LIFE

思考を整理する方法【4ステップでOK】

思考を整理する方法【4ステップでOK】

こんにちは、シゲです。

頭で考えているけど、考えがまとまらない…
上手く思考を整理して、結論を出したい。
上手く思考を整理する方法を教えて欲しいな~

というお悩みにお答えしていきます。
本記事内容は、下記です。

本記事内容

1:思考を整理する方法
2:どうしても思考が整理できなかった時の対処方法

本記事の内容を読めば、思考を整理する方法がわかり、頭を混乱することがなくなります。

思考を整理する目的もあり300記事以上ブログを書いている私が、ノウハウを共有しますね。

1:思考を整理する方法

1:思考を整理する方法

思考を整理する方法は、下記4ステップです。

① 頭から見える媒体に変換する

② 全て書き出す

③ 詳細を決める

④ 優先度を決める

1つ1つ解説していきますね。

①頭から見える媒体に変換する

脳のキャパには、限界があるからです。

例えば、「アイディアを100個出せ」と言われ、頭だけで100個用意することはほぼ無理なはず。

私だったら、10個出しただけでも2~3個忘れている自信があります。

このように、頭だけではキャパが少なく整理するには向いていません。

思考を整理するには、一度考えを見える媒体に変換することが必要になります。

媒体には、下記2つがあります。

・紙

・電子媒体

どちらを選ぶかは、読者個人におまかせます。

私個人的には、電子媒体がおすすめです。

なぜなら、何度も修正復元できるし、整理する時間も短くできるからです。

効率重視の人なら、電子媒体で整理した方がいいと思います。

とはいえ、人それぞれ価値観が違うため、紙に手書きで書く方が、自分に合っていると感じるなら、それでも問題ありません。

自分の価値観に合った方を選んでみて下さい。

②全て書き出す

考えていることを、全て書き出すことで、忘れることを減らせるからです。

旅行の準備で例えると、荷物詰めをする時に、急いで荷物を1個ずつバックに詰めてしまうと、旅行先に着いてから、忘れ物に気づく状況です。

それなら、一度全ての荷物をテーブルに置き、1つ1つ確認しながら、バックに詰めた方が忘れ物を減らせますよね。

思考の整理も同じで、アイディアなどを忘れないために、一度全ての考えを書き出す必要があります。

自分が理解できればいいので、思ったまま書き出してみて下さい。

③詳細を決める

全て書き出した事の詳細を決めることで、思考を整理できるからです。

私は、下記2つの方法で詳細を決め、ほぼ思考を整理することができています。

・箇条書き

・項目毎の詳細を決める

参考例がないと分かりづらいと思うので、「収入を増やす方法」で例えてみますね。

箇条書き

箇条書きにすると、項目が決められるからです。

収入を増やす方法で例えると下記。

■本業で収入を増やす
 ・残業
 ・昇進

■副業で収入を増やす
 ・知り合いからの紹介
 ・クラウドソーシング
 ・短期アルバイト

■転職で収入を増やす
 ・ライバル会社に転職
 ・収入が高い別職種に変える

こんな感じですね。

まずは、箇条書きで項目を決めてみて下さい。

項目毎の詳細を決める

詳細を決めることで、深掘りした内容が整理できるからです。

今回は、本業で収入を増やすことで例えてみます。

※副業と転職を入れると見づらくなるため、省略します。すみません…

収入を増やす方法(本業で収入を増やす)
具体的な方法 いくら増やせるか その他
残業 だらだら仕事をする 1時間:1,500円
40時間:6万円
周囲から嫌われるかも?
処理する仕事量を増やす 1.2倍が理想
昇進 上司へゴマすり 評価が1つに付き約2万円 ゴマすりは性に合わない
圧倒的な実績と作る 周囲と2倍近い圧倒的な差が必要

