LIFE

苦手な事は克服できなくてOK【新しい挑戦をしよう】

苦手な事は克服できなくてOK【新しい挑戦をしよう】

こんにちは、シゲです。

苦手なことが克服できない…
どうにか克服できる方法を知り克服したい

というお悩みにお答えしていきます。

本記事の内容は下記です。

本記事内容

1:苦手な事は克服できなくてOK【理由を解説】
2:苦手克服よりも、新しい事に挑戦すべき

本記事を読み実施すれば、苦手な事を我慢する辛さから抜け出せます。

学生時代、英語が苦手で克服しようと努力したが、結局克服できなかった経験を持つ私がノウハウを共有しますね。

1:苦手な事は克服できなくてOK【理由を解説】

1:苦手な事は克服できなくてOK【理由を解説】

苦手な事を克服しなくてもいい理由は、下記3つ。

・克服できても、自分のためになるとは限らない

・苦手な事では大きな成果を出せない

・苦手な事を我慢して続けても辛いだけ

克服できても、自分のためになるとは限らない

他人のエゴに巻き込まれる可能性が増えるからです。

【例】
・コミュニケーション
=克服後、調整役として使われる

・英語
=克服後、海外出張の仕事が増える

・文章作成
=克服後、書類作成依頼が増える

このように、自分のためになるとは限りません。

頑張って苦痛を乗り越え、ようやく苦手を克服できても、自分のためにならなかったら、損するだけですよね。

労力や時間を無駄にしないためにも、苦手克服は必要ありません。

苦手な事では大きな成果を出せない

苦手な事を克服できても、一定のレベルにしかならず、それ以上の向上心が生まれないからです。

50m走で例えると、もともと11秒台だった人が、努力をして8秒台で走れるようになれば克服できたと感じ、これ以上早くなることを辞めるはずです。

しかし、50m走が得意な人なら6秒台で走る人もいますよね。

このように、苦手な事を克服できても、大きな成果を出すことができません。

たぶん、凡人と同等か少し良いくらいの成果なはず。

苦手な事を克服しても、コスパが悪いため、克服はしなくても問題ありません。

苦手な事を我慢して続けても辛いだけ

自分が嫌だと思っていることを続ても、精神的な苦痛が強くなるからです。

仮に、自分の嫌いな人と1日12時間を2人きりの生活を1ヵ月続けるとなったら、どう思いますか?

想像しただけでも、苦痛だしストレスが相当溜まることは予想できますよね。

苦手な事を克服しようと我慢することも、上記と同じくらい辛いことです。

私も、学生時代、英語が苦手で克服しようと我慢して勉強していましたが、教科書とか見ても理解できず、常にイライラしていました。

結局、英語のテスト結果も悪いままで、「こんなに辛いのに、何のために勉強してたの?」と感じましたね。

今でも、英語は苦手なままですが、勉強しなくも生きられているため、気持ちは楽です。

自分自身を追い込まないためにも、苦手な事を克服する必要はありません。

苦手なことを避けて生きている人は大勢いる

見出し通りですが、苦手なことを避けて生きている人は大勢います。

例えは、下記みたいな人達ですね。

・苦手な食べ物を食べない人

・苦手な仕事を他人に任せる人

・苦手な勉強を諦める人

・苦手なダイエットに失敗する人

・苦手な人付き合いを諦める人

このように、苦手なことを避けて生きている人は大勢います。

たぶん「苦手な事を克服しよう」とする人の方が少ないため、無理に苦手を克服しようとしなくて大丈夫ですよ。

苦手な事は克服しなくてもいい

ここまで解説してきた通り、苦手なことを無理に克服しようとしなくて大丈夫です。

世の中には、苦手な事を避けて生きている人は大勢いるため、苦痛なら我慢せずに諦めるのもあり。

苦手な事を克服しても自分のためになるとは限らないため、克服しなくても問題ありません。

とはいえ、「逃げてばかりだと成長できないのでは?」と疑問に感じる方をいるはず。

確かに、逃げてばかりだと成長できません。

そこで、苦手な事を克服せず、成長する方法を紹介します。

それは、新しい事に挑戦し続けることです。

2:苦手克服よりも、新しい事に挑戦すべき

2:苦手克服よりも、新しい事に挑戦すべき

苦手克服よりも、新しい事に挑戦する方が自己成長することができます。

具体的な理由は、下記2つです。

・新しい事に挑戦した方が成長が早い

・有益な時間の使い方ができる

新しい事に挑戦した方が成長が早い

フラットな気持ちで、新しい知識やスキルを身に付けられるからです。

料理で例えると、下記のような感じです。

■苦手
=苦痛で、週1日だけ同じ料理を作る

■得意
=楽に感じ、毎日自分のレパートリーの中から料理を作る

■新しい挑戦
=向上心が高く、レパートリーを増やすために勉強しながら、毎日別なメニューの料理を作る

苦手意識があると苦痛を嫌がり、実施回数も少なくなるし、同じようなことを繰り返すため、成長が遅れます。

逆に得意だと、今できる範囲でもう十分だと感じ、新しい知識やスキルを磨こうとはしないため、成長できません。

しかし、全くやったことがないことなら、フラットな気持ちで挑戦できるため、自己制限をかけずに済みます。

また、向上心もあるため、新しい知識やスキルを覚えやすいです。

このように、新しい事に挑戦した方が成長が早くなります。

苦手の事を克服しようと行動するのは辞め、新しい事に挑戦してみて下さい。

有益な時間の使い方ができる

新しい事に挑戦すれば、下記メリットがあるからです。

・好きなことを見つけられる

・新しい知識・スキルを身に付けられる

・精神的苦痛が少ない

勉強で例えてみます。

① 英会話 =苦手

② プログラミング =新しい事

③ ライティング  =新しい事

上記状況だとして、②・③は新鮮な気持ちで学習を始められ、苦痛を感じないため、ストレスになりにくくなります。

また、新しい知識やスキルを多く身に付けることができるため、自己成長にも繋がりやすいですよね。

さらに、新しいことに挑戦することで、自分に合っているか確認できるため、自分が好きな事を見つけられます。

しかし、苦手な英会話を辛く我慢したまま克服できたとしても、できない事が1つできるようになるだけですよね。

コスパを考えても、前者の方が得をしています。

上記から、有益な時間の使い方をするためにも、新しい事に挑戦してみて下さい。

3:まとめ 苦手な事は諦めて、新しい事に挑戦しよう!!

本記事の内容をまとめます。

結論としては、苦手な事を克服しなくても大丈夫です。

理由は下記3つ。

・克服できても、自分のためになるとは限らない

・苦手な事では大きな成果を出せない

・苦手な事を我慢して続けても辛いだけ

苦手なことを克服しても、できなかったことが1つできるようになるだけです。

それよりも、新しい事に挑戦した方が、自分のためになります。

新しい事に挑戦する方が良い理由は、下記2つです。

・新しい事に挑戦した方が成長が早い

・有益な時間の使い方ができる

苦手な事を克服するのは諦め、新しい事に挑戦してみて下さい。

ということで、以上になります。
最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

-LIFE

© 2021 shigeblog