を詳しく解説していきますね。

2:日々を楽しいものに変えようとしていいのか?【問題なし】

2:日々を楽しいものに変えようとしていいのか?【問題なし】

日々を楽しいものに変えようとすること自体は問題ない理由は、下記3つ。

・努力をしないと現状維持のまま

・「楽したい」と思うのは自然な感情

・苦労は自然にやってくる

各々詳しく解説していきますね。

努力をしないと現状維持のまま

努力をしないと現状維持のままで、人生が豊かになることはないからです。

例えば、「給料が低い」という不満を持っているとして、何の努力もせず上司の判断を待っていても、収入は増えないですよね。

「日々を楽しいものに変えよう」という欲求がないと、人生を良いものに変わりません。

日々を楽しいものに変えようと思うのは問題なしです。

「楽したい」と思うのは自然な感情

人は誰でも怠けたいと考えるからです。

私も本記事を書きながら「もっと楽に執筆したいな~」と感じていますよ。

それに、会社が従業員を雇うのも、経営者が「楽して稼ぎたい」と思っているからですよね。

誰でも自然に「楽したい」「楽しいだけの生活がしたい」と思っているため、考えることは悪いことはないですよ。

苦労は自然にやってくる

見出し通りですが、苦労は自然にやってきます。

しかし、楽しいことは自分で努力しないと手に入りません。

例えば、40代で結婚できないという苦痛は、年齢を重ねれば、誰でも感じるはず。

しかし、結婚できる相手を見つけるには、自分で努力をしないと見つけられませんよね。

苦労は自然にやってくるため、日々を楽しいものに変えようをすることは間違っていません。

むしと、苦労を減らすためにも必要ですよ。

努力→苦労→楽しいを繰り返すのが最適

ここまで解説してきた通り、楽しいだけでは人生が良いものに変わることはないし、何もしないで待っているだけでも、人生が良くなることはありません。

「日々を楽しいものに変えよう」という欲求を持ちつつ、努力→苦労→楽しいを繰り返しながら生きていくことが、最も人生を楽しめる方法です。

自分の人生のためにも、努力や苦労を受け入れましょう。

3:楽しいだけの人生はつまらないです

本記事の内容をまとめます。

“楽しいだけの人生“を目指すのは辞めた方がいいです。

理由は、下記3つ。

・楽しいが当たり前になり自分の常識になる

・辛い思いがあるから本気で喜べる

・落差があるから人間味が出る

楽しいだけの人生を求めても、人生が豊かになることはありません。

辛さや苦痛があるから、本当の楽しさを知ることができます。

なお、「日々を楽しいものに変えよう」とする欲求は持ったままで問題ありません。

理由は下記。

・努力をしないと現状維持のまま

・「楽したい」と思うのは自然な感情

・苦労は自然にやってくる

楽しいものに変えようとする努力がないと、人生が良いものに変わることはできませんよ。

「日々を楽しいものに変えよう」とする欲求は持ったまま、努力→苦労→楽しいを繰り返して生きることで、楽しい日々をおくることができます。

ということで、以上になります。
最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

-LIFE

© 2021 shigeblog