Road bike

【初心者向け】ロードバイクのグループライドで注意する点

【初心者向け】ロードバイクのグループライドで注意する点

ロードバイクを始めて4年ほど経ったシゲです。

・始めてロードバイクのグループライドに挑戦するから不安。
・楽しくグループライドをするためにも、注意点を知りたい。

というお悩みにお答えしていきます。

本記事の内容は、下記です。

目次

  1. ロードバイクのグループライドで注意する点
  2. グループライドのメリット
  3. グループライドができる仲間を作る方法

始めてグループライドをする時は、不安になりますよね。

私も始めてのグループライドは緊張しました。

本記事を読み実践して頂ければ、ロードバイクのグループライドの不安を解消できますよ。

ロードバイク歴5年で、毎年仲間達とグループライドをしている私がノウハウを共有しますね。

グループライドを楽しむためにも、是非最後まで読んでみて下さい。

1:ロードバイクのグループライドで注意する点

ロードバイクのグループライドで注意する点

ロードバイクのグループライドで注意する点は、下記7つ。

・マイペース走行は辞める

・車間距離は必ず開ける

・声及びハンドサインを心がけよう

・適度な休憩をとる

・競争意識は辞める

・機材の自慢は辞める

・「今日は調子悪い」は言わなくていい

各項目ごとに、詳しく解説していきます。

マイペース走行は辞める

グループライドで走行するグループ員は、各々楽だと思う走行スピードが異なるからです。

もし、自分がマイペースで走行して、グループの中で一番遅かったら、どう思いますか?

・みんなと離れてしまった。待たせてしまって申し訳ないな

・結局一人で走っている時より、他の人に気も使うし余計に疲れちゃう

きっと上記考えになり、グループライドが嫌いになるはず。

私も友人5人とグループライドに出かけた経験があります。

そのグループには、初心者が1人居て、1番ペースが遅かったです。(初心者なので当然ですよね)

しかし、友人3名は我慢できなかったんでしょう。

「競争するから」と言い残し、先に行ってしまいましたね。

残りの1人と私で、一番遅い人にペースを合わせながら走行して、全員なんとか完走することができました。

しかし、後日一番遅かった人に「また、グループライド行かない?」と誘っても「いや、ちょっとその日は予定あって…」と断られる回数が増えましたね。

きっと前回のグループライドが楽しいと思えなかったからでしょう。

このように、グループライドをする時は、一番遅い人にペースを合わせて走行することが重要になります。

注意ポイント

ただし、グループの中で自分が一番遅いなら、最後尾に回りマイペースで走行するのもあり。

無理に周りのペースに合わせても、すぐに疲れてしまい、最終的にグループ員に迷惑が掛かってしまうから。

最悪、一人で走ることになりますが、グループ員に迷惑が掛かるよりマシですよね。

なお、どうしても、遅いのが嫌なら、疲れにくくなるしかありません。

コツが分かる記事を張っておくので、試してみて下さい。

【初心者向け】ロードバイクが疲れる原因は?【対策方法も紹介】

Road bike

【初心者向け】ロードバイクが疲れる原因は?【対策方法も紹介】

2019/7/2  

こんにちは、シゲです。 ・ロードバイクを乗っていると疲れる。 ・疲れる原因を知り、疲れにくい走行をしたいな~。 ・ロードバイクが疲れなくなる方法を教えて欲しい。 というお悩みにお答えしていきます。 本 ...

車間距離は必ず開ける

グループライドは、前方に走行している人が風除けになり、自分が受ける空気抵抗を減らせるため、疲れにくくかなり楽に走行することができます。

しかし、車間距離を短すぎると、衝突事故などになる可能性が高くなります。

私も過去に、友人と2人で並んで車間距離を短く走行していました。

たぶん、1mもなかったと思います。

しかし、前方にいた友人が、急にブレーキをかけ私が避け切れず、衝突しましたね。

幸いなことに、走行スピードが遅かったため、友人も私もケガをはしませんでしたが、ヒヤッとしたことを覚えています。

それ以降は、車間距離を最低でも3mは開けるようにして走行していますね。

自分の身体を守るためにも、グループライドをする時は、車間距離を開けましょう。

声及びハンドサインを心がけよう

声やハンドサインをすることで、グループ員に次の行動を知らせることができるからです。

また、注意喚起にもなるため、声を出すことやハンドサインをすることは非常に大切になります。

私は、毎年ロングライド(長距離を大人数で走行する)のイベントに参加しています。

イベントに参加する人の大半は、後ろから車が来たら声を出して「車きまーす」と危険を前方の参加者に伝えます。

また、ハンドサインで曲がる方向を、後方の参加者に教えたりもしていますね。

グループライドをする時は、グループ員の安全を守るためにも、声及びハンドサインを心がけましょう。

適度な休憩をとる

グループ員は、それぞれ休憩が必要なペースが異なり、疲れ方にバラツキがあるからです。

例えば、一番走れる人が、「まだ大丈夫だ」と考えて休憩を取らないでおくと、グループ員のなかで一番疲れている人が、ハンガーノックなどになってしまい、体に力が入らない状態になる可能性があります。

