LIFE

八方美人が嫌われる理由【辞める方法も解説します】

八方美人が嫌われる理由【辞める方法も解説します】

こんにちは、シゲです。

八方美人が嫌われるのはなぜ?
どうにか八方美人を辞めたい。

というお悩みにお答えしていきます。

本記事の内容は、下記です。

本記事内容

1:八方美人が嫌われる理由
2:八方美人をしても、自分の人生は良くならない
3:八方美人を辞める方法

本記事を読み実施して頂ければ、八方美人を辞めることができます。

なぜなら、八方美人で苦しんでいた経験がある私が、本記事で紹介する方法を使い、八方美人を辞められたからです。

上記背景をもつ私がノウハウを共有しますね。

1:八方美人が嫌われる理由

1:八方美人が嫌われる理由

まずは、八方美人が嫌われる理由を解説していきます。

具体的には、下記4つが理由です。

・自分の意思がないように感じる

・人は好き嫌いがあって当然

・当たり障りのない態度しかできない

・結局、自分の事しか考えてないと感じる

自分の意思がないように感じる

八方美人だと、基本的に相手に合わせ続けるからです。

【例】
上司A「○○、今日残業時間で少し手伝ってくれ」

○○「わかりました。(ニコニコ)」

上司B「○○、今から2時間会議室確保しておいてくれ」

○○「わかりました。(ニコニコ)」

同僚「○○には、自分意思がないのか!!(イライラ)」

このように、八方美人は基本的に相手に合わせ続けるため、他人から自分の意思がないように見られてしまいます。

大半の人は、意思がない人を見ると、イライラしてしまうため、八方美人は嫌われます。

人は好き嫌いがあって当然

大半の人は、「完璧な人間なんていない」「好き嫌いがあって当然」と考えいるため、八方美人を見ると違和感を感じるからです。

例えば、自分の意見に対して、全て笑顔で肯定する人って、不気味に感じませんか?

