LIFE 一人暮らし

一人暮らしで使うコップの選び方【おすすめのコップも紹介】

2020年12月3日

一人暮らしで使うコップの選び方【おすすめのコップも紹介】

こんにちは、シゲです。

・一人暮らしで使いやすいコップを知りたい。

というお悩みにお答えしていきます。

本記事の内容は、下記です。

  • 1:一人暮らしで使うコップの選び方
  • 2:一人暮らしで使えるおすすめのコップ

本記事を読めば、実用性が高い一人暮らしで使えるコップを見つけることができるようになります。

一人暮らし歴7年以上の私がノウハウを共有しますね。

1:一人暮らしで使うコップの選び方

1:一人暮らしで使うコップの選び方

一人暮らしで使うコップの選び方は下記3つ。

  • 個数は最大3つあれば十分
  • 素材はステンレス製を選ぼう
  • 保温性が高い

では、詳しく解説してきますね。

個数は最大3つあれば十分

3つ以上コップを持っていても、ほぼ使わないからです。

友達や恋人を部屋に呼ぶにしても、3名以上呼ぶのは稀ですよ。

私は、一人暮らし歴7年以上ですが、友達を3名以上呼んだことがあるのは、片手で数えられるくらいですね。

9割以上は、一人で過ごす時間になるため、コップは最大3つあれば十分です。

素材はステンレス製を選ぼう

ステンレス製なら、壊れにくいからです。

例えば、陶器やプラスチックなどのコップだと、手を滑らせ床に落としてしまったら、ほぼ壊れますよね。

しかし、ステンレス製のコップなら、壊れることはまずないです。

長期的に使い続けるためにも、ステンレス製のコップを選びましょう。

保温性が高い

保温性が高いと飲み物を入れ直す頻度を減らせるからです。

例えば、冬に映画を見ている時に、ゆるかったり冷めきっている飲み物を飲みたくないですよね。

ほとんどの人は、飲み物を入れ直すはず。

保温性が高くれば、上記のように飲み物を入れ直すことを減らせますよ。

飲み物を無駄にしないためにも、保温性が高いコップを選びましょう。

見た目は気にしなくてOK

一人暮らしは、ほぼ自分だけの時間になるからです。

見た目で選んでしまうと実用性が低く、使いづらく感じますよ。

それに、友達が家に来ても、コップのデザインを気にする人はまずいません。

見た目を気にせず、実用性で選びましょう。

時間と労力を減らそう

実用性が高いコップを選ぶことで、時間と労力を減らすことができます。

例えば、保温性が高いコップなら、飲み物を入れ直さなくて済みます。

入れ直しに1分掛かり、毎日飲み物を飲むなら、1年で365分節約できますよ。

また、コップが壊れたら新しいコップを購入する手間が増えますよね。

実用性が高いコップを選ぶことで、他のことに時間と労力を使うことができますよ。

自分の時間を増やし生活を豊かにするためにも、実用性が高いコップを選んでみて下さい。

2:一人暮らしで使えるおすすめのコップ

2:一人暮らしで使えるおすすめのコップ

ここまで解説したポイントを抑えたおすすめのコップは下記3つです。

  • サーモス 真空断熱タンブラー JDE-420
  • サーモス 真空断熱マグカップ JDG-350 S
  • 紙コップ

詳しく解説してきますね。

サーモス 真空断熱タンブラー JDE-420

私も実際に使っていますが、めちゃくちゃ快適に飲み物を飲めていますよ。

1時間とか放置しても、冷たい飲み物は冷たいまま飲めるし、暖かい飲み物なら暖かいまま飲むことができます。

また、真空断熱になっているため、コップを持つ時に、熱くて持てないとかもないですね。

容量も420mlと大きく、大量に飲み物を飲む方は使って後悔しない1品です。

サーモス 真空断熱マグカップ JDG-350 S

機能性は先ほど紹介したタンブラーと変わらないです。

ただし、容量が350mlと少し小さめなので、少しずつ飲むという方向けですね。

蓋も付いているので、ゆっくりと飲みたい方は、購入もありです。

紙コップ

保温性はないものの、使い捨てにできるため、コップを洗う手間を失くせますよ。

また、急に友達が来た時も対応できます。

それに、ちょっとした料理などにも活躍してくれるため、普段使いとして使うのもありです。

真空断熱のコップと合わせつつ、常備しておくと良いでしょう。

3:実用性で選ぼう

本記事の内容をまとめます。

一人暮らしで使うコップの選び方は下記3つ。

  • 個数は最大3つあれば十分
  • 素材はステンレス製を選ぼう
  • 保温性が高い

上記ポイントを意識しつつ、普段使いのコップを選んで下さい。

ということで、以上になります。
最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

-LIFE, 一人暮らし