LIFE

嫌いな人と仲良くする必要なし!!【嫌いな人との接し方も紹介】

嫌いな人と仲良くする必要なし!!【嫌いな人との接し方も紹介】

こんにちは、シゲです。

・嫌いな人と一緒に居るとイライラする…
・でも、穏便に済ませるためにも、嫌いな人と仲良くした方がいいのかな?

というお悩みにお答えしていきます。

本記事の内容は、下記です。

本記事内容

1:嫌いな人と仲良くする必要なし!!【理由を解説】
2:嫌いな人との関わり方

本記事を読めば、嫌いな人と無理に仲良くする必要がないことがわかります。

11年勤めた会社で嫌いな人と仲良くしようとして、損をした私がノウハウを共有しますね。

1:嫌いな人と仲良くする必要なし!!【理由を解説】

1:嫌いな人と仲良くする必要なし!!【理由を解説】

嫌いな人と仲良くする必要がない理由は、下記3つ。

・嫌いな人と関わっても消耗する

・自分に合わない人は必ず存在する

・無理に仲良くする努力をしても辛くなるだけ

詳しく解説していきますね。

嫌いな人と関わっても消耗する

「嫌だな~」「辛いな~」と感じる時間が増えるからです。

例えば、嫌いな上司から、下記のように付きまとわれたら、心がボロボロになるはず。

・月~金曜日 =付きっきりで一緒に仕事をする

・土曜日   =休日出勤の後、強制的に飲みに連れていかれられる

・日曜日   =ゴルフなど遊びに誘われる

毎日が疲れて、ストレスになりますよね。

嫌いな人と関わっても、消耗して自分が損をするだけですよ。

自分が損をするため、嫌いな人と無理に仲良くする必要はありません。

自分に合わない人は必ず存在する

人はそれぞれ違う価値観を持っているからです。

例えば、「全員仲良くするのが正解」と生徒に教えてる教師でさえ、校長先生など自分に合わない人は存在します。

・新人教師
=生徒が良い人間になってくれることが最優先

・校長先生
=学校の秩序を守るのが最優先

もちろん、全教師が上記のような人達ばかりではないですが、一定数居るのも事実でしょう。

全ての人が仲良くするのは、理想論でしかありません。

自分に合わない人がいる方が当たり前なので、嫌いな人と無理に仲良くする必要はないです。

無理に仲良くする努力をしても辛くなるだけ

こちらから、無理に仲良くしようと思って行動しても、相手にその気がなかったら、仲良くなることはできないからです。

例えば、いじめられっ子が、いじめっ子に「仲良くしようよ」と近づいても、拒否されますよね。

むしろ、「そういう理想ばかりなところが嫌いなんだよ!!」と言われ、もっといじめらるはずです。

仲良くしようとしても、相手の気持ちを変えることは難しいし、自分も本心とは違う言動をするため、辛くなるだけですよ。

自分がより辛くなるだけなので、嫌いな人と無理に仲良くする必要はありません。

嫌いな人と無理に仲良くしようとするのは辞めよう!!

