LIFE

親戚付き合いは必要?【結論:程よい距離で付き合おう】

2021年7月19日

親戚付き合いは必要?【結論:程よい距離で付き合おう】

こんにちは、シゲです。

・親戚と価値観が合わない。
・親戚付き合いって必要?

というお悩みにお答えしていきます。

本記事の内容は下記。

  • 1:親戚付き合いは必要?【結論:程よい距離で付き合おう】
  • 2:価値観が合わない親戚との付き合い方

本記事を読めば、親戚付き合いをどうすればいいのかがわかります。

親戚と価値観が合わず、どう付き合っていっていいか分からなかった私がノウハウを共有しますね。

1:親戚付き合いは必要?【結論:程よい距離で付き合おう】

1:親戚付き合いは必要?【結論:程よい距離で付き合おう】

親戚との付き合い方は、程よい距離で付き合っていくことですね。

理由は下記。

  • 親戚関係を重視する人もいる
  • とはいえ、価値観が合わない親戚もいる
  • 毎日会うわけではない
  • 冠婚葬祭だけは参加しよう

各々、詳しく解説していきますね。

親戚関係を重視する人もいる

親戚や身内にかならず、親戚関係を重視する人がいるので、ないがしろにすると身内との関係性も悪化するからです。

例えば、自分が結婚するとして、親戚に招待状を送らなかった時に、「○○(自分)の結婚式になぜ呼ばない」など難癖を付けられたら、親としては困りますよね。

それをきっかけに、親戚と親が関係を悪化したら、何かいたたまれない気持ちになるはず。

親戚関係を重視する人も多いので、程よい距離で付き合い続けるのが最適です。

とはいえ、価値観が合わない親戚もいる

人それぞれ価値観が違うからです。

例えば、自分の兄弟のパートナーとは、赤の他人だったので、価値観が合わない時もありますよね。

価値観が合わない親戚はいるので、仲良くなれない場合もあります。

毎日会うわけではない

なお、親戚とは毎日会うわけではないですよね。

会うと言っても年間5回でも多い方でしょう。

また、丸1日一緒にいることも少ないですよね。

毎日会うわけではなので、親戚とは程よい距離感で付き合い続けるのが最適です。

冠婚葬祭だけは参加しよう

正直、冠婚葬祭だけ参加していれば、親戚に嫌われることもほぼありません。

親戚との関係を保つためにも、冠婚葬祭には参加しましょう。

程よい距離感で付き合う続けるのが最適

ここまで解説してきた通り、下記理由から親戚とは程よい距離感で付き合うのが最適です。

  • 親戚関係を重視する人もいる
  • とはいえ、価値観が合わない親戚もいる
  • 毎日会うわけではない
  • 冠婚葬祭だけは参加しよう

無理に仲良くする必要はないですが、親戚関係を重視する人もいるので、ないがしろにするのは辞めましょう。

最低限、冠婚葬祭だけは参加してみて下さい。

2:価値観が合わない親戚との付き合い方

2:価値観が合わない親戚との付き合い方

とはいえ、「どうしても価値観が合わず、付き合いにくい」と感じている方もいるはず。

そこで、価値観が合わない新規との付き合い方を紹介しますね。

具体的に下記です。

  • その場の雰囲気に合わせる
  • 遠慮せずに挨拶後すぐに帰る
  • どうしても辛いなら縁を切ることもあり

各々、詳しく解説していきますね。

その場の雰囲気に合わせる

その場の雰囲気に合わせておけば、嫌われることはなくなるからです。

会社でも、価値観が合わない上司とは、批判するのではなく雰囲気に合わせて付き合い続けますよね。

親戚付き合いも同じです。

まずは、その場の雰囲気に合わせていきましょう。

遠慮せずに挨拶後すぐに帰る

ぶっちゃけ、1時間も一緒にいれば、話すこともなくなります。

正直、世間話をして時間を潰しているだけなんですよね。

それなら、必要なことが終わったら解散した方が、時間を奪われないため、お互いのためになりますよね。

挨拶後「予定があるから」と言ってすぐに帰るのもありです。

どうしても辛いなら縁を切ることもあり

とはいえ、上記を試しても「どうしても価値観が合わず喧嘩になる」という方は、縁を切るのも1つの手です。

それに、世の中探せば親戚と縁を切っている人も結構いますよ。

どうしても許せないと感じているなら、縁を切るのも選択肢の1つとして考えてみて下さい。

価値観が合わない親戚でもまずはある程度付き合おう

ここまで解説してきた通り、価値観が合わない親戚なら下記方法で接してみて下さい。

  • その場の雰囲気に合わせる
  • 遠慮せずに挨拶後すぐに帰る
  • どうしても辛いなら縁を切ることもあり

ぶっちゃけ、親戚だろうと合わない人は必ずいます。

価値観が合わない人と無理に仲良くしようとすると損しますよ。

毎日会うわけではないので、それなりに合わせてその場を乗り切りましょう。

とはいえ、どうしても辛いなら縁を切るのもありです。

無理しないのが一番ということを忘れないで下さい。

3:親戚付き合いは無理しなくてOK

本記事の内容をまとめます。

親戚との付き合い方は、程よい距離で付き合っていくことです。

理由は下記です。

  • 親戚関係を重視する人もいる
  • とはいえ、価値観が合わない親戚もいる
  • 毎日会うわけではない
  • 冠婚葬祭だけは参加しよう

無理に仲良くする必要はないですが、ないがしろにすると身内に迷惑が掛かる場合もあるので、程よい距離感で付き合い続けるのが最適です。

とはいえ、「どうしても価値観が合わず、付き合いにくい…」と感じている方もいるはず。

価値観が合わない親戚との付き合い方は下記。

  • その場の雰囲気に合わせる
  • 遠慮せずに挨拶後すぐに帰る
  • どうしても辛いなら縁を切ることもあり

無理に親戚と仲良くする必要はないので、まずは程よい距離感で付き合ってみて下さい。

ということで、以上になります。
最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

-LIFE