LIFE

器が小さい自分を直したい時の対処方法

2021年7月3日

器が小さい自分を直したい時の対処方法

こんにちは、シゲです。

・器が小さい自分を直したい…
・どうすれば器が大きい人になれるのかな?

というお悩みにお答えしていきます。

本記事の内容は下記です。

  • 1:器が小さい自分を直したい時の対処方法
  • 2:無理に器を大きくする必要なし

本記事を読めば、自分の器の小ささに悩まなくなりますよ。

11年勤めた会社で器が小さい上司と関わっていた私がノウハウ共有しますね。

1:器が小さい自分を直したい時の対処方法

1:器が小さい自分を直したい時の対処方法

器が小さい自分を直したい時の対処方法は下記。

  • 行動で示す
  • 色んな経験を積む
  • 失敗はするが辛さが分かる
  • 余裕ができるようになり、他人を思いやれる

各々、詳しく解説してきますね。

行動で示す

器が小さい人ほど、言い訳する言動が増えるからです。

例えば、スポーツで負けて「今回は運がなかった」という人より、黙って黙々と練習を再開している人の方が好感が持てますよね。

それに、「次こそは…」という静かな熱意も感じられ、応援したくなるはず。

器が小さいと悩んでいるなら、まずは言い訳ではなく行動を優先してみて下さい。

色んな経験を積む

様々な経験を積むことで、同じ失敗をした人に寄り添うことができるようになるからです。

過去に受験に失敗したことあるなら、同じように受験に失敗した人の気持ちがわかりますよね。

結果的に、受験を失敗した人に寄り添う言動ができるようになります。

このように、経験を増やすことで、相手の気持ちを理解しやすくなります。

失敗はするが辛さが分かる

様々な経験をすると必ず失敗も経験します。

しかし、失敗を経験する人ほど強くなりますよね。

なぜなら、失敗から這い上がることができる能力が身に付くからです。

失敗を避けるのではなく、正面からぶつかることができるようになります。

失敗をすればするほど辛さが分かるし、自分でどうにかする力が身に付くため、器も大きくなります。

余裕ができるようになり、他人を思いやれる

また、経験を積めば積むほど、余裕ができるようになります。

余裕ができる人ほど、他人のことを考える時間もできますよね。

下記2名どっちの方が、同僚のことを考えられると思いますか?

  • 本業で月5万円しか稼いでいない人
  • 本業で月5万円しか稼いでいないが、個人で100万円稼いでいる人

明らかに後者ですよね。

前者は、自分の生活を生きていくだけで精一杯なはず。

経験を積むほど結果を出せて余裕ができるので、他人のことを考えることもできるようになります。

行動を優先しよう

ここまで解説してきた方法が、器が小さい自分を直す方法になります。

  • 行動で示す
  • 色んな経験を積む
  • 失敗はするが辛さが分かる
  • 余裕ができるようになり、他人を思いやれる

ぶっちゃけ、器の大きさは経験で決まります。

器を大きくしたいなら、行動をして様々な経験を積んでみて下さい。

様々な経験をすることで、辛さを理解できるので、徐々に器を大きくすることができます。

器が小さいと悩んでいても、器が小さいままですよ。

器を大きくするためにも、行動を始めましょう。

2:無理に器を大きくする必要なし

2:無理に器を大きくする必要なし

また、無理に器を大きくする必要性はないですよ。

理由は下記。

  • 自分を良く見せようとする
  • 結局バレる

各々、詳しく解説していきますね。

自分を良く見せようとする

無理に器を大きくしようとすると、自分を良く見せようとするからです。

会社で言うなら、無理して部下に説教している人とかですね。

「自分は部下を思って言っている」などを理由にしていますが、部下からしてみれば的を得た説教ではなく、迷惑に感じ器が小さいと感じますよね。

無理に器を大きくしようとしても、自分の器は大きくならないので損しますよ。

結局バレる

また、見栄を張っている人ほど、器が小さいことが分かります。

例えば、異性とデートをする時に無理してデート代を出し続けていると、貯金がなくなり、結局デート内容も徐々に薄くなってきますよね。

実力以上のものを見せようとしても、結局バレて器の小ささが露出します。

結局、自分の器の大きさは周囲にバレますよ。

無理に器を大きくしても、周囲から冷めた目で見られるので、等身大の自分でいきましょう。

背伸びしても損

繰り返しますが、実力以上のものは出ないからです。

背伸びしても、器の大きさは変わりません。

背伸びしても、損することが増えるので、無理に器を大きくしようとするのは辞めましょう。

地味に経験を積むのが最適

無理に器を大きくしようとしても、器の大きさは変わりません。

いきなり器が大きくなる魔法はないので、地味に経験を積むことが最適です。

様々な経験を積み徐々に器を大きくしていきましょう。

無理に器を大きくしようとするのは辞めよう

ここまで解説してきた通り、無理に器を大きくしようとするほど、器が小さいのがバレます。

  • 自分を良く見せようとする
  • 結局バレる

背伸びしても、損しかしないため、無理に器を大きくしようとするのは辞めましょう。

それでも、器を大きくしたいなら、行動を増やし地味に経験を積んでみて下さい。

3:器の小ささは直せます

本記事の内容をまとめます。

器が小さい自分を直したい時の対処方法は下記。

  • 行動で示す
  • 色んな経験を積む
  • 失敗はするが辛さが分かる
  • 余裕ができるようになり、他人を思いやれる

行動しないことには、器が小さいままですよ。

器を大きくするためにも、今から行動を始めてみて下さい。

行動を続ければ、失敗する経験を増やせるので、相手の気持ちを理解することができます。

器を大きくするためにも、行動を増やしましょう。

また、無理に器を大きくする必要性はないですよ。

理由は下記。

  • 自分を良く見せようとする
  • 結局バレる

実力以上のものは出せないので、無理に器を大きくみせようとしても、器は小さいままです。

すぐに器が大きくなることはないので、地味ですが経験を増やして器を大きくしていきましょう。

ということで、以上になります。
最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

-LIFE