Road bike

ロードバイクで街乗りは不便です【不便さを解消する方法も紹介】

ロードバイクで街乗りは不便です【不便さを解消する方法も紹介】

こんにちは、シゲです。

・ロードバイクを街乗りに使うのはどうなのかな?

というお悩みにお答えしていきます。

本記事の内容は下記です。

本記事内容


1:ロードバイクで街乗りは不便です【理由を解説】
2:街乗りの不便さを解消する方法

本記事を読めば、ロードバイクで街乗りが不便なことがわかります。

ロードバイク歴5年以上の私がノウハウを共有しますね。

1:ロードバイクで街乗りは不便です【理由を解説】

1:ロードバイクで街乗りは不便です【理由を解説】

ロードバイクが街乗りに不便な理由は、下記5つ。

・荷物の持ち運びが大変

・専用のシューズが必要

・パンクしやすい

・盗難に遭いやすい

・駐車しにくい

各々、詳しく解説していきますね。

荷物の持ち運びが大変

前カゴがないため、買い物の荷物を持ち運ぶのには向いていないからです。

ロードバイクで荷物を持ち運ぶとしたら、片手走行になるため危険ですよね。

安全面を考えたら、街乗りにロードバイクは向いていません。

専用のシューズが必要

また、ロードバイクは速さを求めるため、ペダルとシューズを固定するので、専用のシューズを履く必要があるからです。

外出の度にシューズを履き替えるのはマジでめんどくさいですよ。

また、ロードバイクを降りて歩く際も、固定する部分が地面にぶつかり、めちゃくちゃ歩きにくいです。

ロードバイクで街乗りは不便ですよ。

パンクしやすい

また、ロードバイクのタイヤは細いため、パンクしやすいですよ。

街乗りでパンクしたら帰るのも辛いし、パンクを直すにも出費が必要になります。

ロードバイクは、凸凹などに弱いので、凸凹が多い街乗りには向いていません。

盗難に遭いやすい

ロードバイクは10万円以上する物なので、盗難に遭いやすいです。

ホイールのみでも、5万円以上する物もあるので、部品単体だけ狙う人もいますよ。

それに、工具1つで鍵も壊れるので、完全に守ることは不可能です。

盗難に遭わないためにも、街乗りにロードバイクは不便です。

駐車しにくい

ロードバイクは、スタンドがないし、傷つけないために近くに自転車がない場所に駐車する必要があるからです。

ロードバイクは、駐車に向いていないため、街乗りには向いていません。

ロードバイクに街乗りは不便

ここまで解説してきた通り、下記理由からロードバイクで街乗りは向いていません。

・荷物の持ち運びが大変

・専用のシューズが必要

・パンクしやすい

・盗難に遭いやすい

・駐車しにくい

街乗りだけが目的なら、ロードバイクを選ぶのは辞めましょう。

2:街乗りの不便さを解消する方法

2:街乗りの不便さを解消する方法

なお、「どうしてもロードバイクで街乗りしたい」と考えている方もいるはず。

そこで、街乗りの不便さを解消する方法を紹介しますね。

具体的には、下記3つです。

・リュックを使う

・フラットペダルに変える

・パンク修理キットを持ち運ぶ

正直、不便な状況を100%解消することはできません。すみません。

とはいえ、不便さを少しだけ減らせることはできるので、是非試してみて下さい。

リュックを使う

リュックを使うことで、ある程度の荷物を持ち運ぶことができるからです。

リュック1つ持っていけば、1泊くらいの小旅行も可能ですよ。

荷物の持ち運びが楽になるので、是非使ってみて下さい。


フラットペダルに変える

フラットペダルを使えば、専用のシューズに履き替える必要がなく、スニーカーで走行できるからです。

歩きやすくもなるし、準備も楽ですよ。

街乗りには、フラットペダルが向いているので、街乗りがメインならフラットペダルを使いましょう。


パンク修理キットを持ち運ぶ

パンク修理キットを持ち運べば、最悪パンクしても修理して帰ることができるからです。

その場でパンクを修理できるようにしておくためにも、下記は準備しておきましょう。

・タイヤレバー
・チューブ
・CO2ボンベ
・パンク修理キット

【タイヤレバー】

【チューブ】

【CO2ボンベ】

【パンク修理キット】

3:ロードバイクを買うなら、趣味にしよう

本記事の内容をまとめます。

ロードバイクが街乗りに不便な理由は、下記5つ。

・荷物の持ち運びが大変

・専用のシューズが必要

・パンクしやすい

・盗難に遭いやすい

・駐車しにくい

ロードバイクは、街乗りには向いていません。

本当にロードバイクが欲しいなら、走行自体を楽しむ必要があることを覚えておいて下さい。

なお、どうしても、ロードバイクで街乗りをしたいなら、下記方法を試してみて下さい。

・リュックを使う
・フラットペダルに変える
・パンク修理キットを持ち運ぶ

【リュック】

【フラットペダル】

【タイヤレバー】

【チューブ】

【CO2ボンベ】

【パンク修理キット】

ということで、以上になります。
最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

-Road bike

© 2021 shigeblog