Road bike

【夏必見!!】暑さに負けずロードバイクで快適に走行する方法

ロードバイクを乗る時に暑さで注意する点【対策方法もあり】

こんちには、シゲです。

・暑さに負けず、快適にロードバイクに乗る方法を知りたい。
・また、具体的な暑さ対策方法を教えて欲しい。

というお悩みにお答えしていきます。

本記事の内容は、下記です。

目次

  1. 暑さに負けずロードバイクで快適に走行する方法
  2. 具体的な暑さ対策方法

本記事を読み実践すれば、暑さに負けずロードバイクで快適に走行できるようになります。

ロードバイク歴5年以上で、夏も毎年ロードバイクに乗っている私がノウハウを共有しますね。

1:暑さに負けずロードバイクで快適に走行する方法

暑さに負けずロードバイクで快適に走行する方法

暑さに負けずロードバイクで快適に走行する方法は、下記4つです。

・水分補給

・エネルギー補給(糖分など)

・日差し対策

・頻繁に休憩を取る

では、詳しく解説していきます。

水分補給

体内の水分がなくなると、熱中症になり体調不良になるからです。

特に夏は、気温が高く、汗で体内の水分がなくなりやすいため、頻繁に水分補給を取るべきですね。

私は、15分に1回のペースで水分補給するように心掛けています。

また、私は毎年ロードバイクのイベントに参加していますが、夏場になると毎回1人以上熱中症で倒れる人がいて、必ず水分補給などの注意アナウンスが流れていますね。

暑さに負けず、ロードバイクで快適に走行するには、水分補給が重要になります。

エネルギー補給(糖分など)

