Road bike

ロードバイクの初期費用はいくら掛かるか【結論:最低12万円必要】

ロードバイクの初期費用はいくら掛かるか【結論:最低12万円必要】

ロードバイク歴4年のシゲです。

・ロードバイクを始めたいけど、高そう…
・なるべく、初期費用を抑えたい
・月々どれくらい費用がかかるのかも知りたいな~

というお悩みにお答えしていきます。
本記事の内容は、下記です。

目次

  1. ロードバイクの初期費用はいくら掛かるか
  2. 初期費用を抑える方法
  3. 月々いくら掛かるか?
  4. ロードバイクの始め方

本記事を読めは、ロードバイクの初期費用がいくら掛かるかわかります。

ロードバイク歴5年の私が、初期費用を抑える方法ノウハウを共有しますね。

1:ロードバイクの初期費用はいくら掛かるか

ロードバイクの初期費用はいくら掛かるか

結論ですが、ロードバイクの初期費用は、最低でも約12万円必要になります。

大まかな内訳は、下記。

・最低限必要な物:115,200~245,500円

・防犯登録:600円

結論は以上ですが、簡易的すぎるため、もう少し詳しい詳細を解説していきますね。

最低限必要な物

最低限必要な物の予算は、115,200~245,500円ほど必要になります。

なお、ふり幅が大きいのは、ロードバイクは価格がピンキリのためです。

今回は、初心者が購入すると想定しての解説なので、走行するのに必要な物だけを紹介していますね。

ロードバイクを本気で楽しむなら、サイクルジャージやサイクルコンピューターなどもあった方がいいでしょう。

しかし、それらの備品は後からでも購入することができるため、まずは走行するのに必要な物だけ揃えることをおすすめします。

では、具体的な内訳を紹介しますね。

品名 価格
ロードバイク本体 100,000~200,000円
ペダル 1,000~5,000円
ヘルメット 5,000~20,000円
ベル 500~2,500円
空気入れ 3,000~5,000円
1,000~3,000円
ライト(フロント) 2,000~5,000円
ライト(リア) 1,000~2,000円
予備チューブ 1,000~1,500円
パンク修正キット 200~500円
タイヤレバー 500~1,000円

最低額:115,200円
最高額:245,500円

【結果】115,200~245,500円ほど掛かります。

わたしも、初めてロードバイクを購入した時は、総額約20万円ほど掛かりました。

残念ですが、ロードバイクは、他のスポーツと比べて初期投資は高いのは事実です。

しかし、ロードバイクは他のスポーツにはない魅力がたくさんありますよ。

私は、ロードバイクを購入して、費用対効果は十分にあると感じています。

ロードバイクの魅力について詳しく知りたい方は、下記記事をどうぞ。

ロードバイクの魅力【メリット、デメリットも紹介】

Road bike

ロードバイクの魅力とは?【最高の趣味になります】

2019/6/14  

こんにちは、シゲです。 ・ロードバイクを始めるか迷っている… ・ロードバイクを乗っている人から、魅力を教えて欲しいな~。 という悩みにお答えしていきます。 本記事の内容は、下記です。 本記事内容 1: ...

防犯登録

ロードバイクを購入したら、防犯登録は義務化されているため、絶対に登録する必要があります。

価格は約600円です。

そこまで高くありませんね。

しかし、「登録方法がわからない」と疑問に感じるはず。

安心して下さい。

ロードバイクを購入したショップで登録代行してくれるので、面倒な手続きは不要ですよ。

私も専門ショップで購入したので、購入時に防犯登録をしてもらいました。

住所などの情報を、紙に記載するだけの簡単な手続きです。

私は、5分以内で書類を提出しました。

ただし、自作でロードバイクを組み立てたなら、自分で防犯登録をしないといけません。

もし、自作ロードバイクを作ろうとしているなら、登録代行してくれるロードバイクショップに、下記を持っていき、手続きを済まして下さい。

・販売証明書

・身分証明書

・登録手数料(約600円)