私は「何考えているかわかならないし、怖い…」と感じます。

このように、愛想よく誰とも付き合っていける人を見ると、違和感を感じます。

また、本音を隠しているようにも感じるため、嫌われやすくなりますね。

当たり障りのない態度しかできない

八方美人は、当たり障りがない態度しかできないため、はっきりしない態度にイライラしてしまうからです。

友達と旅行先を決める場合だと下記みたいな感じです。

友達A「沖縄に3泊4日なんてどう?」

自分「いいね」

友達B「せっかくの機会だし、ハワイとか海外の方が良くない?」

自分「海外もありだね」

友達A「海外だと弾丸になりそう。国内の方が安心できるよ」

自分「確かに」

友達B「○○(自分)は、どっちがいいんだよ」

自分「う~ん」

友達A・B「どっちだよ(イライラ)」

こんな風に、はっきりしない態度にイライラしてしまいます。

はっきりしない態度は、他人から嫌われる原因になりますね。

結局、自分の事しか考えてないと感じる

八方美人の人は、誰かに嫌われたくないと考え、行動しているからです。

しかし、誰かに嫌われたくない=自分事ですよね。

他人からも、「結局、自分が可愛いだけだ」と見透かされています。

例えば、合コンだったら、下記みたいな感じです。

男性A「○○ちゃん、可愛いね」

○○(内心)「嫌われたくないし、どう返そう」

○○「そんなことないですよ」

男性B「でも、学生時代モテたでしょう?」

○○(内心)「嫌われたくないし、どう返そう」

○○「そんなことないですよ」

男性A・B「…」

男性A・B(内心)「自分のことは、一切話す気ないんだな~」

こんな感じですね。

他人からは、“八方美人=自分の事しか考えていない人“と認識されているため、嫌われます。

2:八方美人をしても、自分の人生は良くならない

2:八方美人をしても、自分の人生は良くならない

ここまで、八方美人が嫌われる理由について解説していきました。

しかし、八方美人には、他にもデメリットがあります。

他のデメリットは、下記3つです。

・常に他人を意識して生きる必要がある

・自分の価値観がなくなる

・自分のための行動ができない

常に他人を意識して生きる必要がある

八方美人だと、他人に同調する癖がついているからです。

八方美人の人は、他人と接する時に、下記を考えているはず。

・○○さんに合わせないと…

・○○さんの意見に反対したら、ヤバイ

・○○さんの機嫌を損ねることは避けるべき

このように、八方美人は常に他人を意識して生きています。

自分の人生なのに、他人のことばかり考えているなんて、損ですよね。

自分の人生を豊かにするためにも、八方美人は辞めるべきです。

自分の価値観がなくなる

他人の価値観が大切と考えているため、自然と自分の価値観は必要なしと判断してしまうからです。

【例】
自分「仕事量多すぎ。残業も増えたし辛いな~」

上司「確かに、辛いかもだけど、これを乗り越えれば、昇給も早いと思うよ」

自分「確かにそうですね。」

自分(内心)「辛いのは誰でも同じだよ。昇給のために頑張ろう」

こんな感じで、他人に合わせてしまい、自分の価値観を捨ててしまいます。

自分の価値観がなくなると、他人のために生きていくことになり、つまらない人生になってしまいますよね。

つまらない人生をおくらないためにも、八方美人は辞めるべきです。

自分のための行動ができない

他人の意見に従い、行動し続けるからです。

自分のことは、後回しにするため、自分のための行動ができなくなります。

例えば、下記のように周囲と接するとかです。

自分「一人暮らししてみたい」

親「一人暮らしより、実家の方が出費が少ないから」

=同調して実家暮らしのまま

自分「一人で飲み屋に行って、まったり飲みたい」

友達「一人で飲むより、二人以上の方が楽しいって」

=同調して友達と飲みに行く

このように、自分のための行動を後回しにして、他人のために行動をしています。

自分のために行動できるようになるためにも、八方美人は辞めるべきですね。

八方美人を辞めよう!!

ここまで解説してきた通り、八方美人だと自分が損し続けます。

八方美人を辞めて、自分のためになる言動を優先しましょう。

とはいえ、「八方美人を辞める具体的な方法がわからない」と感じている方もいるはず。

そこで、3章からは、八方美人を辞める具体的な方法を紹介していきます。

3:八方美人を辞める方法

3:八方美人を辞める方法

八方美人を辞めるためには、下記3つの方法があります。

・他人のことを考える前に、自分の本音を認識する

・自分のための行動を始める

・人間関係をリセットする

他人のことを考える前に、自分の本音を認識する

八方美人は、自分の事よりも他人の事を優先して考える癖がついているため、まず自分が本当にしたいことを認識する必要があります。

例えば、下記みたいな感じですね。

~OK~
上司「悪いけど、今日残業してくれないか?」

自分(内心)「残業するのは何のため? 予定外の仕事をやる必要はない」

自分(内心)「自分の仕事はしっかり処理しているし、プライベート時間の方が重要」

自分「すみません。無理です。」

~NG~
上司「悪いけど、今日残業してくれないか?」

自分(内心)「上司困っているし、残業してあげよう」

自分「わかりました」

こんな感じで、他人の事よりも、自分の本音を優先しましょう。

文字で書くと簡単ですが、自分の本音を認識するのって難しいですよね。

どうしても、自分の本音がわからないなら、文章にしてみるのもありです。

私は、ブログを書くようになってから、自分自身について見つめ直す機会が増えました。

ブログを始めてから、今まで気づかなかった自分を知ることもできたので、おすすめですよ。

自分のための行動を始める

自分のための行動を始めれば、他人を気にする余裕がなくなるからです。

ダイエットで例えると下記。

・毎日5㎞のランニング

・毎朝100回のスクワット

・寝る前に、腹筋30回

上記を実施している最中は、ダイエットに集中しているため、他人を気にする余裕がなくなりますよね。

他人の事を考える前に、自分のための行動を始めちゃうのもありです。

人間関係をリセットする

気を使っている人達と会わなくなれば、八方美人をする必要がなくなるからです。

私も、11年勤めた会社を退職して、気を使っていた上司同僚と会わなくなり、八方美人を辞められました。

現状で気を使う人と関わる機会が多いなら、人間関係をリセットするのもありです。

ということで、以上になります。

八方美人をしても、自分が損をするだけですよ。

下記を参考にして、八方美人を辞めましょう。

・他人のことを考える前に、自分の本音を認識する

・自分のための行動を始める

・人間関係をリセットする

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

-LIFE

© 2021 shigeblog