LIFE

思考停止を改善する方法【実施すべきは4つのみ】

思考停止を改善する方法【実施すべきは4つのみ】

こんにちは、シゲです。

・思考停止をしてしまい、物事が上手くいかないことが多い…
・思考停止を改善して、もっと楽しい生活を過ごしたい。

というお悩みにお答えしていきます。

本記事の内容は、下記です。

本記事内容

1:思考停止を改善する方法
2:疲れすぎて思考停止しているなら休むべき!!

本記事を読み実施すれば、思考停止を改善することができます。

なぜなら、思考停止をして職場環境が悪い会社に11年も勤め続けてしまった私が、本記事で紹介する方法を使い、退職を決断できたから。

上記背景を持つ私が、ノウハウを共有しますね。

1:思考停止を改善する方法

1:思考停止を改善する方法

思考停止を改善する方法は、下記4つ。

・集団行動から抜け出す

・アウトプット量と時間を減らす

・目標を作る

・将来なりたい自分を明確にする

集団行動から抜け出す

マウントに負けて思った通りに行動できなくなるからです。

【例】
・学校
=上級生、先生に従う

・会社
=上司、経営者に従う

集団でいると、一人ではないという安心感はありますが、変わりに自分の意思で行動することが難しくなります。

自分の意思で行動できない状態が続くと、自分で考えることを辞めてしまい、思考停止することが当たり前になり危険ですよ。

思考停止しないためにも、集団行動から抜け出しましょう。

アウトプット量と時間を減らす

アウトプット量と時間が多いと疲れすぎてしまい、自分で考える余裕がなくなるからです。

例えば、3日連続で徹夜をしているとして、部下や他の同僚のことを考える余裕があるでしょうか?

目の前の作業に集中しつつ、「疲れた…」「早く帰りたい…」としか考えられないはず。

上記状態が続くと「疲れた…」「早く帰りたい…」と考えるのも疲れてくるため、最終的に思考停止します。

人には限界があるし、アウトプット量と時間が多いと思考停止したままですよ。

疲れないような余裕を作るためにも、アウトプット量と時間を減らしましょう。

目標を作る

目標がないとダラダラと生き続けるからです。

あなたの職場でも、ダラダラと仕事をしている人が必ずいるはず。

ダラダラ仕事をしているのは「楽して給料を貰いたい」としか考えていなくて、目標がないからです。

仮に、新しいスキルを身に付けるという目標があるなら、「どうやって新しい仕事を任せてもらおうかな?」と考え、行動するはず。

思考停止して、何となく生きている毎日を変えるためにも、目標を作ってみて下さい。

将来なりたい自分を明確にする

将来なりたい自分を明確にすれば、今の生活を続けて達成できるか考えることができるからです。

私の場合でいうと「ストレスフリーの生活をしたい」というのが将来なりたい自分です。

将来なりたい自分を明確にした後、会社員で働き続けたら無理と判断して、フリーランスで働くことを選びました。

このように、抽象的でもいいので、将来なりたい自分を明確にしてみて下さい。

思考停止しながら、生きているのはもったいないと感じるはずです。

思考停止を改善しよう!!

ここまで解説してきた通り、下記方法を実施することで、思考停止を改善することができます。

・集団行動から抜け出す

・アウトプット量と時間を減らす

・目標を作る

・将来なりたい自分を明確にする

全て一度に実施するのは難しいと思うので、一つ一つ試してみて下さい。

なお、疲れすぎて思考停止しているなら、最優先で休むべきです。

上記理由を、次の章で詳しく解説しますね。

2:疲れすぎて思考停止しているなら休むべき!!

2:疲れすぎて思考停止しているなら休むべき!!

繰り返しになりますが、疲れすぎて思考停止しているなら最優先で休むべきです。

理由は下記。

・思考停止しても、成果は出ない

・我慢して続けても、辛くなり時間がもったいない

・休んでも人生が摘むことはありません

私の実体験も紹介しながら、解説していきます。

思考停止しても、成果は出ない

疲れた状態で思考停止を続けても、自分が望んで結果は出ないからです。

例えば、ブラック企業に働き続けても、労働環境や待遇など変わらないですよね。

疲れている状態でいると思考停止は続き、自分が損し続けますよ。

疲れて思考停止になっているなら、最優先で休みましょう。

どれくらい休むかは個人差がありますが、私的には最低でも2週間くらい休むことをおすすめします。

我慢して続けても、辛くなり時間がもったいない

疲れる→思考停止→我慢して続けるの繰り返しになるからです。

仕事で例えるなら、深夜まで残業→疲れて帰宅→すぐに寝る(思考停止)→出勤の繰り返しですね。

「残業は自分のためになっているか?」これを考え始めない限り、上記ループから抜け出せません。

考えられる状態を作るためにも、一旦休んで思考停止から抜け出し「今のままで本当に幸せになれるか?」を真剣に考えてみて下さい。

休んでも人生が摘むことはありません

人生100年ある内の1年何もしない状態でも、残りの99年頑張れば、人生のやり直しはいくらでもできるからです。

極端な言い方をしましたが、事実ですね。

例えば、20歳で起業して失敗し、1年休んだとしても、まだ20代前半ですよ。

いくらでも人生やり直せますよね。

少し休んでも、人生が終わることはないです。

むしろ、思考停止して今の辛い生活を続けた方が、人生がダメになってしまいます。

人生において、休むことも重要なので、疲れて思考停止している状態が続くなら、素直に休みましょう。

【実績あり】一度休んでやる気が回復した話

実際に私も、労働環境が悪く思考停止してしまい、11年同じ会社に勤めていましたが、退職し1度休んだ経験があります。

退職後、1ヵ月ほどでストレスが激減して、疲れもほぼなくなりましたね。

その後、「どういう生活が自分に合っているだろう?」と真剣に考えられるようになり、フリーランスとして働くことを選ぶことができました。

結果的に、今ストレスフリーで生きていけているため、あの時辞めて良かったと感じられています。

たぶん、休む期間がなかったら、自分の理想の生活を考えることなく、また別の会社で働いていたはず。

人生の方向性を見つめ直すためにも、休むことが重要です。

思考停止を辞めて理想の生活を見つけるためにも、一度休む選択肢はあり。

疲れて思考停止しているなら、素直に休みましょう

ここまで解説してきた通り、疲れて思考停止しても損をしますよ。

それに、疲れすぎて何も考えられない状態で生きても、人生が辛くなるだけじゃないですか?

100年ある内の1年休んだからと言って、人生が摘むことはないです。

それに最悪の場合、生活保護とかの制度を利用すれば、生きていくこと可能ですよね。

自分の人生を楽しむためにも、疲れで思考停止しているなら、1度休んでやる気を回復させてみて下さい。

3:思考停止から抜け出そう!!

本記事の内容をまとめます。

思考停止を改善する方法は、下記4つです。

・集団行動から抜け出す

・アウトプット量と時間を減らす

・目標を作る

・将来なりたい自分を明確にする

思考停止している状態から抜け出すためにも、試してみて下さい。

なお、疲労して思考停止しているなら、最優先で休みましょう。

理由は下記。

・思考停止しても、成果は出ない

・我慢して続けても、辛くなり時間がもったいない

・休んでも人生が摘むことはありません

思考停止して生きても、自分の望んでいる生活は手に入りません。

人生100年の内1年休んでも、人生が終わることはまずないです。

自分の人生について真剣に考えられる状態を作るためにも、疲れて思考停止しているなら、1度休んでみて下さい。

ということで、以上になります。
最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

-LIFE

© 2021 shigeblog