LIFE 一人暮らし

一人暮らしに役立つおすすめ掃除機【選ぶコツも紹介】

一人暮らしに役立つおすすめ掃除機【選ぶコツも紹介】

こんにちは、シゲです。

・一人暮らしを始める予定だけど、楽に掃除ができる掃除機を知りたい。

というお悩みにお答えしていきます。

本記事の内容は下記です。

本記事内容


1:一人暮らしに役立つおすすめ掃除機
2:掃除機を選ぶポイント

本記事を読み実施すれば、一人暮らしの掃除がかなり楽になります。

一人暮らし歴7年以上で、様々な掃除機を使ってきた私がノウハウを共有しますね。

1:一人暮らしに役立つおすすめ掃除機

1:一人暮らしに役立つおすすめ掃除機

早速ですが、一人暮らしに役立つおすすめ掃除機は、下記3つ。

・ルンバ ロボット掃除機 692

・Kyvol ロボット掃除機 E20

・アイリスオーヤマ コードレス掃除機 IC-SLDCP10

では、各々詳しく解説していきますね。

ルンバ ロボット掃除機 692

ロボット掃除機で一躍有名になったメーカーですね。

その中でも、692というモデルは、下位グレードに位置しているため、低価格(3万円台)で購入することができます。

下位グレードとは言っても、一人暮らしの部屋数を考えてみれば、十分すぎる性能を持っていますよ。

アプリも使用でき、1クリックで常に床掃除ができるのも魅力的ですね。

「掃除の労力と時間を減らして楽したい…」という方は、ルンバ ロボット掃除機 692を選んで損しません。


Kyvol ロボット掃除機 E20

Kyvolは、グっとロボット掃除機のシェアを広げてきているメーカーですね。

価格も1万円台と驚きの価格です。

機能面でも、ルンバ692に劣ってはないため、めちゃくちゃコスパが高いですよ。

「ルンバ欲しいけど、価格が…」という方は、Kyvol ロボット掃除機 E20を選ぶのもありです。


アイリスオーヤマ コードレス掃除機 IC-SLDCP10

アイリスオーヤマ コードレス掃除機は、下記3つの機能が使えるため、かなり汎用性が高いです。

・コードレス掃除機

・ハンドクリーナー

・静電モップ

「これ1つ買っておけば、他の掃除用具は必要なし」と言えるくらい使い勝手がいい掃除機です。


【細かい掃除に最適】 Brigii ミニ ハンディクリーナー Y120 pro

Brigii ミニ ハンディクリーナーは、細かいスキマなどを掃除する時にめちゃくちゃ便利ですね。

・社内の掃除

・日頃使っているバック中の掃除

・窓のサッシの掃除 など

細かい所を掃除する時は重宝しますし、本体のデザインがおしゃれなのもいい所ですね。

価格も5,000円以下で購入できるため、細かい掃除用に1つ持っておくのもありです。


2:掃除機を選ぶポイント

2:掃除機を選ぶポイント

ここからは、一人暮らしの掃除機を選ぶポイントを紹介していきます。

具体的には、下記5つですね。

・初期費用より実用性を重視する

・汎用性の高いものを選ぶ

・紙パック式は辞める

・コードレスを選ぶ

・上位モデルは必要なし

各々、詳しく解説していきます。

初期費用より実用性を重視する

掃除機は、簡単に買い変える物ではないし、頻繁に掃除をする必要があるからです。

3万円の掃除機を買ったとして、5年間使い続ければ、月々500円しか掛かっていない計算になります。

月500円で、日々の掃除が楽になるなら、そっちの方が良くないですか?

それに、掃除をサボると退去の時に、クリーニング代の出費が増えます。

私の場合だと、床にシミができてしまい、5万円ほどしましたね…

日々の掃除をきちんとしていれば、退去時の出費も抑えられますよ。

掃除機は、初期費用より実用性を重視して選びましょう。

汎用性の高いものを選ぶ

汎用性が高いものを選べは、手間をかけずに部屋全体を掃除できるからです。

例えば、ハンドクリーナー付きの物を選べば、細かいところを掃除することもできるようになります。

労力と時間を減らすためにも、汎用性が高い掃除機を選んでみて下さい。

紙パック式は辞める

紙パック式の掃除機は、交換する手間がめんどくさいからです。

掃除する度に、交換しないといけないとかめんどくさすぎますよね。

紙パック自体も、新たに購入しないといけないため、出費も増えます。

紙パック式の掃除機は、コスパが悪いため絶対に辞めるべきです。

コードレスを選ぶ

実用性を考えたら、コードがない方が絶対にいいからです。

コードレスの掃除機を選べば、下記をする必要がなくなりますよ。

・掃除する場所の移動で、コンセントの入れ替え

・コードを出したり閉まったりする手間

実用性を考えたら、絶対にコードレスの方がいいです。

上位モデルは必要なし

一人暮らしの部屋には必要がない性能になるからです。

上位モデルは下記が変わっているだけで、一人暮らしで使う分には必要ありません。

・長時間使用できる

・感知センサーの向上

・吸引力の強さ など

正直、一人暮らしで使うなら、そこまでの性能は必要なく、下位モデルでも問題ないですよ。

出費を抑えるためにも、上位モデルを選ぶのは辞めましょう。

3:実用性を重視し、自分に合う掃除機を見つけよう!!

下記5つのポイントを意識しつつ、掃除機を選んで見て下さい。

・初期費用より実用性を重視する

・汎用性の高いものを選ぶ

・紙パック式は辞める

・コードレスを選ぶ

・上位モデルは必要なし

最後に繰り返しになりますが、初期費用より実用性を重視すべきです。

掃除機は、頻繁に買い替える物ではないため、日々の労力や時間を減らせる方が絶対に得ですよ。

実用性を最優先に考え、掃除機を選んでみて下さい。

ルンバ 692 アイロボット ロボット掃除機
※アプリ、音声操作対応
※ロボット掃除機で1番シェアが広い
※一人暮らしには十分な性能

Kyvol E20 ロボット掃除機
※アプリ、音声操作対応
※価格が1万円台とコスパが良い
※一人暮らしには十分な性能

アイリスオーヤマ 掃除機 IC-SLDCP10-R
※3タイプの使い分けができ、汎用性が高い
※コードレスで簡単に掃除できる
※LEDライト付き

Brigii ミニ ハンディクリーナーY120 pro
※5,000円以下で購入できる
※細かい部分の掃除に役立つ
※持ち運び可能

ということで、以上になります。
最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

-LIFE, 一人暮らし

© 2021 shigeblog