LIFE

「いつ空いてる?」と予定を聞くのは辞めべき【迷惑です】

「いつ空いてる?」と予定を聞くのは辞めべき【迷惑です】

こんにちは、シゲです。

予定を聞く時に「いつ空いてる?」と聞いてるけど、相手の反応が悪く断らせれることが多い。
相手の反応も良く予定を聞き出せる方法を教えて欲しい。

という悩みにお答えしていきます。

本記事の内容は、下記です。

本記事内容

1:「いつ空いてる?」と予定を聞くのは辞めるべき【理由を解説】
2:断られにくい予定の聞き方
3:【補足】諦めるべき回答

本記事を読み実施すれば、「いつ空いてる?」と予定を聞くのを辞め、断られにくい予定の聞き方ができるようになります。

「いつ空いている」と予定を聞いて、断られることが多かった私がノウハウを共有しますね。

1:「いつ空いてる?」と予定を聞くのは辞めるべき【理由を解説】

1:「いつ空いてる?」と予定を聞くのは辞めるべき【理由を解説】

理由は下記4つ。

・相手に考えさせてしまう

・相手の時間を奪う

・具体的な内容が伝わない

・相手がめんどくさく感じる

相手に考えさせてしまう

相手は、回答するために、時間を確保して予定を決めないといけなくなるからです。

具体的なやりとりは下記。

自分「いつ空いている?」

相手(内心)「こっちで予定を決めないといけないのか…」

相手「○○日の午前中なら、空いているけど何で?」

自分「じゃあ、その日飯でも行こうよ」

このように、「いつ空いている?」と聞かれた側は、自分の予定を決めないといけなくなるため、考え事が増えます。

相手に労力を使わせないためにも、「いつ空いている?」と予定を聞くのは辞めましょう。

相手の時間を奪う

連絡のやりとりが長くなるからです。

最短で予定を聞くなら、下記になります。

自分「○○日の11:00~14:00で、BBQやるけど来る?」

相手「いや今回は遠慮しておく」

自分「そっか、また誘うわ」

では、「いつ空いてる?」と予定を聞いた場合で例えます。

自分「いつ予定空いてる?」

相手「近くなってみないとなんとも言えない。なんで?」

自分「いや、BBQしようと思って…」

自分「じゃあ、○○日か✕✕日なんてどう?」

相手「日程が近くなったら、決めよう」

自分「わかった」

このように、「いつ空いてる?」と予定を聞くと、連絡のやりとりが長くなります。

正直、余計な連絡のやりとりは、めんどくさくないですか?

相手の時間を奪わないためにも、「いつ空いてる?」と予定を聞くことは辞めましょう。

具体的な内容が伝わない

いきなり「いつ空いてる?」と聞かれても、何をしたくて誘っているのかわからないからです。

仮に友達から、いきなり「いつ空いてる?」と聞かれても、「何で?」と感じるはず。

何をするかもわからず、予定だけ答えるのは「他人に利用されるかも」と感じ、嫌な気分になりませんか?

