LIFE

ポジティブが疲れる理由【無理にポジティブにする必要なし】

ポジティブが疲れる理由【無理にポジティブにする必要なし】

こんにちは、シゲです。

・無理してポジティブになろうとして疲れる…

・ポジティブになって人生を豊かにしたいし、どうすればいいの?

というお悩みにお答えしていきます。

本記事の内容は下記です。

  • 1:ポジティブが疲れる理由
  • 2:無理にポジティブになる必要なし

ポジティブになろうとして、疲れてしまう自分にうんざりしていませんか?

正直、疲れるなら無理してポジティブになる必要はないですよ。

今度こそ、ゆとりある生活を送りたいという方は、最後まで読み進めてみて下さい。

3分で読めます。

1:ポジティブが疲れる理由

1:ポジティブが疲れる理由

ポジティブが疲れる理由は下記。

  • 理屈がなく感情先行
  • 本心とは違う言動が増える
  • 他人と関わることも増える
  • 無理しても理想は叶わない

各々、詳しく解説していきますね。

理屈がなく感情先行

ポジティブになろうとすると、理屈抜きで感情が先行しているので違和感を感じます。

私の場合だと、海外旅行に行った時に、友達に無理やりアクティビティに連れていかれて行かれて時に、「大丈夫だよ」と言われ続けたことですね。

結果的に、本気でアクティビティを楽しめなかったです。

ずっと感情だけで動いても疲れるだけですよ。

本心とは違う言動が増える

ポジティブになろうとすることは、本心とは違う言動を続けるからです。

例えば、ダイエットが辛いのに表向きは「ダイエットの達人」とか言われてニコニコ宣伝しないといけない状態なら、辛いですよね。

毎日帰宅後は、ぐったり疲れているはず。

何度も自分を裏切りっている気になるので、辛さはなくなりません。

他人と関わることも増える

それに、ポジティブな人ほど人付き合いが無駄に多くなります。

学校の人気者も、無駄に人付き合いが多いですよね。

正直、自分と価値観が合わない人と関わることが最も疲れます。

無理にポジティブになろうとしても、都合のいい人間関係になることはまずないでしょう。

無理しても理想は叶わない

それに、無理にポジティブになろうとしても理想は叶わないです。

ネガティブな人がポジティブになったとしても、成果が出せるわけではないからです。

例えば、YouTubeでもネガティブな発言からポジティブな発言を増やしても、稼げるようにはならないですよね。

理屈抜きに感情だけで行動しても、理想は叶わないです。

無理にポジティブを目指すのは辞めよう

ここまで解説してきた通り、下記理由からポジティブは疲れます。

  • 理屈がなく感情先行
  • 本心とは違う言動が増える
  • 他人と関わることも増える
  • 無理しても理想は叶わない

無理にポジティブを目指しても、ポジティブにはなれないし、理想の生活ができるようになはなりません。

無理にポジティブを目指すのは辞めましょう。

2:無理にポジティブになる必要なし

2:無理にポジティブになる必要なし

無理にポジティブになる必要がない理由は下記。

  • ポジティブはメリットだけではない
  • 無理してもポジティブになれない
  • ネガティブでも成果を出している人はいる

各々、詳しく解説していきますね。

ポジティブはメリットだけではない

ポジティブ=感情論になることが多いからです。

根拠もなく、感情論だけで行動しても結果は出ないです。

  • やればできる
  • 根性がないだけ
  • 何とかなる

上記言葉を使う時は、後から苦労することが多いし、予想よりも結果が出ないでしょう。

ポジティブは、メリットだけあるではほぼないので、ポジティブ=良いことという考えは非常識です。

無理してもポジティブになれない

人それぞれ合う性格があるからです。

ネガティブな人が、ポジティブになるには、相当無理をしないといけません。

オタクがパリピになれないのと同じです。

無理してもほぼポジティブになることはできません。

ネガティブでも成果を出している人はいる

また、ネガティブな人でも成果を出している人はいます。

例えば、芸能人でもネガティブを売りにテレビにで居る人も大勢います。

それに、ネットで顔出ししないで稼いでいる人達も、根がネガティブの人も多いです。

ネガティブでも成果を出している人はいますよ。

自虐的にならなくればOK

ただし、ネガティブで絶対にダメなのが、自虐的になることです。

自虐的になると、自分を自分で責めてしまう時間が増えます。

また、周囲からも近づかないようにしようと認識されてしまいます。

結果的に、自分のためになることが1つもないので、自虐はNG。

逆に言うと自虐を辞めれば、ネガティブでも上手く行くことが増えます。

無理にポジティブを目指す必要なし

ここまで解説してきた通り、下記理由から無理にポジティブになる必要はないですよ。

  • ポジティブはメリットだけではない
  • 無理してもポジティブになれない
  • ネガティブでも成果を出している人はいる

無理にポジティブになろうとしても、なれません。

結局、自分に合った生き方を目指すのが最適です。

3:無理にしてポジティブを目指さないでOK

本記事の内容をまとめます。

ポジティブが疲れる理由は下記。

  • 理屈がなく感情先行
  • 本心とは違う言動が増える
  • 他人と関わることも増える
  • 無理しても理想は叶わない

無理にポジティブになる必要がない理由は下記。

  • ポジティブはメリットだけではない
  • 無理してもポジティブになれない
  • ネガティブでも成果を出している人はいる

今回紹介した通り、無理にポジティブになろうとしても疲れはなくならないし、人生が良い方向に変えられません。

結局は、自分に合った生き方を見つけるのが、ゆとりある生活をおくるためには必要不可欠です。

無理にポジティブを目指すのは辞めて、自分に合った生き方を探してみて下さい。

-LIFE