Road bike

ロードバイクで夜に走行するメリットと注意点【必需品も紹介】

ロードバイクで夜に走行する時のメリット・デメリット

こんにちは、シゲです。

・ロードバイクで夜に走行してみたい。
・でも、夜は危険そうだし、注意点を知りたいな~。
・ついでに、夜に走行する時の必需品を教えて欲しい。

というお悩みにお答えしていきます。

本記事の内容は下記です。

目次

  1. ロードバイクで夜に走行するメリットと注意点
  2. 夜に走行する時に、必要な物

本記事を読み実施すれば、快適に夜ロードバイクで走行できるようになります。

ロードバイク歴5年で、毎年夜にロードバイクで走行している私が、ノウハウを共有しますね。

1:ロードバイクで夜に走行するメリットと注意点

ロードバイクで夜に走行するメリットと注意点

メリット

ロードバイクで夜に走行するメリットは、下記4つ。

・涼しい(夏場)

・夜景が綺麗

・車通りが少ない

・集中して走行できる

では、詳しく解説していきます。

涼しい(夏場)

夏場の夜にロードバイクで走行すると涼しく感じ、快適に走行できます。

夏場の昼間だと、気温も30°を超えますし、直射日光が直接体に当たるため、非常に暑く感じますよね。

しかし、夜は気温も25°以下になりますし、日光を直接浴びなくて済むため、非常に涼しく快適にロードバイクに乗ることができます。

私の体感だと、夜は昼間に比べて、気温が10°近く違うと感じ、かなり疲れにくく快適に走行することができました。

ロードバイクに乗りたい気持ちはあるのに、夏場だと昼間は暑すぎてロードバイクに乗る気になれないですよね。

ロードバイクは乗りたいけど、暑すぎてやる気が出ないという方は、夜に走行みて下さい。

昼間より快適に走行することができ、夜のライドにハマるはずです。

夜景が綺麗

夜にロードバイクで走行すると、綺麗な夜景を見ることができ、気分を変えることができるため、ロードバイクのモチベーションを保つのにも利用できます。

同じ場所でも、昼間と夜で光景が全然違います。

正直、走行するルートが決まっているとまた同じ風景かと感じ、飽きません?

しかし、夜だと昼間では見れない月や星なども見ることができますし、ふっとした街の風景でも電気の光などで雰囲気が全然変わります。

そのため、何回も通った時がある道でも、気分を変えることができ飽きづらいため、ロードバイクに乗る楽しさを増やすせます。

私も同じコースを走る時は、たまに夜に走行して気分を変えていますね。

夜に走行すると「今日は月が満月なのか」「あれここって夜居酒屋なんだ」などと新しい発見があり、楽しいですよ。

昼間の走行に飽きたら、夜に走行して気分を変えてみて下さい。

車通りが少ない

夜にロードバイクで走行すると、車通りが少なく、ストレスが軽減できるため、快適に走行することができます。

ロードバイクは基本的には、車道を走行する乗り物のため、車との距離も非常に近いです。

ロードバイクで車道を走行していると、真横を通る車にぶつからないかなど気を使いますよね。

しかし、昼間より夜の方が、車通りが少なくなり、気を使うことが減るため、快適に走行することができます。

私個人の体感で申し訳ないですが、同じコースを昼間と夜で走行した時の車量を比較すると、約2倍ほどの差がありました。

もちろん、地域や時間帯でバラツキはあるので、正確ではないものの、夜の方が車通りが少なくなるのは共通しているはず。

ストレスなく快適に走行したいなら、夜のライドを試してみて下さい。

集中して走行できる

夜にロードバイクで走行すると、車や人通りなどが少なくなるため、気を使う範囲が少なくて済むからです。

そのため、走行することに集中でき、ロードバイク自体の面白さを実感しやすくなります。

私は、夜にロードバイクに乗る時は、必ず一人で走行します。

一人で走行することで、マイペースに走行することができますし、ロードバイクに乗ることだけに集中できるため、誰にも気を遣わずに済み、ロードバイクの面白さを実感できるからです。

