Road bike

ロードバイクでおすすめのバーテープ3選【用途別に選ぼう】

ロードバイクでおすすめのバーテープ3選【用途別に選ぼう】

こんにちは、シゲです。

・ロードバイクでバーテープを交換したい。
・使いやすいバーテープを教えて欲しいな~

というお悩みにお答えしていきます。

本記事の内容は下記です。

本記事内容


1:ロードバイクでおすすめのバーテープ3選
2:バーテープを選ぶコツ

本記事を読めば、自分に合ったロードバイク用のバーテープが見つかりますよ。

ロードバイク歴5年以上で、様々なバーテープを使ってきた私がノウハウを共有しますね。

1:ロードバイクでおすすめのバーテープ3選

1:ロードバイクでおすすめのバーテープ3選

ロードバイクでおすすめのバーテープは、下記3つです。

・Fizik(フィジーク) Tempo マイクロテックス クラシック

・OGK KABUTO(オージーケーカブト) プロフィットバーテープ

・VIVA(ビバ) コットンバーテープ

各々、詳しく解説していきますね。

Fizik(フィジーク) Tempo マイクロテックス クラシック

Fizik(フィジーク) Tempo マイクロテックス クラシックは、耐久性に優れており、長期間使い続けられることが特徴です。

私の友達が実際に使っていましたが、4ヵ月使用して汚れやハゲはごくわずかでしたね。

また、厚さが薄いため、グリップが太くなることがなく、非常に持ちやすかったです。

長期的に使い続けたいという方は、Fizik(フィジーク) Tempo マイクロテックス クラシックを使ってみて下さい。


OGK KABUTO(オージーケーカブト) プロフィットバーテープ

OGK KABUTO(オージーケーカブト) プロフィットバーテープは、グリップ力が高いのが特徴ですね。

実際に使ってみた結果、手が滑るということは一度もありませんでした。

また、テープ表面に凹凸があり、握った時の感触はかなり気持ちが良いですね。

安全面重視でブレーキをきちんと掛けたいという方は、OGK KABUTO(オージーケーカブト) プロフィットバーテープを使うのもありです。


VIVA(ビバ) コットンバーテープ

VIVA(ビバ) コットンバーテープは、その名の通りコットンでできているため、手の汗を吸ってくれます。

私は、手汗ひどいので、よく手が滑っていたのですが、これを使ってからは滑ることがなくなり、しっかりハンドルを持てるようになりました。

交換しながら3年以上愛用しているくらい気にいっています。

手汗が酷くて、素手で走行したいという方なら、おすすめですよ。


2:バーテープを選ぶコツ

2:バーテープを選ぶコツ

バーテープを選ぶ時のコツは、下記3つ。

・見た目で選ぶのは辞めるべき

・消耗品ということを忘れない

・実際に使ってみることが重要

上記を意識しつつ、バーテープを使ってみると、自分に合ったバーテープが見つかります。

見た目で選ぶのは辞めるべき

バーテープは消耗品で、すぐに買い替えが必要になるからです。

冬以外の季節でロードバイクに乗っている私は、年間2~3回ほどバーテープを変えていますよ。

このように、すぐに買い替えが必要になるため、見た目だけで決めるのは辞めましょう。

消耗品ということを忘れない

バーテープは、あくまでも消耗品です。

レースで勝つなどの高い目標がない限り、高品質な物は必要ありませんよ。

私は5年以上ロードバイクに乗っていますが、2,000円以下のそこそこな質の物で十分満足できています。

無理に高品質のバーテープは必要はないです。

“バーテープ=消耗品“ということを覚えておいて下さい。

実際に使ってみることが重要

ここまで、バーテープを選ぶコツを紹介してきましたが、参考程度に考えて貰って構いません。

なぜなら、実際に使ってみないと、何が合うかは分からないからです。

ダイエットでも、どの方法が続けられて効果が出やすいかは、人それぞれ違うしやってみないとわからないですよね。

バーテープも同じです。

実際に様々なバーテープを使って、自分に合うバーテープを見つけましょう。

とはいえ、私も実際に30本以上使ってきて「これは使いやすい」と思った3本を紹介しているので、まずは下記3本から使い初めてみて下さい。

izik(フィジーク) Tempo マイクロテックス クラシック
※耐久性が高く長期的に使える
※太すぎず握りやすい

OGK KABUTO(オージーケーカブト) プロフィットバーテープ
※グリップ力が高い
※凹凸があり、持つと気持ちが良い

VIVA(ビバ) コットンバーテープ
※手汗を吸収してくれる
※カラーバリエーションが豊富

3:バーテープを変えて快適に走行しよう!!

本記事の内容をまとめます。

ロードバイクでおすすめのバーテープは、下記3つ。

izik(フィジーク) Tempo マイクロテックス クラシック
※耐久性が高く長期的に使える
※太すぎず握りやすい

OGK KABUTO(オージーケーカブト) プロフィットバーテープ
※グリップ力が高い
※凹凸があり、持つと気持ちが良い

VIVA(ビバ) コットンバーテープ
※手汗を吸収してくれる
※カラーバリエーションが豊富

使用用途に合わせて、選んでみて下さい。

なお、バーテープを選ぶコツは下記。

・見た目で選ぶのは辞めるべき

・消耗品ということを忘れない

・実際に使ってみることが重要

バーテープはあくまでも消耗品なので、レースで勝とうとする人以外は、高品質の物は必要ありません。

実際に様々なバーテープを使ってみて、自分でしっくりくるバーテープを見つけてみて下さい。

ということで、以上になります。
最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

-Road bike