Road bike

ロードバイクでキャンプをするのは辞めるべき【楽しめません】

ロードバイクでキャンプをするのは辞めるべき【楽しめません】

こんにちは、シゲです。

・ロードバイクでキャンプに行きたい。
・でも、ロードバイクのキャンプは本当に楽しいのかな?

というお悩みにお答えしていきます。

本記事の内容は下記です。

本記事内容


1:ロードバイクでキャンプをするのは辞めるべき【理由を解説】
2:ロードバイクとキャンプは別々で楽しもう

本記事を読み実施すれば、ロードバイクでキャンプをするのは辞めた方が良いことがわかります。

ロードバイク歴5年以上で、キャンプも実施している私がノウハウを共有しますね。

1:ロードバイクでキャンプをするのは辞めるべき【理由を解説】

1:ロードバイクでキャンプをするのは辞めるべき【理由を解説】

ロードバイクでキャンプをするのは辞めるべき理由は、下記7つ。

・荷物が増えて走行しづらい

・雨が降った時にロードバイクが劣化する

・ロードバイクが盗まれる可能性もある

・夜を楽しめない

・複数人と楽しめない

・買い出しが大変

・帰りがだるい

結論から言うと、ロードバイクとキャンプは別々に楽しんだ方が良いです。

では、各々詳しく解説していきますね。

荷物が増えて走行しづらい

当たり前ですが、キャンプ用品をロードバイクで運ばないといけなくなるからです。

・テント

・寝袋

・鉄板 など

どんなに軽くしても、5㎏は増えるため、走行しづらいですよ。

荷物が増えるため、快適に走行するのが難しくなります。

雨が降った時にロードバイクが劣化する

キャンプをしている間は、ロードバイクを外に放置しているからです。

雨になると、水分が含まれてしまうので、サビなどが発生するきっかけになってしまいますよ。

ロードバイクの劣化を加速させないためにも、ロードバイクでキャンプは辞めるべきです。

ロードバイクが盗まれる可能性もある

テントで寝ている時に、外で放置されているロードバイクはセキュリティが甘くなるからです。

また、キャンプ場は、鍵が掛ける所があるかもわかりません。

ロードバイクでキャンプは、ロードバイクを盗まれる可能性が高くなるので辞めた方が良いです。

なお、どうしても盗まれたくないと感じる方は、ブザーを使うのもあり。

ブザーが鳴ればほとんどの人は盗むのを辞めるはず。

どうしても盗まれたくない方は、是非使ってみて下さい。


夜を楽しめない

キャンプ場は、山の中にあることが多く、行くだけでも労力を使うため疲れてしまい、すぐに寝てしまうからです。

キャンプは、夜を楽しむのも魅力の1つですよ。

ロードバイクを移動手段にしてしまうと、キャンプを本気で楽しめません。

複数人と楽しめない

ロードバイクを移動手段にしてしまうと、基本的にソロキャンプになるからです。

ソロキャンプも楽しいですが、やはりキャンプは複数人でBBQなどするのが一番です。

ロードバイクは基本的にソロキャンプになるため、キャンプの本気で楽しみたいならロードバイクで移動するのは辞めるべきです。

買い出しが大変

また、買い忘れが発生した時に、ロードバイクだと買い出しがめちゃくちゃ大変です。

買い出しには、ヒルクライムが必要になるため、本当に大変ですよ。

車なら、楽に買い出しもできます。

ロードバイクでキャンプは、買い出しが大変になるので、辞めた方が良いです。

帰りがだるい

また、キャンプが終わったあとロードバイクで帰るのは本気でめんどくさいですよ。

正直、キャンプだと熟睡することは難しいため、疲れも抜けません。

疲れが抜けていない状況で、ロードバイクに乗るのはちょっと気が引けますよね。

それに、疲れていると、気が抜けやすく事故に遭いやすいのも注意すべきですね。

帰りがだるくなるので、ロードバイクでキャンプは辞めた方が良いです。

ロードバイクでキャンプは向いていません

ここまで解説してきた通り、下記理由から、ロードバイクでキャンプをするのは辞めた方が良いです。

・荷物が増えて走行しづらい

・雨が降った時にロードバイクが劣化する

・ロードバイクが盗まれる可能性もある

・夜を楽しめない

・複数人と楽しめない

・買い出しが大変

・帰りがだるい

ロードバイクとキャンプは、それぞれの良さを打ち消してしまいます。

しっかり楽しむためにも、ロードバイクでキャンプを実施するのは辞めましょう。

2:ロードバイクとキャンプは別々で楽しもう

ロードバイクとキャンプはそれぞれ魅力があり、本気で楽しむなら別々に実施した方が確実に良いです。

ロードバイクは、荷物を少なくして快適な走行を目指しましょう。

また、キャンプは車で荷物運び、夜間のんびり過ごすことを目指して下さい。

ということで、以上になります。
最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

-Road bike

© 2021 shigeblog