Road bike

ロードバイクの魅力とは?【最高の趣味になります】

ロードバイクの魅力【メリット、デメリットも紹介】

こんにちは、シゲです。

・ロードバイクを始めるか迷っている…
・ロードバイクを乗っている人から、魅力を教えて欲しいな~。

という悩みにお答えしていきます。

本記事の内容は、下記です。

本記事内容

1:ロードバイクの魅力とは?【7つ紹介】
2:始めてロードバイクに乗る時の注意点

本記事を読み実践すれば、ロードバイクの魅力が分かり、ロードバイクを始めるか判断することができるようになります。

ロードバイクにとりこになり、現在5年間趣味でロードバイクに乗り続けている私が、ノウハウを共有しますね。

1:ロードバイクの魅力とは?【7つ紹介】

ロードバイクの魅力

私が実際にロードバイクに乗り、感じている魅力は、下記7つです。

・人力で、車並みのスピードが出せる

・カスタマイズできる

・何歳でも楽しめる

・健康的になれる

・人付き合いが深まる

・行動範囲が広がる

・走行後のご飯が美味しい

人力で、車並みのスピードが出せる

ロードバイクなら、速度:50㎞/h以上のスピードを出して走行することもできるからです。

ロードバイクのプロレースの平均速度は、約40~50㎞/hとなっています。

プロレースだと、峠とかも多いため、平坦ではもっと早く走行していることが多いですね。

また、趣味程度に乗っている私でも、平均速度を25~30㎞/hほどで走行できています。

瞬間的になら、約40~50㎞/hほどで走行することもできますね。

走行中は、風邪を切って走れているため、めちゃくちゃ気持ちいいですよ。

人力で、車並みのスピードが出せることは、ロードバイクの魅力の1つです。

カスタマイズできる

ロードバイク本体に使っている部品を、取り換えたりすることで、自分だけのオリジナル自転車を作ることができるからです。

【例】
・フレームの色を変える

・変速機をグレードの高い物に変える

・ホイールを、軽い物に変更する

このように、ロードバイク本体をカスタマイズすることができます。

私も、サドル・バーテープ・ハンドルの位置などの小さい変更は頻繁にしています。

また、女性でバーテープを可愛い物に変えたり、おしゃれなロードバイクに仕上げている人もいますね。

自作することが好きな人は、非常に楽しめますよ。

ロードバイク本体をカスタマイズできることは、ロードバイクの魅力です。

何歳でも楽しめる

体が動かせるなら、自転車に乗るのと変わらなくロードバイクに乗ることができるからです。

私がロードバイクのイベントに参加した時は、小学生~60歳過ぎの方まで参加していましたよ。

皆さん、楽しそうにイベントに参加していました。

このように、ロードバイクは、何歳でも楽しむことができるスポーツです。

ロードバイクに飽きなくれば、長期間楽しめるため、趣味にするには最適ですよ。

また、「ロードバイクは、操作が複雑で素人には難しそう」と感じるかもですが、全然簡単です。

私が、初めてロードバイクに乗った時は、レンタルショップ店員さんの10分ほどの説明だけで、全て覚えられました。

変速などの操作も問題なく操作できましたね。

自転車に乗れれば、誰でもロードバイクに乗ることができるため、ハードルも全然高くないですよ。

何歳でも楽しめることは、ロードバイクの魅力の1つ。

健康的になれる

ロードバイクは、有酸素運動なので、痩せやすいからです。

私も、ロードバイクに乗り始めてから体重が5㎏ほど落とせて理想の体型をキープできています。

また、日頃日光を浴びる機会も少ないため、ロードバイクに乗ると日光を浴びる機会を増やせますよ。

健康維持のために、ロードバイクに乗っている人も大勢います。

健康的になれることは、ロードバイクの魅力ですね。

人付き合いが深まる

ロードバイクで、一緒に走行した人と会話をする時間が増えるからです。

【例】
・ゆったりと走行している時

・休憩をしている時

・昼食を取っている時

私も過去に、1日200㎞のロングライドを友達と走行した時に、12時間以上一緒にいたため、上記タイミングでめちゃくちゃ会話しました。