夜のライドが終わった後は、「ロードバイクってやっぱり楽しいな」と再確認することが多いですね。

始めた乗った時の、ロードバイクの楽しさを思い出すためにも、夜にロードバイクで走行してみて下さい。

注意点

ここからは、ロードバイクで夜に走行する注意点を紹介します。

具体的には、下記2つが注意点です。

・視界が狭くなる

・路面が見えにくい

では、詳しく解説していきます。

視界が狭くなる

当たり前ですが、夜だと視界が暗くなるため、電灯などがないと数メートル先も確認できない状況になるからです。

そのため、事故に遭ったりする可能性が高くなります。

私の体感では、昼間の視界が100%としたら、夜の視界では、ライトがあっても40%程度しか見えません。

そのため、夜だと10~20mくらい先しか見ることができず、道路の段差などの障害を判断することが、遅くなってしまいます。

夜走行する時は、走行スピードなどを落とし、安全第一で走行することが重要です。

路面が見えにくい

理由は、夜は視界が狭くなるため、昼間に比べて路面確認も遅くなるから。

私の体感ですが、夜に視界が狭い状況で、道の溝などを発見するのは、昼間に比べてかなり難しいです。

夜にロードバイクで走行していると、「さっきの溝危なかったな」と感じることも多いですね。

ケガなどのリスクを減らすには、全く通ったことがない道は避けて、馴染みのある道を通ることをおすすめします。

何度も通ったことがある道なら、溝なども熟知しているため、事故などのリスクを減らすことができますよ。

私も、夜ロードバイクで走行する時は、全く通ったことがない道は避けています。

【補足】お店が閉まっている

ここからは補足になります。

夜にロードバイクに乗ってしまうと、大抵のお店が閉まっているデメリットがあります。

そのため、お腹が空いてもコンビニで済ませることが大半ですし、急に自転車用品が必要になっても買うことができません。

私も夜にロードバイクで走行している時に、「お腹減ったな」と感じてもコンビニでパンを購入して食べるくらいです。

本来なら、おしゃれな個人店のカフェなどで食事をしたいところですよね。

また、突然パンクをして修理に失敗したら、自転車専門ショップなどで、チューブを購入したいと考えますが、夜だと自転車専門ショップは閉まっているため、歩いて帰るしかありません。

お店が閉まっているのは、夜にロードバイクで走行する残念ポイントですね。

【補足】ヒルクライムができない

夜にロードバイクでヒルクライム(山登り)はできません。

ヒルクライムは、登る時は辛いですが、頂上についた時に何とも言えない達成感をありますよね。

そのため、ヒルクライムが好きな人は、昼夜問わず登りたいと感じるはずです。

しかし、山は電灯などが全くないため、夜間に走行すると非常に暗く、視界がより狭くなり走行しづらくなります。

また、山は熊などの動物も多くいるし、走り屋などの荒れた運転の車も通るため、ケガなどの危険性も高い。

そのため、夜はヒルクライム(山登り)をするのは辞めましょう。

私は、夜にヒルクライムをしようと、入り口まで行った時がありました。

しかし、周りは非常に暗く、鳥などの嫌な鳴き声が聞こえてきて、怖くなってしまい、ヒルクライムをすることができませんでした。

ビビりと言われれば、それまでですが、危険を考えたら、絶対夜にヒルクライムをするのは、辞めましょう。

2:夜に走行する時に必要な物

夜に走行する時に、必要な物

夜に走行する時に、必要な物は、下記3つになります。

・フロントライト

・リアライト

・反射ベスト

では、詳しく解説していきます。

フロントライト

理由は、フロントライトが無いと視界が全く見えなくなるから。

事故のリスクを避けるためにも、夜走行するなら、フロントライトは必須です。

今からフロントライトを購入するなら、下記フロントライトがおすすめ。

輝度も1000ルーメンと非常に明るく、ロードバイクで夜に走行するには十分な明るさです。

また、充電もUSB充電のため、電池を変えないで済むのも便利ですね。

さらに、IPX6の防水規格に対応しているため、雨などの豪雨でも壊れず使用することができます。

低価格で購入できるため、費用対効果は非常に高い。

ロードバイクで、夜の走行をするなら、安全面から考え、フロントライトは必ず購入しておきましょう。


夜にロードバイクで走行する時に、フロントライトは必ず必要です。

リアライト

リアライトが付いていないと、後ろから来る車などに「自転車がいるよ」と知らせることができないからです。

上記状態が続くとロードバイクと車の衝突事故になってしまい、大ケガをする可能性が高くなります。

夜にロードバイクで走行する時は、絶対に必須です。

ちなみに、私が愛用しているリアライトは下記。

点灯方法が点灯・点滅・ラピッドの3種類あり、後ろから見てもかなり目立つため、後方の車は気づくことができます。

また、最低でも約60時間ほど発光することができるため、電池を変えなくても長期間使うことができますよ。

リアライトはこれ1個で十分です。私も5年間これを愛用して重宝しています。


夜にロードバイクで走行する時には、リアライトは必須アイテム。

反射ベスト

反射ベストは、上半身に反射板が付いているため、前後左右でからくるライトに反応して発光してくれて、周囲の人に認識をしてもらえるからです。

フロントライト、リアライトだけだと、認識してもらうには少し足りないため、夜にロードバイクで走行する時は、絶対に必須なアイテムになります。

工事現場での人みたいで、着用は恥ずかしいかもですが、安全面を考えたら、大したことないです。

また、すれ違う時に、どうせ顔を確認されないため、恥ずかしがる必要はありませんよ。

夜走行する時は、安全面を優先して、必ず着用しましょう。

おすすめの反射ベストは下記になります。

素材がゴム素材のため、体にフィットしますし、簡単に脱着をできる構造になっていいるため、使いやすいです。

また、価格も1,000円ほどと良心的価格にですよね。


夜にロードバイクで走行する時に、反射ベストは必須です。

ということで、以上になります。
最後まで、読んでいただきありがとうございます。

-Road bike

© 2021 shigeblog