Road bike

ロードバイクがダサいと思われる理由【対処方法も紹介】

ロードバイクがダサいと思われる理由【対処方法も紹介】

こんにちは、シゲです。

・ロードバイクがダサいと思われるのはなぜだろう?
・また、ダサいと思われないようにしたいな~

というお悩みにお答えしていきます。

本記事の内容は、下記です。

目次

  1. ロードバイクがダサいと思われる理由
  2. ロードバイクがダサいと思われた時の対処方法

本記事を読めば、ダサいと思われた時の対処方法がわかります。

ロードバイクに乗っている時に知り合いから「似合ってない。ダサいな~」と言われたが、ロードバイクを5年以上乗り続けている私がノウハウを共有しますね。

1:ロードバイクがダサいと思われる理由

ロードバイクがダサいと思われる理由

ロードバイクがダサいと思われる理由は、下記3つです。

・サイクルジャージを着ている

・手袋をしている

・ヘルメットのデザイン

では、詳しく解説していきますね。

サイクルジャージを着ている

サイクルジャージは、空気抵抗を少なくするために、ピチピチな恰好になるからです。

体のラインがはっきりとわかるため、ダルダルな体系だとダルダルな体系をさらしている状態なため、客観的にみてもダサく感じてしまいますよね。

また、サイクルジャージ自体が派手なデザインが多く、シンプルなデザインが少ないのもダサいと思われる原因の1つですね。

私は毎年ロードバイクのイベントに参加しています。

参加者を確認していると、お腹が出過ぎている人でもサイクルジャージを着ていて、「さすがに、痩せた方がいいよ」「お腹が出てるのがわかりダサいな」と感じてしまいますね。

ただし、サイクルジャージを着ることで、空気抵抗を減らすことができるため、疲れにくく走行できます。

また、走行スピードも上がるため、快適にロードバイクに乗ることはできますよ。

性能を取るか見た目を取るかは、読者さんに任せますが、ロードバイクがダサいと思われる要因にはなっていますね。

手袋をしている

ロードバイクに乗っていない人からすると、半袖で手袋している見た目が、ダサいと感じるからです。

確かに、ロードバイクに乗る私でも、半袖に手袋はダサいと感じますね。

しかし、ロードバイクに乗っていると、手汗で操作ミスを起こしたり、手に掛かる負荷が大きくなるため、安全面などを考えても着用しておいて方がいいと思います。

実際に、峠の下り坂をロードバイクで走行していると、ブレーキを頻繁に掛けるため、手が痛くなりますよ。

徐々に握力も弱くなってきますね。

安全面と見た目のどっちを取るかは、読者次第ですが、手袋がロードバイクをダサくしているのは間違いありません。

ヘルメットのデザイン

ロードバイク用のヘルメットは、丸い形状の物が多く、実際に着用してみるとキノコみたいに見えるからです。

また、ロードバイクのヘルメットは、海外メーカーが多いため、ヘルメット自体が大きめに作られているのもキノコみたいに見える原因になります。

私はロードバイクに乗る時に絶対にヘルメットを被りますが、鏡で自分の姿を確認すると、「キノコみたいで似合ってないな」と毎回感じていますね。

ロードバイク用のヘルメットは、丸い形状の物が多く、実際に着用してみるとキノコみたいに見えるため、ダサく思われてしまいます。

2:ロードバイクがダサいと思われた時の対処方法

ロードバイクがダサいと思われた時の対処方法

ここからは、ロードバイクがダサいと思われた時の対処方法を紹介します。

ダサいと思われたくないと感じている方は、是非試してみて下さい。

具体的な方法は、下記4つです。

・批判を気にしない

・サイクルジャージを着ない

・手袋をしない

・ヘルメットを変える

では、詳しく解説していきますね。

批判を気にしない

ダサいなどの批判を気にしなくれば、問題ないです。

ダサいと思われたとしても、一瞬の時間だけですよね。

今後付き合いもない人に一瞬だけダサいと思われたとしても、その意見を全て受け止めて気分を悪くする必要なんてないはずです。

また、周囲の批判を気にして、サイクルジャージを着ないなどの対応してしまったら、ロードバイクで快適に走行することができず、ロードバイク本来の楽しみ方ができなくなってしまいます。