このように、項目毎の詳細を決めることで、深掘りした内容が整理できます。

下記2つの方法だけでも、十分に思考を整理できるため、試してみて下さい。

・箇条書き

・項目毎の詳細を決める

④優先度を決める

ここからは、思考を整理できた後の内容になるため補足になります。

上記3ステップまで進んだら、最後に優先度を決めましょう。

なぜなら、優先度を決めることで、重要性が決まり行動する範囲が絞れるからです。

例えば、今回紹介した収入を増やす方法なら、下記優先順位にしてみるとかです。

・本業で収入を増やす =2番

・副業で収入を増やす =1番

・転職で収入を増やす =3番

行動する範囲が絞られて、副業で収入を増やす行動をして、結果が出なかったら、本業→転職とやり方を変えればOKになります。

今回は一例なので、大雑把に理由を、リスクの少ない順にしてみました。

この辺りは、読者の個人的な感覚と整理した資料で決めてみて下さい。

優先順位を決めて、行動する範囲を絞ってみましょう。

思考を整理してみよう!!

ここまで解説してきた通り、下記4ステップを実施すれば、思考を整理することができます。

① 頭から見える媒体に変換する

② 全て書き出す

③ 詳細を決める

④ 優先度を決める

全体で考えるととめんどくさそうに感じますが、1つ1つは難しくないはず。

思考がまとまらずに、悩んでいるなら、1度でいいので試してみて下さい。

とはいえ、「始めてみたけど、やっぱり思考がまとまらない…」と感じる方もいるはず。

そこで、上記状況になった時の対処方法も紹介します。

2:どうしても思考が整理できなかった時の対処方法

2:どうしても思考が整理できなかった時の対処方法

本記事で紹介した思考を整理する方法を使っても、思考を整理できなかったら、下記2つを実施してみて下さい。

・時間を開けてみる

・行動してみる

時間を開けてみる

時間を開けることで、考え方が変わる時はあるからです。

また、「思考を整理できない…」と悩み続けても時間が無駄になるだけですよね。

私もブログを下書きした時は、毎回「よし、満足した文章が書けた」と感じています。

しかし、数日経って読み返してみると「何かこの表現や言い方が違う」と感じることが多く頻繁に修正をしていますよ。

また、ブログネタを考える時なら、スムーズに何個も出る時と1個も出ない時の差があります。

そのため、5分間考えてもネタが出なかったら、ネタを考えるのを辞めています。

後日5分以内でネタが思いつくことも良くありますよ。

このように、思考が整理できないなら、時間を開けてみるのもありです。

思考ロックを外すためにも、一度時間を開けてみて下さい。

行動してみる

行動してみることで、事実を増やせるからです。

思考が整理できないのは、不確定要素が多すぎて混乱しているからですよね。

そこで、行動すれば事実が増やせるため、不確定要素を減らせて思考を整理しやすくなります。

ダイエット方法で例えると、未実施だったら、下記のような悩みがあり、上手く整理できないはず。

・どれだけ効果があるのかな?

・継続できるのかな?

・辛さはどれくらいか?

しかし、実際にダイエットをしてみれば、上記が明確にわかりますよね。

このように、行動して不確定要素をなくせば、思考を整理しやすくなります。

行動をして事実を増やし、思考を整理しやすくするのもありです。

私も思考が整理できない時は、整理を辞め「ひとまず、やってみるか」と考え、行動しています。

行動後に、思考を整理しやすくなったことも多いです。

3:まとめ 思考を整理してみよう!!

本記事の内容をまとめます。

思考を整理する方法は、下記4ステップになります。

① 頭から見える媒体に変換する

② 全て書き出す

③ 詳細を決める

④ 優先度を決める

1つも難しいことはないため、気軽に始めてみて下さい。

上記4ステップを実施しても、思考を整理できないなら、下記2つを試してみましょう。

・時間を開けてみる

・行動してみる

ということで以上になります。
最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

-LIFE

© 2021 shigeblog