・登録の対象となる自転車

2:初期費用を抑える方法

初期費用を抑える方法

ここからは、なるべく初期費用を抑える方法を紹介します。

具体的には、下記2つになります。

・グレードの高いロードバイクを買わない

・必要最低限の物だけ揃える

グレードの高いロードバイクを買わない

ロードバイクを購入時に、グレードの高いロードバイクを選ぶのは辞めましょう。

実際には、 コンポーネント(ブレーキや変速機など)やフレームの種類(アルミやカーボン)などの部品により、グレードが変わり、価格も大きく変動します。

ふり幅は、約10万~200万円以上で、かなり大きいですよね。

そのため、初期費用を抑えたい方は、事前に予算を決めておいて、予定より高いグレードの物は買わないようにすることが重要。

私が、専門ショップで初めてロードバイクを購入した時、店員さんに「こっちの方が似合うと思いますよ」とワングレード高いロードバイクを進められましたが、事前に予算を20万円以内と決めていたので、断ることができました。

さらに、店員さんに予算を伝えることで、予算の内でのアドバイスを貰うことができ、非常に良かったです。

あなたも初期費用を少しでも抑えたいなら、購入前に予算を決めて、予算以内に収めましょう。

ただし、 安すぎるロードバイクは、ブレーキ能力などが甘く、事故に遭いやすくなります。

コンポーネント(ブレーキや変速機など)は、シマノの105以上のグレードがおすすめ。

必要最低限の物だけ揃える。

少しでも費用を抑えたいなら、走行することができる必要最低限の物だけを揃えましょう。

なぜなら、初めてロードバイクを購入する人の大半は、「サイクリング」や「街乗り」が目的だからです。

「サイクリング」や「街乗り」が目的なら、ロードバイクで走行できれば、問題ないですよね。

まずは、最低限の物だけを揃え、ロードバイクの走行を楽しんでみて下さい。

とはいえ、「サイクルコンピューターなどの備品もあった方が便利だよね」と感じる方もいるはず。

確かに、サイクルジャージやサイクルコンピュータなどがあれば、疲れにくくなったり、走行距離などの情報を知ることができるため、楽しみが増えます。

しかし、サイクルジャージやサイクルコンピュータなどの備品は、後から追加購入できます。

私も、ビンディングシューズを始めて購入したのは、初めてロードバイクを購入した時から6か月後ですし、サイクルコンピュータを付けたのは1年後ですよ。

その前までは、走行することだけで十分に楽しめていました。

まずは、最低限の物だけを揃え、ロードバイクの走行を楽しみましょう。

初期費用を少しでも抑えたい方は、必要最低限の物だけの購入でOKです。

3:月々いくら掛かるか?

月々いくら掛かるか?

ここからは「月々、どれくらい費用がかかるのか知りたい」という方に向けた内容になります。

結論は、月に約1,800円ほどですね。

具体的には、下記内訳になります。

① 飲み物代

1日  =280円(ペットボトル2本×140円)

1ヵ月 =1,120円(4回×280円)

※週に1回ロードバイクに乗ったとした仮定した時

② メンテナンス代

オイル   =1,000円

クリーナー =1,000円

合計    =2,000円

※ただし、1ヵ月で使い切ることはないため、私の経験から約3ヵ月で使い切ると計算します。

2,000円÷3 =667円

1ヵ月に掛かる費用の最終結果は、下記になります。

飲み物代    =1,120円

メンテナンス代 =667円

合計      =1,787円

【結果】1,787円掛かります。

このように、ロードバイクは、初期費用は高いですが、月々掛かる費用は少なくて済みます。

たとえば、テニスなら、毎回テニス場を借りる必要がありますよね。

テニス場を1回借りるだけでも、500円以上するはず。

メンテナスをきちんとしていれば、20年以上乗ることもできるし、費用対効果は非常に良いです。

私のように、ロードバイクを趣味にするのもありですよ。

4:ロードバイクの始め方

ここまでが、ロードバイクの初期費用についての全てです。

後は、ロードバイクを始めるかどうかだけですね。

とはいえ、「高い買い物だし、後悔したくない」と感じるはず。

そこで、ロードバイクの始め方について、詳しく解説した記事を紹介します。

ロードバイクを始めるか悩んでいる方は、是非参考にしてみて下さい。

ロードバイクの始め方【わかりやすく説明します】

Road bike

【初心者向け】ロードバイクの始め方【全7ステップで解説】

2019/6/16  

こんにちは、シゲです。 ・ロードバイクを始めたいけど、始め方がかわからない ・また、ロードバイク初心者が注意することを教えて欲しい というお悩みにお答えしていきます。 本記事の内容は、下記です。 目次 ...

ということで、以上になります。
最後まで読んで頂き、ありがとうございます。

-Road bike

© 2021 shigeblog