Road bike

ロードバイクにフラットペダルはあり?【全然あり】

2021年3月3日

ロードバイクにフラットペダルはあり?【全然あり】

こんにちは、シゲです。

・ロードバイクを買ったけど、競技的な走行は好きじゃない…。

・快適に走行するために、フラットペダルはありなのかな?

というお悩みにお答えしていきます。

本記事の内容は下記です。

  • 1:ロードバイクにフラットペダルはあり?【全然あり】
  • 2:とはいえ、将来的にはビンディングペダルを使うのもあり

「ロードバイクで走行するのは楽しいけど、競技的な走行はあまりしたくない」「趣味程度で使うのが目的だし、フラットペダルでいいのかな?」と疑問に感じていませんか?

正直、フラットペダルでも全然ありです。

本記事を最後まで読み実施すれば、自分に合ったペダルを選べて、快適な走行ができるようになりますよ。

ロードバイク歴5年以上で、フラットペダルも使ったことがある私がノウハウを共有しますね。

1:ロードバイクにフラットペダルはあり?【全然あり】

1:ロードバイクにフラットペダルはあり?【全然あり】

ロードバイクにフラットペダルがありな理由は、下記2つ。

  • 街乗りならフラットペダルの方が楽
  • 立ちコケ防止

各々、詳しく解説していきますね。

街乗りならフラットペダルの方が楽

靴はスニーカーでいいので、履き替える必要性はないし、歩くのも楽だからです。

ビンディングシューズだと、金具が外に出ているため、歩きにくいですよ。

それに、ビンディングは消耗品のため、定期的な出費が発生します。

しかし、フラットペダルなら、初期費用だけで済みます。

街乗りや趣味の走行がメインなら、絶対にフラットペダルの方が楽です。

用途により、ペダルを使い分ければいいので、ロードバイクにフラットペダルもあり。

立ちコケ防止

また、フラットペダルを使えば、ペダルと靴が固定されていないため、転ぶことを回避しやすくなります。

ペダルと靴が固定されているビンディングペダルは、慣れないと転びます。

私も、始めてビンディングペダルを使った時は、3回ほど転びました。

ロードバイク操作に慣れていない状況なら、より転ぶ可能性が高くなるでしょう。

転ぶのを防ぐためにも、ロードバイク操作に慣れるまで、フラットペダルを使うのもあり。

趣味で走行しているならフラットペダルもあり

ここまで解説してきた通り、下記理由からロードバイクにフラットペダルも全然ありですよ。

  • 街乗りならフラットペダルの方が楽
  • 立ちコケ防止

ロードバイクは、レース用の自転車なので、フラットペダルだとバカにされそうと感じるかもですが、趣味で乗っている人も多いため、気にしなくて大丈夫です。

レースとか興味ないし、自分の思うように走行するのが好きという方は、フラットペダルを使うのもあり。

ガッツリ走行しない方は、是非使ってみて下さい。

2:とはいえ、将来的にはビンディングペダルを使うのもあり

2:とはいえ、将来的にはビンディングペダルを使おう
フラットペダルを使うのもありですが、ロードバイクの楽しみを増やすなら、将来的にはビンディングペダルにした方が良いです。

理由は、下記3つ。

  • 早く走行できるようになる
  • 疲れにくい
  • ロードバイクの魅力により気づける

各々、詳しく解説していきますね。

早く走行できるようになる

ビンディングペダルは、靴とペダルが固定できるので、引く力も利用できるからです。

特にヒルクライム(上り坂)になると、約3割以上力が増す感じですね。

平均すると2~5㎞/hは速くなります。

少しでも速く走行できるようになるためにも、将来的にはビンディングペダルを使うことも視野に入れましょう。

疲れにくい

また、引く力も使えるため、無駄な体力を消耗しないで済みます。

100㎞以上走行するロングライドなど、なるべく体力を保ちつつ走行する時にも役に立ちますよ。

ビンディングペダルは、体力温存にも使えるので、将来的に使うことも検討しましょう。

ロードバイクの魅力により気づける

また、ビンディングペダルを使えば、疲れにくくそして速く走行できるため、普段行けない場所に行くことも可能です。

行動範囲が広がり、良さげなレストランとかも見つけられるかもですよ。

私もビンディングペダルを使うようになってから、行動範囲が広がり知らない道も良く走行するようになりましたね。

  • あれ、景色綺麗だ
  • この店のピザ旨い

など、新しい発見もありますね。

ビンディングペダルを使うことで、よりロードバイクの魅力に気づけますよ。

ビンディングペダルはフラットペダルの代用になる

また、最悪ビンディングペダルをフラットペダルのように使うこともできます。

具体的には、ビンディングシューズを履かずに走行するだけです。

私も実際にスニーカーで走行した時はありますが、初めから簡単に走行できましたよ。

将来的にビンディングペダルを使ってみたいな~と考えているなら、初めからビンディングペダルを使ってみるのもありです。

ビンディングペダルを使ってみよう

ここまでビンディングペダルのメリットを紹介してきましたが、実際に試してみないことには、自分に合っているか実感できないですよね。

将来的にビンディングペダルも試してみたいなら、フラットペダルの代わりにもなるため、初めからビンディングペダルを使ってみて下さい。

繰り返しになりますが、実際に試してみないとビンディングぺダルの良さを実感できません。

自分に合っているか確かめるためにも、ビンディングぺダルを試してみて下さい。

3:ロードバイクにフラットペダルもあり

本記事の内容をまとめます。

ロードバイクにフラットペダルがありな理由は、下記2つ。

  • 街乗りならフラットペダルの方が楽
  • 立ちコケ防止

用途に合ったペダルを選べば問題ありません。

街乗りや通勤通学だけが目的なら、フラットペダルの方が使い勝手が良いです。

街乗りや通勤通学だけが目的で、ロードバイクに乗っているなら、フラットペダルを使ってみて下さい。

とはいえ、本気でロードバイクを楽しみたいなら、ビンディングペダルがおすすめです。

  • 早く走行できるようになる
  • 疲れにくい
  • ロードバイクの魅力により気づける

フラットペダルの代用としても使えるため、将来的にビンディングシューズを使う予定がある方は、初めからビンディングペダルを使ってみて下さい。

ということで、以上になります。
最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

-Road bike