LIFE

プレッシャーに弱い時の克服方法【5つ紹介】

プレッシャーに弱い時の克服方法【5つ紹介】

こんにちは、シゲです。

・プレッシャーに弱くて、いつも良い結果を出せない…
・プレッシャーを克服する方法を知りたいな~

というお悩みにお答えしていきます。

本記事の内容は、下記です。

本記事内容

1:プレッシャーに弱い時の克服方法
2:プレッシャーに弱いことを受け入れるのもあり

本記事を読み実施すれば、プレッシャーの弱さを克服することができるようになります。

なぜなら、人前で話すのが苦手で、プレッシャーに弱かった私が、本記事で紹介する方法を使い、プレッシャーを軽減させることができたからです。

上記背景を持つ私がノウハウを共有しますね。

1:プレッシャーに弱い時の克服方法

1:プレッシャーに弱い時の克服方法

プレッシャーに弱い時の克服方法は、下記5つです。

・他人の価値観を気にしない

・失敗=ダメという固定概念をなくす

・気持ちに余裕を作る

・目標設定を細分化する

・とりあえず、やってみることが重要

では、詳しく解説していきますね。

他人の価値観を気にしない

他人の価値観を気にすると、自分の価値観が正しいのか不安になるからです。

例えば、会社の上司と意見交換しているなら、下記のような感じですね。

自分(本音)「残業や休日出勤続きで、仕事を休みたい」

上司「会社の売上を増やすためにも、今回の事業は成功させろよ」

自分「…確かに、皆頑張っているし、自分の考えは甘えなのかもしれない…」

こんな感じで、他人の価値観を気にすると、自分の価値観が正しいのか不安になり、他人のプレッシャーを感じ続けてしまいます。

しかし、価値観は人それぞれ異なるため、良し悪しで判断できません。

他人の価値観を気にしても、損するだけですよ。

プレッシャーを減らすためにも、他人の価値観には無関心になりましょう。

失敗=ダメという固定概念をなくす

失敗=ダメという固定概念があると「絶対に成功されないと…」と感じ、プレッシャーになるからです。

例えば、初デートで「相手を絶対に楽しませないと…」考えると、空回りするはず。

しかし、無言でも安心できるくらいにならないと、長期間付き合い続けられないですよね。

また、失敗しない人なんていませんよ。

失敗するのは当たり前だし、失敗したからこそ成長できます。

失敗=ダメという固定概念は、損しかしないため、絶対に捨てましょう。

気持ちに余裕を作る

気持ちに余裕を作ると、不安な気持ちを減らすことができるからです。

例えば、担当していた仕事の納期が近いと、下記のように考えてしまい、プレッシャーに感じるはず。

・納期を守れなかったら、自分の責任だ

・納期が守れなかったら、周囲から嫌われそう

・評価が下がりそうだから、上司や同僚に頼れない

しかし、納期が3ヵ月先だったら、上記のような不安を感じることはないですよね。

このように、気持ちに余裕を作れば、不安を消せます。

プレッシャーを感じないためにも、気持ちに余裕を作りましょう。

目標設定を細分化する

目標設定を細分化することで、目標が小さくなり不安が減るからです。

目標が大きすぎると「自分が、本当にできるのかな?」という不安が強くなりますよね。

例えば、「会社の売上を、月200万円増やす」という目標だけだと、「本当にできるのかな?」と不安になるはず。

しかし、下記のように目標を細分化すれば、やることが明確になるため、不安を減らせます。

・月5件の契約を増やす(1件40万円)

・現在の作業を効率化して、月30H(1日1H)の時間を作る

・朝30分早く出勤する

このように、目標を細分化すれば、プレッシャーに感じにくくなりますよ。

「今の自分には、大きな目標だな~」と感じたら、目標設定を細分化してみて下さい。

とりあえず、やってみることが重要

行動してみないと、実際にプレッシャーを感じたままだからです。

例えば、好きな人にフラれるのが怖くて告白できないままだと、下記をずっと考え続けるため、プレッシャーを感じ続けますよね。

・フラれたら、傷つきそう…

・傷つきたくないけど、もっと近づきたい

・どうすればいいの?

それよりも、告白して付き合えるかを明確にした方が、結果はどうあれ前進できますよね。

プレッシャーを早く解消するには、行動して事実を明確にすることが必要不可欠です。

プレッシャーから解放されるためにも、早めに行動をしましょう。

行動して、プレッシャーから抜け出そう

ここまで解説してきた通り、下記方法でプレッシャーを克服することができます。

・他人の価値観を気にしない

・失敗=ダメという固定概念をなくす

・気持ちに余裕を作る

・目標設定を細分化する

・とりあえず、やってみることが重要

全て無料で実施できるので、仮に失敗しても損しませんよ。

自分の望んでいる結果を出すためにも、プレッシャーを克服しましょう。

2:プレッシャーに弱いことを受け入れるのもあり

2:プレッシャーに弱いことを受け入れるのもあり

ここからは補足なのですが、プレッシャーに弱いことを受け入れるのもありです。

理由は、プレッシャーがないと成長できないから。

例えば、仕事でもプレッシャーが感じない働き方をするなら、新しい事に挑戦しないですよね。

新しいことに挑戦しなかったら、新しいスキルや知識は覚えられません。

プレッシャーが全くないと、自分のためにならないため、プレッシャーに弱い自分を受け入れるのもありです。

プレッシャーよりも行動したかの方が重要

行動をしないと、現状維持のままだからです。

例えば、収入を増やしたいなら、新しく行動を始めないと収入を増やせませんよね。

行動しないと、プレッシャーから抜け出せないし、自分が望んだ結果を出せませんよ。

仮に失敗しても、現状維持より前進できるため、自分のためになります。

現状維持から抜け出すためにも、必ず行動しましょう。

どうしても辛いなら、諦めて辞めるのもあり

とはいえ、「プレッシャーがストレスになり、耐えられない…」という方もいるはず。

上記状態なら、諦めて辞めるのもありです。

なぜなら、ストレスで病気になったら、辛い日々を過ごすことになるから。

例えば、プレッシャーに潰されて、うつ病になったら、家に引きこもることが増えるはず。

正直、病気になるなら、逃げた方がマシですよね。

逃げても、人生がダメなることはないので、どうしても辛いなら、諦めて辞めるのもありですよ。

3:プレッシャーに弱くても問題なし

本記事の内容をまとめます。

プレッシャーに弱い時の克服方法は、下記5つ。

・他人の価値観を気にしない

・失敗=ダメという固定概念をなくす

・気持ちに余裕を作る

・目標設定を細分化する

・とりあえず、やってみることが重要

失敗しても、人生が終わることはないため、是非試してみて下さい。

また、プレッシャーに弱いことを受け入れるのもありですよ。

なぜなら、プレッシャーがないと成長できないから。

プレッシャーを感じつつ、早めに行動することで、急激に成長することができます。

プレッシャーに弱いことを受け入れるのもありです。

なお、どうしてもプレッシャーに押しつぶされそうなら、諦めて辞めましょう。

病気になった方が、人生が上手くいかなくなるため、自分を守るためにも諦めて辞めた方が良いです。

ということで、以上になります。
最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

-LIFE

© 2021 shigeblog