ここまで解説してきた通り、下記理由から嫌いな人と無理に仲良くする必要はありません。

・嫌いな人と関わっても消耗する

・自分に合わない人は必ず存在する

・無理に仲良くする努力をしても辛くなるだけ

全ての人が仲良くなるのは理想論であって、現実では不可能です。

「自分と合わない人もいる」と認め、なるべく関わらないようにしましょう。

とはいえ、「まったく関わらないのは難しい…」という方もいるはず。

そこで、嫌いな人との関り方を紹介します。

無理に仲良くするよりも、気持ちが楽になるので、是非試してみて下さい。

2:嫌いな人との関わり方

2:嫌いな人との関わり方

嫌いな人との関り方は、下記3つです。

・必要最低限の会話で終わらせる

・強要されても断る

・自分から近づかない

各々、詳しく解説していきますね。

必要最低限の会話で終わらせる

必要最低限の会話にすれば、嫌いな人と関わる時間を最小限にすることができるからです。

例えば、下記のような会話ですね。

嫌いな同級生「数学のテスト何点だった?」

自分「42点」

嫌いな同級生「勝った♪76点。お前はバカだな~」

自分「ハハ、そうだね(席を外す)」

私も、11年勤めた会社で、自慢話しかしない同僚の先輩と会話する時に使い、すぐに会話を終わらせていましたね。

1分以内で関わらなくなるため、「嫌だ」「辛い」と感じる時間を減らせますよ。

嫌いな人と関りを減らすためにも、必要最低限の会話で終らせてみて下さい。

強要されても断る

自分のエゴを他人に押し付けてくる人には、はっきりと断らないと自分が損をするからです。

例えば、自身の出世のために、部下に無理に仕事を依頼する上司とかですね。

上司の勢いに押され、仕事をしても実績を上司に取られるだけですよ。

嫌いな人の手助けをするなんて最悪ですよね。

確実に自分が損をするため、強要されるなら、しっかりと断りましょう。

はっきりと断れば、相手も今後近づかなくなるため、関りを減らせますよ。

自分から近づかない

自分から話しかけたりすると、関わる機会が増えてしまうからです。

嫌いな人と、常に自分から近づかなくれば、相手も察して距離を開けてくれるはず。

私の場合なら、自慢話しかしない同僚の先輩には、自分から近づかなかったですね。

徐々に、先輩からも私に近づくことがなくなり、関わることを減らせました。

自分が苦痛を感じないためにも、嫌いな人とは、自分から近づかないでおきましょう。

どうしても嫌なら、環境を変えよう

ここまで、嫌いな人との接し方を解説していきましたが、どうしても嫌いという気持ちが強いなら、環境を変えるのも手です。

理由は、環境を変えれば、会わなくて済むから。

実際に私も、11年勤めた会社を辞めて、嫌いな人と関わらなくなってから、ストレスが激減しました。

上記を少しだけ詳しく解説していきますね。

【実体験】11年勤めた会社を辞め、ストレスが激減した話

当時の私は、下記のような人達と仕事をしていて、正直全員嫌いでしたね。

・自慢話しかしない同僚の先輩

・頑固で融通が利かないおじさん

・仕事を丸投げする上司

・担当した仕事を終わらせられない同僚

とはいえ、「同じ仕事をする人達だし、仲良くしないと…」と考え、必死に仲良くなる努力をしていました。

しかし、結果的に労働時間が増えて、ストレスも増加して常にイライラしている状態でしたね。

その後退職し、1ヵ月休養したらストレスが激減、気持ちがいっきに軽くなり、解放された気分でした。

嫌いな人と関わるのがどうしても辛いなら、私のように環境を変えるのもありですよ。

3:嫌いなら仲良くしなくてOK!!

本記事の内容をまとめます。

嫌いな人と仲良くする必要はありません。

理由は下記3つ。

・嫌いな人と関わっても消耗する

・自分に合わない人は必ず存在する

・無理に仲良くする努力をしても辛くなるだけ

嫌いな人と仲良くしようとしても、相手にその気がないなら、時間と労力が消耗して、損をしていまいます。

全員と仲良くすることは理想論でしかないし、生きていれば、絶対に自分に合わない人は存在します。

嫌いな人と無理に仲良くしようとするの辞め、なるべく関わらないことが最適ですよ。

なお、「全く関わらなくなるのは、難しい」という方は、下記を試してみて下さい。

・必要最低限の会話で終わらせる

・強要されても断る

・自分から近づかない

嫌いな人と関わることを最低限に抑えられるため、苦痛に感じる時間も減らせますよ。

また、嫌いな人と関わるのがどうしても辛いという方は、環境を変えるのもあり。

環境を変えれば、会わなくなるため、関りをなくせます。

嫌いな人と会わなくなると、自分が思っている以上に気持ちがスッキリして、ストレスがなくなりますよ。

ということで以上になります。
最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

-LIFE

© 2021 shigeblog