LIFE

何とかなる精神は必要か?【あった方が良い】

何とかなる精神は必要か?【あった方が良い】

こんにちは、シゲです。

・何とかなる精神を持っていれば、楽に暮らせるのかな?
・何とかなる精神って、本当に必要?

というお悩みにお答えしていきます。

本記事の内容は下記です。

本記事内容

1:何とかなる精神は必要か?
2:「何とかなる」と考えられるようになる方法
3:何とかなる精神の注意点

本記事を読み実施すれば、何とかなる精神を上手く使うことができるようになります。

どうしても辛い時に、何とかなると考えるようにしている私がノウハウを共有しますね。

1:何とかなる精神は必要か?

1:何とかなる精神は必要か?

結論か言うと、何とかなる精神は絶対に必要というわけではありません。

しかし、何とかなる精神を持っていた方が、人生を豊かにできます。

理由は、下記2つ。

・未知な事に挑戦する時に役に立つ

・考えすぎを辞められ、自分を守れる

各々、詳しく解説していきますね。

未知な事に挑戦する時に役に立つ

未知な事に挑戦する時に、挑戦する良し悪しの結論は決められないからです。

例えば、副業は始めるか悩んでいるします。

正直、稼げるか稼げないかを決断することはできないですよね。

また、人は損をすることを嫌うため、稼げる確証がないとなかなか始められません。

そこで、稼げるだろう(何とかなる)と考えられれば、始めるハードルが低くなり、副業を始められるようになります。

このように、何とかなる精神があると、未知な事に挑戦しやすくなりますよ。

挑戦しないと現状維持のままで何も変われません。

挑戦する機会を増やせば、自己成長にも繋がるため、何とかなる精神はあった方が良いです。

考えすぎを辞められ、自分を守れる

悩み事がある時、考えすぎてしまい、辛くなったり疲れてしまった経験が誰でもあるはず。

何とかなる精神を持っていれば、考えすぎを辞められ、辛さなどの苦痛から抜け出せます。

例えば、転職すべきか悩んでいるとしたら、生活も掛かっているため、長期間考え続けますよね。

しかし、考え続けると会社の不満も解消されず耐えている状況が続くため、苦痛のままです。

そこで、「何とかなる」と思えれば、転職するかしないか決められるため、苦痛がなくなりますよ。

自分を守るためにも、何とかなる精神はあった方が良いです。

何とかなる精神があれば、人生を豊かにできる

ここまで解説してきた通り、何とかなる精神は絶対に必要ではないが、あった方が良いです。

人生を豊かにしたい方は、何とかなる精神を持ちましょう。

とはいえ「どうすれば、何とかなる精神を持つことができるの?」と疑問に感じる方もいるはず。

そこで、「何とかなる」と考えられるようになる方法を紹介します。

2:「何とかなる」と考えられるようになる方法

2:「何とかなる」と考えられるようになる方法

「何とかなる」と考えられるようになる方法は、下記3つです。

・生きるか死ぬかの2択で考える

・失敗しても、得られることはあると考える

・論理よりも感情を優先する

生きるか死ぬかの2択で考える

死ぬ以外は、何とかなると思えるからです。

例えば、上司の仕事依頼を断るか悩んでいるなら、「断ったら、死ぬ?」と自問自答するとかですね。

答えは、死ぬことはない(何とかなる)と考えられるため、仕事依頼を断れます。

何とかなると考えられるようになるためにも、生きるか死ぬかの2択で考えてみて下さい。

失敗しても、得られることはあると考える

失敗しても、得られることがあるとわかれば、失敗してもいいやと考えられるようになるからです。

例えば、ブログの収益化を狙って挑戦後、稼げなかったとしても、下記が身に付きます。

・文章力

・執筆スピード

・HTML+CSSの使い方

上記のように得られることがあれば、失敗してもいいやと考えられるようにますよ。

失敗しても得られることがあると考え、「何とかなる」と思ってみて下さい。

論理よりも感情を優先する

論理的な事を優先していると、何とかなると考えること自体、嫌になってくるからです。

例えば、会社で同僚と真剣な協議をしている時に、上司からいきなり「何とかなるよ」と言われたら、どう思いますか?

大半の人は「こっちかが真剣に考えているのにふざけんなよ」と感じるはず。

論理的な考えが強いと「なんとかなる」と考えられなくなります。

論理的なことより感情を優先して、何とかなると考えられるようにしましょう。

何とかなる精神を身に付けよう

ここまで解説してきた、下記方法で何とかなると考えられるようになります。

・生きるか死ぬかの2択で考える

・失敗しても、得られることはあると考える

・論理よりも感情を優先する

すぐには難しいかもですが、やっていくうちに徐々に慣れてくるはず。

何とかなる精神を持つためにも、是非試してみて下さい。

3:何とかなる精神の注意点

3:何とかなる精神の注意点

ここまで、何とかなる精神は、人生を豊かにするとお伝えしてきました。

しかし、使い方次第で大きく変わってきます。

例えば、新しい事業に挑戦して、常に何とかなると考え働いても、新しい事業の売上を上げることができませんよね。

このように、使い方次第では、人生を豊かにするどころか損をするきっかけにもなってしまいます。

つまり、使いどころを決めることが必要ということです。

具体的には、下記状況の時のみに使うべきだと思っています。

・未知な事に挑戦する時

・辛すぎて抜け出したい時

上記以外で、何とかなる精神を使っても損をすることを覚えておいて下さい。

4:何とかなる精神を上手く利用して、楽しい日々をおくろう!!

本記事の内容をまとめます。

何とかなる精神は、必ず必要というわけではありません。

しかし、何とかなる精神を持っていた方が、人生を豊かにできます。

理由は、下記2つ。

・未知な事に挑戦する時に役に立つ

・考えすぎを辞められ、自分を守れる

自己成長の機会を増やしたり、悩み過ぎている現状から抜け出すためにも、何とかなる精神はあった方が良いです。

なお、「何とかなる」と考えられるようになる方法は、下記3つ。

・生きるか死ぬかの2択で考える

・失敗しても、得られることはあると考える

・論理よりも感情を優先する

考え方1つで、誰にでもできることなので、是非試してみて下さい。

ただし、何とかなる精神は、時と場合によりデメリットにもなります。

下記2つのパターンでのみ、有効的ということを覚えておきましょう。

・未知な事に挑戦する時

・辛すぎて抜け出したい時

ということで以上になります。
最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

-LIFE