LIFE 一人暮らし

一人暮らしで使う包丁の選び方【安い包丁でOK】

一人暮らしで使う包丁の選び方【安い包丁でOK】

こんにちは、シゲです。

・一人暮らしで自炊を始めるけど、包丁はどれを選ぶのがいいのかな?

というお悩みにお答えしていきます。

本記事の内容は下記です。

本記事内容

1:一人暮らしで使う包丁の選び方
2:どれを使うかより使い方の方が重要

本記事を読めば、一人暮らしに使う包丁を選ぶことができます。

一人暮らし歴7年以上で自炊している私がノウハウを共有しますね。

1:一人暮らしで使う包丁の選び方

1:一人暮らしで使う包丁の選び方

一人暮らしで使う包丁の選び方は、簡単で安い3,000円以下の包丁で問題ありません。

理由は、下記です。

・良い包丁でも料理スキルがないと美味しくない

・良い包丁は切れやすく初心者には危険

・料理が趣味や仕事じゃない限り、無駄な出費になる

各々、詳しく解説していきますね。

良い包丁でも料理スキルがないと美味しくない

いくら良い包丁を使っても、料理のスキルがないと美味しい料理は作れないからです。

超一流のシェフが使えば、美味しさも変わるかもですが、一般人からするとそこまで変わらないですよ。

野球で、素人がプロのバットを使っても、打率が上がらないのと同じです。

良い包丁を使っても、料理が美味しくなることはないため、安い包丁で十分です。

良い包丁は切れやすく初心者には危険

また、これから一人暮らしで自炊を始めようと思っている人の大半は、ほぼ料理をしてこなかった人だと思います。

包丁の使い方も慣れていないため、良い包丁は切れ味がよく危険ですよ。

私も初めの頃は、指を切ってケガをしていました。

良い包丁は切れ味が良く、ケガする可能性が高くなるので、初めは安い包丁の方が良いです。

料理が趣味や仕事じゃない限り、無駄な出費になる

また、自炊自体続けられるかやってみないとわからないですよね。

せっかく1万円以上の良い包丁を購入したのに、全く使わなかったら、コスパが悪すぎます。

それなら、安い3,000円以下の包丁を使い、自炊を続けられるか確認した方が絶対に良いですよ。

高い良い包丁は、自炊が続いて料理が好きになってからでも遅くないです。

3000円以下の包丁で十分

ここまで解説してきた通り、下記理由から一人暮らしの包丁は、3,000円以下の安い包丁で十分です。

・良い包丁でも料理スキルがないと美味しくない

・良い包丁は切れやすく初心者には危険

・料理が趣味や仕事じゃない限り、無駄な出費になる

高くて良い包丁を使うと損をすることの方が多いです。

良い包丁は料理のスキルが上達してからでいいので、まずは安い包丁を使いましょう。


包丁が怖いならキッチンバサミもあり

なお、包丁でケガをするのは怖い…と感じているなら、キッチンバサミを使うのもありですよ。

まな板を使わず、食材を安全に切れるので、めちゃくちゃ便利です。

包丁が怖いなら、キッチンバサミを使ってみて下さい。


2:どれを使うかより使い方の方が重要

2:どれを使うかより使い方の方が重要

また、包丁はどれを使うかより使い方で質が大きく変わります。

下記項目ごとに詳しく解説していきますね。

・使っている内に切れ味は悪くなる

・安い方が研ぎやすい

・定期的に研げば、安くても長期間使える

使っている内に切れ味は悪くなる

どんなに良い包丁でも使っていく内に切れ味が悪くなってきます。

車でも同じで、どんなに高級車を購入しても、メンテナンスしないと故障するのと同じ。

どの包丁を使うかより、定期的に研ぐことの方が重要になります。

安い方が研ぎやすい

また、安い包丁の方が躊躇なく研ぐことができます

仮に、3万円の包丁を持っているとして、間違った研ぎ方をしてしまい、刃先が欠けてしまったら、ショックじゃないですか?

それなら、3,000円の包丁の方が気がけなく研げますよね。

安い包丁なら、最悪刃が欠けても買い替えればいいだけです。

定期的に研げば、安くても長期間使える

また、きちんと定期的に研けば、安い包丁でも長期的に使えますよ。

私も2,000円で買った包丁を5年以上使い続けていますが、今でも現役で使えているし、切れ味も問題ありません。

安くても手入れをしっかりすれば、十分使い続けられます。

定期的に研いで切れ味を保ちましょう

ここまで解説してきた通り、下記理由から包丁は使い方の方が重要です。

・使っている内に切れ味は悪くなる

・安い方が研ぎやすい

・定期的に研げば、安くても長期間使える

包丁の切れ味を保つためにも、きちんと定期的に包丁を研ぎましょう。

1分で終わる包丁研ぎ機を貼っておくので、少しでも楽したい方は使ってみて下さい。

私も使っていますが、研いだ後は良く切れるので重宝しています。


3:包丁は安くてOK

本記事の内容をまとめます。

一人暮らしで使う包丁の選び方は、簡単で安い3,000円以下の包丁で問題ありません。

理由は、下記です。

・良い包丁でも料理スキルがないと美味しくない

・良い包丁は切れやすく初心者には危険

・料理が趣味や仕事じゃない限り、無駄な出費になる

まずは、安い包丁を使い、自炊を続けられるか判断してみて下さい。

良い包丁は、料理スキルが上がってからでも、遅くはないです。


なお、包丁は手入れで質が変わると言っても過言ではありません。

定期的にきちんと研いで、切れ味を保ちつつ長期的に使い続けましょう。


ということで、以上になります。
最後まで読んできただき、ありがとうございました。

-LIFE, 一人暮らし