WORK

仕事に先読みは必要か?【先読みする方法も紹介】

仕事に先読みは必要か?【先読みする方法も紹介】

こんにちは、シゲです。

・仕事の先読みって必要あるのかな?
・必要あるなら、仕事で先読みする方法を教えて欲しい。

というお悩みにお答えしていきます。

本記事の内容は、下記になります。

  • 1:仕事に先読みは必要か?
  • 2:仕事で先読みする方法
  • 3:【補足】仕事で先読みをするコツ

本記事を読み実施して頂ければ、仕事で先読みをすることができるようになります。

11年勤めた会社で先読みをしながら、段取り作成していた私が、ノウハウを共有しますね。

1:仕事に先読みは必要か?

1:仕事に先読みは必要か?

結論からいうと、仕事で先読みは必要になります。

なぜ、仕事に先読みが必要かというと、下記3つの理由があるから。

  • リスクを最小限に抑えるため
  • 作業効率を上げるため
  • 理想を現実にする力を身に付けるため

リスクを最小限に抑えるため

先読みをすることで、失敗に対する対策を事前に準備することができるからです。

例えば、客先に打ち合わせ出張する時に先読みしたら、下記リスクの対策を事前に準備することができます。

  • セキュリティが厳しく、PCを持ち込めないかも
    • PCと紙両方を持っていく
  • 参加人数が不明
    • 紙を10部印刷して持っていく

このように、先読みをすることで、リスクを最小限に抑えることができます。

リスクを最小限に抑えるためにも、仕事で先読みは必要です。

作業効率を上げるため

先読みをすれば、予定通りに仕事を進めることができるからです。

例えば、書類作成が終わるまで最短2日だと先読みできれば、修正期間も含めて3日間必要と判断できるため、余裕を持って作業をすることができます。

しかし、先読みをせずに書類作成をしてしまうと、修正期間を気にせずに次々と新しい仕事に着手しちゃうため、マルチタスクになり効率が悪くなります。

このように、先読みすることで、作業効率を上げることができます。

無駄な作業を減らすためにも、仕事で先読みをしましょう。

理想を現実にする力を身に付けるため

先読みは、理想の結果を出すために、どう行動するかを決める作業だからです。

例えば、下記みたいな感じですね。

  • 【理想の結果】
    • 実績を1.5倍に増やしたい
  • 【先読み】
    • 作業効率を1.5倍上げる方法(書類作成を自動化する など)
    • 無駄な作業を辞める方法(社内打ち合わせの参加を辞める など)
    • 0.5倍分他の人に手伝ってもらう方法(外注化 など)

後は、先読みして決めた方法を実施していき、理想の結果を出すだけです。

上記を、繰り返していれば、理想を現実にする力が身に付きます。

ということで、ここまでの説明で仕事に先読みは必要あることが、分かったはずです。

自分が楽をして働くためにも、先読みをしていきましょう。

とはいえ、「具体的にはどうやって先読みすればいいの?」と疑問に感じている方もいるはずです。

そこで、2章では、仕事で先読みする具体的な方法を紹介していきます。

2:仕事で先読みする方法

2:仕事で先読みする方法

仕事で先読みする方法は、下記4ステップに沿って実施するだけです。

  1. 仮説を立てる
  2. とりあえず、実行する
  3. もう一度仮設を立て直す
  4. 本格的に実行する

①仮説を立てる

仮説がないと、予想することができないからです。

例えば、従業員の人件費を2割減させたいとしたら、下記のような仮説を立てるとかです。

  • 残業、休日出勤の禁止令を出す
  • 定時以内で処理できる仕事量しか受注しない
  • リストラ
  • 社員の4割を派遣社員に変える
  • 現在社員が処理している仕事量の4割を外注化
  • 現在社員が処理している仕事効率を3割上げる

こんな感じですね。

良し悪しは後で判断すればいいので、とりあえず思いつく限りの仮設を立ててみて下さい。

②とりあえず、実行する

仮説が合っていたかを判断する必要があるからです。

ただし、本格的に実行するのは辞めましょう。

理由は、失敗のリスクが高いからです。

まずは、小さい範囲で実行して、リスクを最小限にしながら、良い成果を出せるパターンを見つけましょう。

先ほど説明した従業員の人件費を2割減させる仮設の一部で解説しますね。

  • 残業、休日出勤の禁止令を出す
    • 部署事に分けて1週間単位で実施
  • 社員の4割を派遣社員に変える
    • 部署Aのみ1ヵ月だけ実施
  • 現在社員が処理している仕事量の4割を外注化
    • 部署Bのみ1ヵ月だけ実施