相手に嫌な気分をさせないためにも、いきなり「いつ空いてる?」と聞くのは辞め、具体的な内容を先に伝えましょう。

相手がめんどくさく感じる

「いつ空いてる?」は、絶対に会おうねという押し付けと同じだからです。

具体的には、下記思考になりますね。

① いつ空いてる? =時間を合わせてね

② 時間を合わせてね =時間が合えば会えるよね

③ 時間が合えば会えるよね =絶対に会おうね

相当仲がいいなら別かもですが、こちらの都合や気分など関係なく、“絶対に会おうね”と強要されたら、めんどくさく感じますよね。

最悪の場合「コイツ自己中すぎる」と思われてしまいますよ。

相手にめんどくさく感じさせないためにも「いつ空いてる?」と予定を聞くのは辞めましょう。

「いつ空いてる?」と予定を聞くのはNG

ここまで解説してきた通り、「いつ空いてる?」と予定を聞くと相手に負担が掛かるため、断られやすくなります。

相手を考慮して聞いていたかもですが、実は相手のためになっていないため、「いつ空いてる?」と予定を聞くのは辞めましょう。

とはいえ、「相手に迷惑が掛からなくて、断れにくい予定の聞き方はないの?」と疑問に感じる方もいるはず。

そこで、断られにくい予定の聞き方を教えますね。

2:断られにくい予定の聞き方

2:断られにくい予定の聞き方

断られにくい予定の聞き方は、下記3つです。

・結論から伝える

・3択を提案する

・相手のメリットも伝える

結論から伝える

結論から伝えることで、無駄な連絡のやり取りをしないで済むからです。

【例】
自分「○○日18:00~20:00に、同期で飲み会やるけどどう?」

相手「少し遅れるけど行くよ」

自分「店は、✕✕だから宜しく」

このように、結論から伝えれば、無駄なやり取りをしないで済みます。

相手の時間を奪わないためにも、結論から伝えましょう。

3択を提案する

3択にすることで、相手が予定日を考える労力を減らせるからです。

例えば、会社で会議のために都合を聞かれた時、下記3択が用意されていたら、数字で答えれば、やりとりが終わりますよね。

① 10日 10:00~

② 10日 15:00~

③ 13日 10:00~

最悪「②で」など短い回答でも問題ないはず。

また、3択用意することで、大半の人は無意識に「3択から選ばないと」と感じるため、断られにくくなるメリットもあります。

相手が考える労力を減らすためにも、3択で提案してみて下さい。

相手のメリットも伝える

メリットがあることが分かれば、断られにくいからです。

極端な例だと、下記みたいな感じですね。

自分「10日の18:00に飲みにいかない?」

自分「2万円ほどする高級ステーキを食べられる店を予約するし、奢るからさ」

相手「いいよ♪」

こんな感じで、相手にメリットがあると理解させることで、断れにくくなります。

どうしても相手と距離を縮めたいと考えているなら、相手にメリットになることを伝えて誘ってみて下さい。

試してみよう!!

断られることが多いと悩んでいる方は、ここまで解説してきた下記方法を使い、予定を聞いてみて下さい。

・結論から伝える

・三択を提案する

・相手のメリットも伝える

なお、ここまで紹介してきた方法を使っても、断られることはあります。

根本的に嫌われているなどが理由だと、どんな方法で予定を聞いても断られるからです。

そこで、こんな回答が来たら諦めるべきという回答を紹介します。

残念ですが、紹介する回答をされたら、諦めるべきですね。

3:【補足】諦めるべき回答

3:【補足】諦めるべき回答

諦めるべき回答は、下記3つです。

・空いていない

・予定が分からない

・こっちから連絡する

空いていない

空いていないという回答だけだと、好意がないことが明白だからです。

【例】
自分「お寿司食べに行かない?下記3つの予定で空いている日ある?」

相手「空いてない」

自分「…」

このように、冷たい態度を取られているため、好意がないことが明白ですよね。

もし、好意があり本当に予定が空いてないなら、「○○日なら空いているよ」と代替え案を提案してくれるはずです。

「空いてない」とだけの回答なら、好意がないのは明確なため、諦めましょう。

予定が分からない

1ヵ月以内の予定がわからないことは、ほぼありえないからです。

仮に1ヵ月以上先の話なら、予定が分からないのもわかりますが、1ヵ月以内ならほぼ予定は把握できているはずです。

・めんどくさい

・でも断ったら、嫌な気持ちにさせるし…

という気持ちを優先しているため、「まだ、予定分からないんだよね」と回答を濁しています。

「予定が分からない」は、最終的に断られる可能性が高いため、諦めましょう。

こっちから連絡する

主導権を握り、誘いの連絡を来ないようにしたいと考えているからです。

具体的なやり取りと心情は下記。

自分「○○日に、映画見に行かない?」

相手(内心)「映画とかめんどくさ」

相手「予定空いているか分からない。分かったら連絡するね」

自分「わかった」

相手(内心)「放置して終わりだな」

このように、誘いの連絡を来ないようにしたいと考えています。

めんどくさがれていることは、確定なので諦めましょう。

4:まとめ 「いつ空いてる?」と予定を聞くのは辞めよう!!

本記事をまとめます。

下記4つの理由から、「いつ空いてる?」と予定を聞くのを辞めるべきです。

・相手に考えさせてしまう

・相手の時間を奪う

・具体的な内容が伝わない

・相手がめんどくさく感じる

相手に負担が集中するため、効果的な誘い方ではありません。

また、断られにくい予定の聞き方は、下記3つになります。

・結論から伝える

・3択を提案する

・相手のメリットも伝える

「いつ空いてる?」と予定を聞くのを辞め、上記を試してみて下さい。

上記を試しても、下記3つの回答しかもらえないなら、相手にその気がないということです。

残念ですが、時間と労力が無駄になるため、誘うことを諦めましょう。

・空いていない

・予定が分からない

・こっちから連絡する

ということで、以上になります。
最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

-LIFE

© 2021 shigeblog