エネルギ―を補給しないと低血糖になり、ハンガーノックになるからです。

ハンガーノックとは、低血糖になって体が動かなくなる状態ですね。

特に暑い日は、エネルギーを大きく消費するため、定期的に補給食でエネルギーを摂取する必要があります。

私は、実際にハンガーノックになった時はないのですが、海外のプロレースを動画で見ていても、ハンガーノックになっている選手がいますね。

その映像をみた時は、全く力が出ていないのがわかり、ギアも一番軽いギアで走行していましたが、数㎞走行後、チームカーに止められ、レースをリタイアしていていました。

リタイア直後、一気に顔色が青ざめて他の人に寄りかかっている状態で、「大丈夫かな…」と心配になるレベルですね。

暑さに負けず、ロードバイクで快適に走行するには、エネルギー補給が重要になります。

日差し対策

日差しに当たると、下記状況になるからです。

・体温が上がり、消耗が激しくなる

・日焼けをして、シミになる

私は、5年以上毎年夏にロードバイクに乗っていますが、季節の中で消耗が一番激しいですね。

暑さに負けず、ロードバイクで快適に走行するには、日差し対策が重要になります。

頻繁に休憩を取る

頻繁に休憩を取ることで、水分や糖分などを補給する機会を増やせるからです。

私は暑い時に、ロードバイクに乗る際、必ず1時間に1回は、休憩を挟むようにしていますね。

ロードバイク初心者なら、「少し休憩取り過ぎかも」と感じるくらいで、丁度いいと思います。

暑さに負けず、ロードバイクで快適に走行するためにも、頻繁に休憩を取りましょう。

2:具体的な暑さ対策方法

具体的な暑さ対策方法

具体的な暑さ対策方法は、下記8つ。

・昼間に走行を避けて、朝夜に走行する

・保冷機能が高いボトルを使う

・スポーツドリンク+水を用意する

・糖分、塩分を摂取できるサプリを食べる

・専用の補給食を食べる

・日焼け止めクリームを使う

・サイクルキャップを使う

・インナーを着る

では、解説していきます。

昼間に走行を避けて、朝夜に走行する

当たり前ですが、昼間が一番気温が上がるからです。

私は、夏に朝・昼・夜全ての時間帯で走行した経験がありますが、昼に比べ朝と夜に走行した時の方が3割ほど消耗が少なかったですね。

気温が低い時間帯を狙って、ロードバイクに乗った方が快適に走行できますよ。

個人的には、夜のライドをおすすめします。

詳しく知りたい方は、下記を参考にしてみて下さい。

ロードバイクで夜に走行する時のメリット・デメリット

Road bike

ロードバイクで夜に走行するメリットと注意点【必需品も紹介】

2019/8/26  

こんにちは、シゲです。 ・ロードバイクで夜に走行してみたい。 ・でも、夜は危険そうだし、注意点を知りたいな~。 ・ついでに、夜に走行する時の必需品を教えて欲しい。 というお悩みにお答えしていきます。 ...

保冷機能が高いボトルを使う

保冷機能が高いボトルを使うことで、冷たいまま水分補給ができるからです。

2時間以内の走行なら、下記で十分です。


2時間以上走行する時は、真空断熱のボトルがおすすめ。

真空断熱のボトルを使えば、長時間保冷することができますよ。

下記商品なら、6時間10°以下に保つことができる保冷効果があるため、十分な性能を持っています。

2時間以上走行する方は、使ってみるのもありです。


また、ボトルの中に氷を入れるとより長持ちするため、暑い時にロードバイクに乗る時は、ボトルに氷を入れておきましょう。

スポーツドリンク+水を用意する

それぞれの目的は、下記です。

・スポーツドリンク
=体内の水分を補給するため

・水
=体に直接かけて体温を冷やすため

私は、真夏にロードバイクに乗る時は、保冷機能が高いボトルを2つ用意して、スポーツドリンクと水を1つずつ入れていますね。

水分補給するときは、冷たいスポーツドリンクを飲めるし、体が熱くて少しぼーとするときは、頭から冷たい水をかぶってスッキリさせています。

スポーツドリンクは、スポーツをするには最適なエネルギーが含まれているため、他の飲み物では足りないエネルギーを補給することができるのでおすすめです。

暑さに負けず快適に走行するためにも、スポーツドリンク+水を用意してみて下さい。

糖分、塩分を摂取できるサプリを食べる

糖分、塩分を摂取できるサプリなら、走行中でもエネルギーを補給することが可能だからです。

私は、毎年ロードバイクのイベントに参加します。

その中で、ロングライド(長距離)のイベントがあり、初めて参加した時に、疲れが溜まってしまい、足がつりそうになってしまいました。

そこで、友人から、森永製菓 inタブレット塩分プラスをもらい、30分に1回ほど補給することで、徐々に足がつりそうな状態を解消することができましたね。

足などつりやすい人は、是非試してみて下さい。


専用の補給食を食べる

ジェル状になっていて、非常に飲みやすく、糖分も多いため、エネルギー補給には最適ですよ。

プロのレースでも30分に1回は補給食などで必ず補給をしています。

1つ250円と、お手頃な価格ですし、是非試してみて下さい。


日焼け止めクリームを使う

顔のシミなどを防ぐことができるからです。

私が重宝している日焼け止めクリームは下記。


私は、この商品を使ってからは、ロードバイクに1日中乗っていても日焼けをした時はありません。

また、日焼け止めクリームを落とす時も、洗顔フォームで簡単に落とすことができるのも良い部分ですね。

顔のシミなど気になる方は、使ってみるのもありです。

サイクルキャップを使う

ヘルメットの下に、サイクルキャップを被ることで、顔に当たる日差しを避けることができるからです。

日焼け止めクリームだけでは心配の方は、是非試してみて下さい。


インナーを着る

インナーを着ることで、手や足などを日差しから守ることができるからです。

絶対に日焼けしたくないという方は、是非利用してみましょう。



ということで、以上になります。

本記事で紹介した下記方法を意識して、暑さに負けず快適に走行してみて下さい。

・水分補給

・エネルギー補給(糖分など)

・日差し対策

・頻繁に休憩を取る

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

-Road bike

© 2021 shigeblog