自分だけではなく、グループ員の体調なども配慮して、適度な休憩をとりましょう。

私は、最低でも1時間に1回は取るようにしています。

競争意識は辞める

グループライドで、競争意識があると、遅い人のモチベーションが下がるからです。

例えば、グループ内で競争したとして、毎回自分が一番遅かったら、下記感情になるはず。

・自分センスないな

・毎回負けるし、つまらない

・もう一緒に走りたくない

このように、モチベーションが下がりますよね。

また、後から「俺の方が速かったな」など自慢されたら、もっと嫌な気分になるはず。

人間関係も悪くなるし、最悪の場合、ロードバイクに乗ることを辞めてしまう可能性もあります。

グループライドは、あくまでもみんなで楽しむことが目的のため、競争意識は辞めましょう。

とはいえ、「どうしても競争したい」と考える人はいるはず。

その場合は、レースに出てみて下さい。

ガチな人が多いため、刺激を貰えるはずです。

機材の自慢は辞める

ロードバイクの機材は、一つ一つ高価な物が多く、自慢をすると「自分はお金持っている」と主張しているみたいになるからです。

たとえば、ホイールだと、ミドルグレードで約5万円ほどします。

コンポなら、5万円オーバーもザラにあります。

嫌味にも聞こえるため、ロングライド中の機材自慢は辞めましょう。

ただし、相手から使用感想などを聞かれたら、相手も知りたい欲が強いため、話をするのもありです。

「今日は調子悪い」は言わなくていい

これは、競争意識と似てますが、競争に負けて「今日は調子悪い」って言ったら、ただの言い訳にしか聞こえないからです。

誰でも、言い訳を聞かされたら、嫌な気分になりますね。

言い訳が続くと「この人は言い訳が多い人だからな」と思われてしまい、人間関係も悪くなってしまいます。

人間関係を良好にしておくためにも、グループライドをする時は、「今日は調子悪い」は言わないようにしましょう。

2:グループライドのメリット

グループライドのメリット

ここからは、グループの楽しさを少しでも知ってもらいたいので、グループライドのメリットを紹介します。

グループライドのメリットは、下記3つです。

・疲れづらく走行できる

・色んな人と会話できる

・気分が変わる

では、詳しく解説していきますね。

疲れづらく走行できる

グループライドをすることで、空気抵抗を減らすことができるからです。

私の体感で申し訳ないですが、一人で走るよりも2~3割ほど、楽に走行できています。

また、「みんなと一緒に走行しているから頑張ろう」という気持ちになるため、気持ちが高揚しますね。

気持ちが高揚したまま走行していると「疲れた」より「楽しい」の方が優先されて、疲れづらく感じます。

疲れづらく走行できることは、グループライドのメリットです。

色んな人と会話ができる

グループライドをすると、休憩時間などで、グループ員と他愛もない話ができるからです。

日頃話さない内容の話なども聞けるため、面白いと感じますよ。

例えば、昼食などで初めて行った店などの感想も聞いたり、話たりできます。

ちなみに、私がグループ員と一番盛り上がった会話は、イベントに参加した際、「サイクルジャージを逆にはいて、お尻のパットがまったく見えない」グループ員がいたという話題です。

非常にくだらないですが、こんなくだらない会話も一人ではできませんよね。

どんな内容で、盛り上がるかはわからないですが、ふっとした話題でも盛り上がることがあるのも、グループライドをする魅力の一つです。

気分が変わる

グループライドをすることで、「みんなで走行できている」「色んな会話ができてスッキリした」などの一人では得られない気分を味わえるからです。

私は基本的に、一人でロードバイクに乗る方ですが、年に4回ほど5名以上でグループライドをします。

たまに、大人数で走行するのも、新鮮さがあり非常に楽しいです。

友人の状況や心境なども知れて、「自分ももう少し頑張らないといけないな」と思う機会にもなっていますね。

確かに、1人でロードバイクに乗っていると、周りに気を使わないで済むため楽ですよね。

しかし、ずっと1人で走行していると寂しく感じないですか?

寂しさをなくすためにも、グループライドは有効です。

ロードバイクの良いところは、1人でも大人数でも楽しむことができることですよ。

ロードバイクの楽しさを最大限に活かすためにも、グループライドにも挑戦してみて下さい。

3:グループライドができる仲間を作る方法

グループライドができる仲間を作る方法

ここからは、「グループライドの魅力は分かったけど、一緒に行ける人がほぼいない」という方に向けた内容になります。

グループライド仲間が欲しい方は、是非読んでみて下さい。

グループライドができる仲間を作る具体的な方法は、下記3つ。

・友達を誘う

・サイトやSNSで探す

・イベントに参加して仲間を作ろう

では、詳しくみていきましょう。

友達を誘う

友人を巻き込むことで、グループライドの仲間が増えますし、様々なイベントにも参加することができるからです。

私がロードバイクを始めたのは、友人に誘われたのがきっかけ。

始めは「ちょっと興味あるし、レンタルしてみようかな」と思い立ち、ロードバイクをレンタルしました。

レンタルしたロードバイクで、友人と走行してみると、思っている以上に楽しくて「ロードバイク面白い」と感じましたね。

そこから、数日後には、ロードバイクを購入していました。

そこからは、誘ってくれた友人と良く一緒に走行して楽しんでいます。

グループライドの仲間を作るために、友人を誘ってみましょう。

ただし、ロードバイクの初期投資は安くないため、レンタルから誘うと良いでしょう。

サイトやSNSで探す

最近だとサイトやSNSでも募集しているサイトがあります。

無料で簡単に募集することもできるため、是非、利用してみて下さい。

イベントに参加して仲間を作ろう

ちょっと難易度が高いかもですが、イベントに参加して仲間を作るのもありです。

人は、目的が一致すれば、どんな人でも共感することができます。

そのため、イベントに参加して、声を掛けてみることで、十分に仲間を増やすことは可能。

始めは緊張するかもしれませんが、恥ずかしいのはその瞬間だけなので、勇気を持って声を掛けてみて下さい。

全国のイベントがまとまっているサイトを紹介します。

あなたの住んでいる地域の近くに、イベントがあるか確認して参加してみて下さい。

ということで、以上になります。
最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

-Road bike

© 2021 shigeblog