後は、データを取得後に分析して、結果が出せる仮説を見つけ出すだけです。

このように、適応範囲を小さくして実行することで、リスクを最小限に仮説が合っていたかを判断することができます。

仮説が合っていたかを判断するためにも、仮設を試してみて下さい。

ちなみに、仮説は1つだけではなく、組み合わせで成果が出る場合もあるため、色々なパターンで探してみましょう。

③もう一度仮設を立て直す

仮説を試した後、良い結果が取得できなかったら、もう一度仮設を立て直す必要があるからです。

従業員の人件費を2割減させる例なら下記。

  • 残業、休日出勤の禁止令を出す
    • 午前中は、メール確認・対人調整を禁止する
  • 社員の4割を派遣社員に変える
    • 社員の8割を派遣社員に変える
  • 現在社員が処理している仕事量の4割を外注化
    • AIに処理させる

このように、仮設を立て直したら、また試して成果を出せるか確認してみましょう。

良い成果を出せる方法を見つけるまで、繰り返し仮設を立てる必要あります。

④本格的に実行する

仮説で一番いいパターンを見つけられたら、後は本格的に実行するだけです。

従業員の人件費を2割減させる例なら、下記を社内ですべて実行するとかですね。

  • 定時以内で処理できる仕事量しか受注しない
  • 社員の8割を派遣社員に変える
  • 現在社員が処理している仕事量の4割をAIに処理させる
  • ※今回は解説用のため、実際に検証はしていません。

このように、一番良い方法で実施できれば、理想の結果を出せるようになります。

ここまでが、仕事で先読みする方法になります。

先読みと言っても、確証を得る検証は必要です。

下記4ステップで、仕事の先読みをしてみて下さい。

  1. 仮説を立てる
  2. とりあえず、実行する
  3. もう一度仮設を立て直す
  4. 本格的に実行する

3:【補足】仕事で先読みをするコツ

3:【補足】仕事で先読みをするコツ

ここからは補足です。

仕事で先読みをするコツを少しだけ紹介します。

これから紹介することを、知っているとより先読みをしやすくなりますよ。

経験が多いほど先読みしやすくなる

経験が多いと、過去の実績から予想範囲が絞れるからです。

例えば、野球でヒットを打てるようになりたいとして、下記2人のいずれかがコーチになってくれるとします。

下記2人を比較して、どっちが早くヒットが打てるアドバイスができると思いますか?

  • イチローさん
  • 草野球歴5年のおじさん

明らかに、イチローさんですよね。

このように、経験が多いと、過去の実績から予想範囲が絞れるため、先読みしやすくなります。

先読みの精度を上げるためには、経験を増やすことが重要なので、“仮設を立てる→検証“を繰り返してみて下さい。

相手の意図を考えるのも重要

相手の意図を考えると、先読みが必要かを判断できるようになるからです。

従業員の人件費を2割減させるで例えると下記。

管理職が従業員と和気あいあいに作業することが好きで、人件費2割減する気がないとします。

管理職が、人件費2割減する気がないなら、検討していたこと自体が、全て無駄になってしまいますよね。

まずは、先読みしたビジョンが、相手と共感できているか確認しておきましょう。

4:まとめ 仕事で先読みしよう!!

本記事の内容をまとめます。

仕事の先読みは、下記3つの理由で、必要があります。

  • リスクを最小限に抑えるため
  • 作業効率を上げるため
  • 理想を現実にする力を身に付けるため

自分が楽して働くためにも、仕事で先読みをしましょう。

なお、仕事で先読みする方法は、下記4ステップになります。

  1. 仮説を立てる
  2. とりあえず、実行する
  3. もう一度仮設を立て直す
  4. 本格的に実行する

将来の結果は、誰でもわからないため、仮設を立てて検証を繰り返すことが重要です。

仮設を立る→検証を繰り返し、成果を出せるパターンを見つけ出してみて下さい。

ということで、以上になります。
最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

-WORK