Road bike

初心者がロードバイクレースに参加するのはあり?【結論:あり】

初心者がロードバイクレースに参加するのはあり?【結論:あり】

こんにちは、シゲです。

・ロードバイクを初めたけど、レースはガチ感が強いくて参加しにくい…
・ロードバイク初心者は、レースに参加しちゃだめなのかな?

というお悩みにお答えしていきます。

本記事の内容は下記です。

本記事内容


1:初心者がロードバイクレースに参加するのはあり?【結論:あり】
2:レースに参加するなら、毎日乗ろう

本記事を読めば、初心者でもロードバイクレースに参加しても問題ないことがわかります。

ロードバイク歴5年以上で、1年目からレースに参加してきた私がノウハウを共有しますね。

1:初心者がロードバイクレースに参加するのはあり?【結論:あり】

1:初心者がロードバイクレースに参加するのはあり?【結論:あり】

結論から言うと、初心者でもロードバイクレースに参加するのは全然ありですよ。

詳細を解説していきますね。

初心者向けレースもある

ロードバイクレースには、下記のような種類があり、初心者コースも作られているからです。

・エンデューロ

・クリテリウム

・ヒルクライム

それぞれの特徴は、長くなるので説明は省きますが、初めて参加するならエンデューロが最適です。

エンデューロは、チームでバトンを繋ぎながら周回数を競うレースなので、チーム以外の人に迷惑が掛かることはないです。

また、チームメイトも自分達で決めて良いので、友達を誘えば気楽に走行できますよ。

レースの雰囲気も味わえるので、初めてならエンデューロレースに参加してみるのが良いと思ます。

【経験談あり】レースが終われば気にされない

仮に、「実力もない奴がこのレースに参加するなよ」と思われたとしても、気にしなくて大丈夫ですよ。

なぜなら、そのレースが終われば、一生関わらないから。

私も、実力がなくてヒルクライムレースに参加した時がありますが、レースが終わったら同じく参加した友達以外は関わってないですよ。

それに、「実力もない奴がこのレースに参加するなよ」という雰囲気を出している人は一切いなかったですね。

思っているよりも全然優しいと感じたことを今でも覚えています。

レースが終われば、関わらなくなる人達なので、最悪どう思われても良くないですか?

初心者でもレースに参加する権利は、あるので思い切って参加してみて下さい。

思っているよりハードル高くないじゃんと感じるはずです。

周囲よりも自分が楽しむことの方が重要

また、レースに参加するのは、自分のためですよね。

ガチな人達も、自分やチームが勝つためにレースに参加します。

入賞を狙ってない人でも、自分が楽しむために参加して悪いことはありませんよね。

周囲の人より、自分が本気で楽しむことの方が重要です。

自分が楽しめればいいので、周囲は気にせずレースに参加しましょう。

気が引けるなら、ロングライドイベントもあり

なお、「レースは、ハードルが高いと感じるし、不安…」と悩んでいるなら、ロングライドのイベントに参加するのもありですよ。

ロングライドは、皆で長距離を走行するイベントです。

小学生など小さい子も参加できるし、数百人以上参加しているイベントのため、レース感は感じません。

また、皆で楽しむことが最大の目的のイベントになっているため、実力がなくても問題ないです。

人と一緒に走行する経験ができるので、レースに参加するための一歩になりますよ。

レースはちょっと…と不安なら、まずロングライドのイベントに参加してみて下さい。

2:レースに参加するなら、毎日乗ろう

2:レースに参加するなら、毎日乗ろう

レースに参加するのは、自分が楽しむのが一番の目的ですが、どうせレースに参加するなら、ちょっとでも良い結果を出したいですよね。

それに、皆でゆるく走行するのも楽しいですが、レースには別の魅力もありますよ。

正直、レースの魅力は、レースに参加してみないと本当に理解できないと思います。

また、レースの魅力に気づくと、ロードバイクの楽しさの幅が広がり、よりロードバイクを好きになれます。

レースの魅力を知るためにも、日々練習をしてちょっとでも良い結果を出しましょう。

ロードバイクのおすすめローラー台【3選】

Road bike

ロードバイクのおすすめローラー台【3選】

2020/10/28  

こんにちは、シゲです。 ・ロードバイクでもっと早く走行したい!! ・練習を増やすためにもローラー台が欲しいな~ ・でも、どのローラー台を選んでいいかわからない というお悩みにお答えしていきます。 本記 ...

自分の限界に挑戦するとスッキリできる

また、自分の限界に挑戦すると気持ちがスッキリできます。

あなたも、ロードバイクを初めて乗った時に、めちゃくちゃ気持ち良くなかったですか?

自分の限界ギリギリで走行して完走した時は、初めてロードバイクに乗った時に近い感覚で満足感で満たされます。

日常生活は、色々考えて生きていかないといけないですが、ロードバイクに乗っている時は別です。

色々考えすぎて溜まっているストレスを解消するためにも、レースに参加して自分の限界に挑戦してみて下さい。

ローラー台で毎日乗ろう

自分の限界まで走行して気持ちをスッキリさせるためにも、レースに参加しましょう。

とはいえ、練習不足でレースに参加してしまうと、レースの魅力にも気づけないし、最悪ケガもしてしまい、私生活にも支障が出てしまいます。

ケガ防止やレースの魅力を実感するためにも、トレーニングを実施しておきましょう。

ロードバイクのおすすめローラー台【3選】

Road bike

ロードバイクのおすすめローラー台【3選】

2020/10/28  

こんにちは、シゲです。 ・ロードバイクでもっと早く走行したい!! ・練習を増やすためにもローラー台が欲しいな~ ・でも、どのローラー台を選んでいいかわからない というお悩みにお答えしていきます。 本記 ...

3:初心者でもロードバイクレースに参加OK

本記事の内容をまとめます。

初心者でもロードバイクレースに参加するのは全然あり。

初心者向けのレースもあるので、「実力がないから…」と不安になる必要はないですよ。

それに、「何でこんな奴が…」と思われたとしても、レース後ほぼ会わなくなるので安心して下さい。

まずは、初心者でも参加しやすいエンデューロレースに、友達を誘って参加してみましょう。

また、どうしてもレースは怖いという方は、ロングライドイベントから初めてみて下さい。

ロングライドイベントは、皆で楽しく走行することが目的なので、実力がなくても参加できます。

なんなら、ママチャリで参加している人もいるくらいですよ。

大勢と走行できる機会にもなるため、レースに参加する一歩にするのもありですよ。

なお、結果を出せば出すほどレースの魅力を知ることができます。

レースの本当の楽しさを知るためにも、トレーニングをしてからレースに参加してみて下さい。

ロードバイクのおすすめローラー台【3選】

Road bike

ロードバイクのおすすめローラー台【3選】

2020/10/28  

こんにちは、シゲです。 ・ロードバイクでもっと早く走行したい!! ・練習を増やすためにもローラー台が欲しいな~ ・でも、どのローラー台を選んでいいかわからない というお悩みにお答えしていきます。 本記 ...

ということで、以上になります。
最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

-Road bike

© 2021 shigeblog