LIFE

格差があるのは当たり前【格差を受け入れ前に進もう】

2021年12月27日

格差があるのは当たり前【格差を受け入れ前に進もう】

こんにちは、シゲです。

・格差が合って自分だけ損している気がする…

・格差はどうすればなくなるの?

というお悩みにお答えしていきます。

本記事の内容は下記。

  • 1:格差があるのは当たり前【理由を解説】
  • 2:格差で落ち込まない方法

「周囲の中で自分だけ扱いが違う」「チャンスも少ないし、なんでこんな状況ばかりなんだよ」など嫌気をさしていませんか?

残念ながら、格差をなくすことは不可能です。

格差を受け入れて、自分が努力して損をしない方にいくしかありません。

しかし、格差を受け入れ自ら行動できれば、格差により落ち込むことがなくなり、自分の人生を良い方向に変えられるのも事実です。

今度こそ、格差で損をしたくないという方は、最後まで読んでみてください。

3分で読めます。

1:格差があるのは当たり前【理由を解説】

1:格差があるのは当たり前【理由を解説】

格差があるのは当たり前な理由は下記。

  • 生まれた環境で格差が決まっている
  • 全員が幸せになれる方法はない
  • 基本全員他人任せ
  • 誰でも自分のために生きている

各々、詳しく解説していきますね。

生まれた環境で格差が決まっている

自分の意思関係なく、生まれた環境ですでに格差が決まっています。

例えば、日本で生まれれば、学業なども自然に受けられますが、貧困問題が激しいアフリカなどの地域で生まれたら、学業を受けられない方が自然です。

理屈抜きの感情だけでは、格差はなくならないですよ。現状を受け入れましょう。

全員が幸せになれる方法はない

また、全員が幸せになれる方法はありません。

仮に全員が幸せになれるなら、全世界の人が金持ちになっていて、会社が倒産することもありません。

しかし、実力がない会社が倒産するのは当たり前だし、稼げない人がいるのも自然なことです。

残念ですが、全員が幸せになれる方法はないので、格差があるのは当たり前になります。

基本全員他人任せ

また、「格差がなくならないのは何で?」と思っている人ほど、全員他人任せです。

なぜなら、格差がなくなる方法を誰でも知らないから。

自分にはできないけど、誰かがやってくれると全員が思っていたら、格差はいつまでもなくならないですよね。

全員が他人任せなので、格差はなくなりません。

誰でも自分のために生きている

また、格差をなくしたいのは、自分が損をしなくないのが主な理由ですよね。

正直、自分が損をしていなくれば、格差をなくそうとはしないはず。

格差をなくそうとすることは、他人を助ける行為になります。

自分のために生きている人が、他人を助けるために本気になりますかね?

ほぼほぼいないはず。

自分のために生きるのが人なので、格差をなくそうとする人はほぼいません。

【結論】格差があるのは当たり前

ここまで解説してきた通り、下記理由から格差があるのは当たり前です。

  • 生まれた環境で格差が決まっている
  • 全員が幸せになれる方法はない
  • 基本全員他人任せ
  • 誰でも自分のために生きている

格差をなくそうとしてもなくならないので、無駄な努力になってしまいますよ。

格差があるのは当然と考えて、生きていきましょう。

とはいえ、「具体的に何をすればいいの?」と不安になる方もいるはず。

そこで、格差で落ち込まない方法を紹介しますね。

2:格差で落ち込まない方法

2:格差で落ち込まない方法

格差で落ち込まない方法は下記。

  • 格差を受け入れる
  • 一人で挑戦して実績を作る
  • やるかやらないかの違いだけ

各々、詳しく解説していきます。

格差を受け入れる

繰り返しますが、格差が生まれるのは当然だからです。

天気を変えられないのと同じで、いくら悩んでも改善できません。

それなら、寒いなら寒いのを受け入れて着こんだり、暑いなら薄着になったりした方が10倍幸せになれます。

ずっと誰かに期待しても、損する現状は変わりませんよ。

まずは、格差を受け入れましょう。

一人で挑戦して実績を作る

自分が損→得する状況に変えることでしか、ゆとりある理想の生活を送れません。

結局は、自分で試行錯誤しつつ、自分に合う生活スタイルを見つけるのが最適です。

一人で挑戦して実績を作れば、徐々に損することも減りますよ。

やるかやらないかの違いだけ

後はやるかやらないかの違いだけです。

このまま悩んでいても、格差はなくならず損し続けますよ。

損をしないためにも、思い切って挑戦してみてください。

待っていても格差はなくならない

「誰かが変えてくれるかも…」と期待して待っていても、格差はなくなりません。

3年先も格差がなくなるのを、ずっと待ち続けますか?

私は嫌なので、挑戦します。

【注意】挑戦は一人がベスト

なお、挑戦するときは一人で実施するのがベストです。

なぜなら、他人に振り回されなくていいから。

今の時代、ネットなども普及してきて、個人で成果を出せる環境が整ってきています。

わざわざ、複数人で実施する必要はないです。

挑戦する時は、なるべく一人で実施しましょう。

格差を受け入れて行動しよう

ここまで解説してきた通り、下記方法を実施すれば、格差で落ち込まない生活ができるようになります。

  • 格差を受け入れる
  • 一人で挑戦して実績を作る
  • やるかやらないかの違いだけ

格差を受け入れることで一歩先に進めますよ。

格差を受け入れつつ、将来自分のためになることに投資しましょう。

徐々に、実績などができて損する環境から抜け出せますよ。

3:格差は無くなりません

本記事の内容をまとめます。

格差があるのは当たり前な理由は下記。

  • 生まれた環境で格差が決まっている
  • 全員が幸せになれる方法はない
  • 基本全員他人任せ
  • 誰でも自分のために生きている

格差で落ち込まない方法は下記。

  • 格差を受け入れる
  • 一人で挑戦して実績を作る
  • やるかやらないかの違いだけ

格差で悩んでいても、格差はなくなりません。

格差で損をなくしたいなら、一度格差を受け入れて自分で努力していくしかないです。

嘆いていても、現状維持で損し続けるだけです。

今すぐ格差に文句を言うのはやめて、自分が得できるように努力を始めましょう。

-LIFE