12時間以上も一緒にいるので、絶対に本音が出ますよね。

「あ~、そう考えているんだ」など、新しい発見があり、新鮮でしたね。

上記ロングライド後、本音で話す機会も増え、より仲良くなれました。

人付き合いが深めることができることは、ロードバイクの魅力です。

行動範囲が広がる

ロードバイクなら、長距離を走行できるし、電車や飛行機に乗せることもできるからです。

私は、電車や飛行機に乗せた時はないですがツールドフランス(世界一有名なレース)などのコースを走るために、海外に行く人もいるほどです。

私も、海を見るために県外の行った経験があります。

ロードバイクの魅力の1つは、行動範囲が広がることです。

走行後のご飯が美味しい

ロードバイクは、有酸素運動のため、多くのエネルギーを使うからです。

ロードバイクに乗るとめちゃくちゃお腹が減りますよ。

私は、ロードバイクに乗った後は、毎回ペコペコです。

私の体感ですが、走行後のご飯は、普段より2割以上美味しく感じますね。

例えるなら、下記状況に似てます。

・サウナに入った後の牛乳

・仕事終わりのビール

上記はめちゃくちゃ美味しいと感じませんか?

ロードバイク走行後のご飯も、同じような感動を得られます。

ロードバイクの魅力の1つは、走行後のご飯が美味しくなることです。

ロードバイクは最高の趣味になります

ここまで、解説してきた内容が、ロードバイクの魅力になります。

もう一度、貼っておきますね。

・人力で、車並みのスピードが出せる

・カスタマイズできる

・何歳でも楽しめる

・健康的になれる

・人付き合いが深まる

・行動範囲が広がる

・走行後のご飯が美味しい

正直、ここまでロードバイクの魅力をお伝えしてきましたが、文章だけだとロードバイクの魅力の3割程度しか伝えられていないと思います。

(私の実力不足です。すみません…)

たぶん、読者さんも「ロードバイクに魅力があることは、分かったけど、始めるきっかけまでには達していな」と感じているはず。

そこで、ロードバイクの魅力を100%知ってもらう方法を紹介します。

その方法は、実際にロードバイク乗ることです。

最終的に、読者さん任せになり、申し訳ないです…。

しかし、何事にも実際に経験してみないとわからなくないですか?

私は、読者さんの性格や状況を把握できないため、「絶対にロードバイクを始めた方がいい」とアドバイスはできません。

実際にロードバイクに乗ってみて、その魅力を確かめてみて下さい。

2:始めてロードバイクに乗る時の注意点

ロードバイクのデメリット

初めてロードバイクに乗る時の注意点は、すぐにロードバイクを購入することです。

ロードバイクは、初期投資が凄く高いため、購入後に魅力が分からなかったら、初期投資の費用分損をするからです。

正直、ロードバイクの初期投資は、10万円は軽く超えます。

購入後に魅力が分からなかったら、10万円以上損することになるので注意が必要です。

なお、ロードバイクの初期投資の費用を、詳しく知りたい方は、下記記事を参考にしてみて下さい。

ロードバイクの初期費用はいくら掛かるか【結論:最低12万円必要】

Road bike

ロードバイクの初期費用はいくら掛かるか【結論:最低12万円必要】

2019/6/18  

ロードバイク歴4年のシゲです。 ・ロードバイクを始めたいけど、高そう… ・なるべく、初期費用を抑えたい ・月々どれくらい費用がかかるのかも知りたいな~ というお悩みにお答えしていきます。 本記事の内容 ...

レンタルをして試し乗りしよう!!

レンタルをすれば、最低限の費用で、ロードバイクに乗ることができるからです。

高くても1日5,000円以内で借りれるはずです。

ちなみに、私がロードバイクを始める決断をした時は、レンタルをしてロードバイクに乗った時です。

爽快に走れて、めちゃくちゃ楽しかったことを覚えています。

ロードバイクの魅力を知るためにも、友達などを誘いレンタルしてロードバイクに乗ってみて下さい。

ということで、以上になります。
最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

-Road bike

© 2021 shigeblog