私はせっかくロードバイクに乗っているのに、周囲を気にして楽しむことができないのは嫌なので、ダサいなどの批判は気にしていません。

そのおかげで、サイクルジャージを着るのも抵抗がないし、コンビニなどもサイクルジャージのまま普通に買い物していますよ。

ロードバイクを本気で楽しむためにも、ダサいなどの批判を気にしなくてOKです。

サイクルジャージを着ない

どうしても、ダサいと思われたくない人は、サイクルジャージを着ること辞めましょう。

ロードバイクを街乗りや通勤通学に使っている人は、サイクルジャージを着なくても問題ないからです。

そのため、サイクルジャージの変わりに、私服を着ることで、見た目のビジュアルが一般人と変わらなくなるため、ダサいと思われなくなります。

私は、よく高校生などが通学にロードバイクを使っているところを見かけます。

制服でロードバイクに乗っていても、特にダサいとは思わないですよ。

私達は所詮、趣味でロードバイクに乗っているため、ダサいと思われたくないなら、サイクルジャージを着なくてもOKです。

ちなみに、私は使う用途により、服装を変えるべきと思っています。

実際に私も、買い物の時は、私服でロードバイクに乗っていますよ。

使う用途に合わせて、服装を変えるのもありです。

詳細を知りたい方は、下記記事を参考にしてみて下さい。

ロードバイクの服装はどう選ぶべきか【結論:使う用途で分けよう】

Road bike

ロードバイクの服装はどう選ぶべきか?【使う用途別でOK】

2019/6/12  

こんにちは、シゲです。 ・ロードバイクを始めたが、どんな服装で乗るのが正解なのかな? ・ガチな人は、ピチピチな服着てるけど、自分が着るにはチョット恥ずかしい。 というお悩みに、お答えしていきます。 本 ...

手袋をしない

どうしても、ダサいと思われたくない人は、手袋を着用することを辞めましょう。

手袋は、汗で手が滑らないようにすることと、手に掛かる負担を軽減させる目的に着用しています。

基本的は、手袋を付けていた方が、安全面から考えても絶対にいいでしょう。

しかし、手袋を付けてなくても、ロードバイクに乗ることは可能です。

どうしても、一般の人にダサいと思われたくない人は、手袋を外すのもありですよ。

私は夏場でロードバイクに乗る時は、手袋を着用していません。

理由は、手袋を着用していると蒸れてしまい、「手がムズムズする」「手袋を外したい」などと感じ、走行自体に集中できなくなるからです。

ただし、手袋を着けないと安全面は確実に低下するので、自己責任で判断して下さい。

どうしてもダサいと思われたくないならは、手袋を外すのもありです。

ヘルメットを変える

ヘルメットのデザイン及びサイズを、自分に合った物に変えることで、頭の形がキノコに見られなくなるからです。

私は毎年ロードバイクのイベントに参加していますが、イベント参加者を見て、「あの人ヘルメット着けても違和感ないな」と感じる人もいますよ。

逆に「ヘルメットのサイズ絶対でかいでしょ」と感じる人もいて、そういう人はキノコみたいだなと思う人もいます。

ヘルメットのデザインとサイズで、ダサさが大きく変わるため、自分に合ったヘルメットを見つけてみて下さい。

おすすめのヘルメットは、下記。


レースなどにも出る予定なら、軽量に作られているため、おすすめです。


つばも付いているため、キノコぽくなりづらいですよ。

街乗りメインならこちらもありです。

ということで、以上になります。
最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

-Road bike

© 2021 shigeblog