LIFE

短気は損気は本当です【仕事でも同じ】

短気は損気は本当です【仕事でも同じ】

こんにちは、シゲです。

・短気でいつも怒った後、変な空気になる…
・周囲から嫌われないためにも、短気を改善したい。

というお悩みにお答えしていきます。

本記事の内容は下記です。

本記事内容


1:短気は損気は本当な理由【仕事でも同じ】
2:短気を改善する方法

本記事を読めば、短気を直すことができます。

11年勤めた会社で、短気になって損をして悩んでいた私がノウハウを共有しますね。

短気にならないのが、人生を豊かにする近道です。

今度こそ短期を直したいという方は、読み進めてみて下さい。

1:短気は損気は本当な理由【仕事でも同じ】

1:短気は損気は本当な理由【仕事でも同じ】

短気は損気は本当な理由は下記です。

・怒っても現状維持のまま

・人間関係が悪くなる

・時間が無駄になる

・疲れる

・成長できない

各々、詳しく解説していきますね。

怒っても現状維持のまま

怒っていても、状況は変化しないからです。

恋人が浮気して、怒っていても、恋人が浮気した事実は変わらないですよね。

正直、怒っていた時間と労力が無駄になるだけです。

それなら、すぐに別れた方が自分のためになりますよ。

怒っていても現状維持のままなので、短気は損気です。

人間関係が悪くなる

すぐに怒る人と仲良くしたいと思う人はほぼいないからです。

会社の上司も常に怒っていたら、近づきたくないと思いますよね。

「自分もあんな風に説教されるのは嫌」などの感情が優先されて、近づきにくくなります。

人間関係が悪くなるため、短気は損気です。

時間が無駄になる

怒っても、何も変わらないからです。

私が以前勤めていた会社で、毎日部下を説教する人がいて、毎回1時間以上説教しているのはザラでした。

1週間で、5時間以上説教している計算ですね。

正直、5時間あれば1仕事できますよね。

短気は時間が無駄になるので、損です。

疲れる

怒る行為はエネルギーを使うからです。

大きな声を出すだけでも、結構エネルギーを消費しますよね。

それに、その場の感情で怒ってしまうため、後から「何であんなことで怒ってしまったんだ…」と後悔することも増えます。

感情の落差が多いし、多くのエネルギーも使うため、疲れやすくなります。

成長できない

怒ったら、挑戦しなくなるからです。

仮に、新しいビジネスに挑戦したくて、上司に提案するとします。

しかし、上司が「こんなの成功するはずない」と怒っていたら、新しいビジネスに挑戦できないはず。

結果的に、上司を含めて従業員は、世の中の流れにおいていかれて、何もできない人になり会社の売上も上がらないし、最悪倒産します。

短期になると成長できないため、短気は損気です。

【結論】短気は損気です

ここまで解説してきた通り、短気は損気は本当ですよ。

・怒っても現状維持のまま

・人間関係が悪くなる

・時間が無駄になる

・疲れる

・成長できない

短気は損気なので、短気は確実に改善した方が良いです。

とはいえ、「短気はどうすれば改善できるの?」と疑問に感じる方もいるはず。

そこで、短気を改善する方法を紹介していきますね。

2:短気を改善する方法

2:短気を改善する方法

短気を改善する方法は下記。

・他人に期待しない

・他人と協力しない

・自分も失敗すると考える

・短期的な損得勘定を辞める

各々、詳しく解説していきますね。

他人に期待しない

期待しなくなれば、他人に無関心になりイライラしなくなるからです。

他人を怒るのは、他人に期待があるからですよね。

例えば、友人の遅刻に怒るのは、「友人はちゃんとした人間だ」という期待があるからです。

駅ですれ違う全く知らない人が、遅刻していようが怒らないですよね。

期待しなくなれば、無関心になるのでイライラしなくなりますよ。

他人と協力しない

他人と協力してしまうと、自分の思うような行動ができなくなるからです。

友人10名で海外に旅行に行くとして、全て自分の行きたいプランを作ることができないですよね。

短気な人ほど、「何で自分考えが分からないの?」と感じてしまい、友人にイライラしてしまいます。

しかし、一人旅なら自分の考えのまま、自由な旅行を楽しめますよ。

他の人とは違う行動ができ、問題を解決する方法を見つけやすくなります。

自分も失敗すると考える

自分の失敗を受け入れられるようになれば、他人の失敗も受け入れられるようになるからです。

受験でも、全て合格してきた人は、不合格者をバカにし続ける。

しかし、自分が不合格になったら、「そんな人生もある」と納得して生きていきますよね。

結果的に、自分と同じように、受験に失敗した人を認められるようになります。

自分も失敗すると考えると、他人の失敗も受け入れられるので、短気が改善できますよ。

自分も失敗すると考えられると、1年後には認められることも増えて視野が広がり、「自分は小さい人間だった」と自覚できるようになります。

短期的な損得勘定を辞める

短気的な損得勘定を辞めれば、ちょっとしたことで怒らなくなるからです。

ぶっちゃけ、短気な人ほど小さいことで怒っているんですよね。

第三者が聞くと、「こんなことで怒っているの?」とあきれるレベルです。

短期的な損得勘定をなくせば、こだわることも減るので、短気を直せます。

意外と知らないかもですが、短期的な損得勘定を辞めるだけで短気を改善できます。

3:短気は改善しよう

本記事の内容をまとめます。

短気は損気が本当な理由は下記。

・怒っても現状維持のまま

・人間関係が悪くなる

・時間が無駄になる

・疲れる

・成長できない

また、短気を改善する方法は下記です。

・他人に期待しない

・他人と協力しない

・自分も失敗すると考える

・短期的な損得勘定を辞める

本気で短期を直したい方は、今回紹介した方法を試してみて下さい。

短気を直すだけで、仕事もできる人になります。

ここまで読んでみて半信半疑かもですが、悩んでいても現状維持のままです。

短気を改善して、幸せな生活を手にいれるためも、今すぐ行動を始めてみて下さい。

ということで、以上になります。
最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

-LIFE