Road bike

ロードバイクにサイクルキャップは必要?【必須ではないけど合った方が良い】

ロードバイクにサイクルキャップは必要?【必須ではないけど合った方が良い】

こんにちは、シゲです。

・ロードバイクにサイクルキャップは必要なのかな?

というお悩みにお答えしていきます。

本記事の内容は下記です。

本記事内容


1:ロードバイクにサイクルキャップは必要?【必須ではないけど合った方が良い】
2:サイクルキャップを使ってみよう

本記事を読めば、サイクルキャップを被って走行した方が良いか分かります。

ロードバイク歴5年以上で、サイクルキャップを使っている私がノウハウを共有しますね。

1:ロードバイクにサイクルキャップは必要?【必須ではないけど合った方が良い】

1:ロードバイクにサイクルキャップは必要?【必須ではないけど合った方が良い】

結論は、必須ではないけど合った方が良いです。

理由は、下記5つ。

・サイクルキャップがなくても走行できる

・雨や日差しを防げる

・汗を吸ってくれる

・見た目が良くなる

・髪型が乱れにくくなる

各々、詳しく解説していきますね。

サイクルキャップがなくても走行できる

サイクルキャップがなくても、ロードバイクで走行することが可能だからです。

ロードバイクを使う目的は、速く走行することですよね。

サイクルキャップがなくても、走行することはできるので、サイクルキャップは必須ではないです。

とはいえ、サイクルキャップには、様々な利点があるので使う価値がありますよ。

雨や日差しを防げる

サイクルキャップはツバが付いているので、雨や日差しから顔を守ることができるからです。

夏場だと、顔の日差しを防ぐだけでも、暑さが和らいだと感じるくらいです。

また、雨の日もサイクルキャップのツバで、目に水滴が入らないで済み、視界を広く持つことができるため、安全面も高い状況を維持できます。

安全で快適に走行することができるので、サイクルキャップを使う価値はあります。

汗を吸ってくれる

また、サイクルキャップを使えば、髪や頭の汗を吸収してくれます。

汗が目に入って痛い思いもしなくなるし、汗で髪が乱れることも少なくなります。

サイクルキャップを使えば、髪や頭の汗を吸収してくれますよ。

見た目が良くなる

意外かもですが、ヘルメットの下にサイクルキャップを被れば、見た目が大きく変わります。

正直、ロードバイクがダサくなる要因の3割は、ヘルメットで決まると言っても過言ではありません。

サイクルキャップを被ることで、ツバが出るので、見た目がキノコっぱくなくなるので、見た目もマシになります。

見た目をかっこよく見せるためにも、サイクルキャップを使うのはあり。

髪型が乱れにくくなる

サイクルキャップを被ることで、髪を固定できるからです。

髪が長い人なら、走行中に髪が乱れて邪魔になることもないし、髪に変な癖がついて寝癖みたいになることもなくなります。

サイクルキャップを使うと、髪型が乱れなくて済みますよ。

サイクルキャップは全然あり

ここまで解説してきた通り、サイクルキャップは必須ではありませんが、合った方が良いです。

・サイクルキャップがなくても走行できる

・雨や日差しを防げる

・汗を吸ってくれる

・見た目が良くなる

・髪型が乱れにくくなる

私も実際に走行する時に被っていますが、本当に役に立っていますよ。

サイクルキャップを使うのは全然ありです。

2:サイクルキャップを使ってみよう

2:サイクルキャップを使ってみよう

後は、サイクルキャップを実際に使ってみて自分に合っているか確かめてみるだけです。

正直、私がこの記事でどれだけ良いよと伝えても、実際に使ってみないと良さがわからないはず。

サイクルキャップが、自分に合っているか確かめるためにも、実際にサイクルキャップを使ってみて下さい。


3:サイクルキャップを使う価値あり

本記事の内容をまとめます。

下記理由から、サイクルキャップは必須ではないけど合った方が良いです。

・サイクルキャップがなくても走行できる

・雨や日差しを防げる

・汗を吸ってくれる

・見た目が良くなる

・髪型が乱れにくくなる

正直、サイクルキャップがなくても走行はできます。

しかし、サイクルキャップを被った方が、より快適に走行することができますよ。

ロードバイクの走行を快適にしたいなら、サイクルキャップを使うのもありです。

後は、実際に使ってみて自分に合っているか確かめてみましょう。

何事も経験なので、どっちの方が自分は走行しやすいか確かめるためにも、1度使ってみて下さい。


ということで、以上になります。
最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

-Road bike