LIFE

「人見知りを克服したい…」←しなくてOK【克服は必要なし】

「人見知りを克服したい…」←しなくてOK【克服は必要なし】

こんにちは、シゲです。

初対面の人と話すのは苦手だ…
人見知りを克服して、社交的な人間になりたい…
人見知りを克服する方法を知りたいな~

というお悩みにお答えしていきます。

本記事の内容は下記です。

本記事内容

1:「人見知りを克服したい…」←しなくてOK
2:どうしても、人見知りを克服したい時の対処方法

本記事を読み実践して頂ければ、人見知りに悩まされることがなくなります。

30年以上人見知りの私も、何度も克服しようと行動してきました。

しかし、最終的に行き着いたのは「人見知りをわざわざ克服しなくてもいい」という結論です。

上記背景を持つ私が、ノウハウを共有しますね。

1:「人見知りを克服したい…」←しなくてOK

1:「人見知りを克服したい…」←しなくてOK

表題通りですが、人見知りを克服する必要はありません。

具体的な理由は、下記5つです。

・社交的になっても、面倒事に巻き込まれる

・環境が変われば、ほぼ関わらなくなる

・直接会わなくても、人と関わることができる

・数名の信じられる人がいれば生きていける

・必要最低限の返事・回答ができれば問題なし

社交的になっても、面倒事に巻き込まれる

人は、それぞれ自分のために生きているからです。

関わる人が増えれば増えるほど、他人のエゴに巻き込まれやすくなります。

例えば、会社だったら下記みたいな感じですね。

自分「自動化して○○の書類作成を改善したいな~」

同僚「そんなことより、俺が担当している仕事を手伝ってくれ」

上司「売り上げを上げることが最重要だ」

こんな感じで、他人のエゴに巻き込まれやすくなります。

社交的になっても、面倒事に巻き込まれ、自分が損することが増えるだけです。

無駄な人間関係を増やさないためにも、人見知りを克服する必要はありません。

環境が変われば、ほぼ関わらなくなる

関りがなくなる人と、親しく接する必要はないからです。

私は、11年間同じ会社に勤め続けていましたが、退職後も会っているのは3名程度です。

11年間で100人以上の人と関わりましたが、ほぼ関わらなくなりましたね。

このように、環境が変われば、ほぼ会わなくなります。

環境が変わって、関りがなくなる人達と仲良くする必要はないため、わざわざ人見知りを克服する必要はありません。

直接会わなくても、人と関わることができる

ネットの普及で、直接会わなくても人と関われる機会が増えたからです。

下記を利用すれば、直接会わなくても、人と関わることができます。

・SNS

・YouTube

・オンラインサロン など

このように、ネットを使えば、直接会わなくても、人と関わることができるため、わざわざ人見知りを克服する必要はありません。

「でも、直接会わないと感情が上手く伝わらないんじゃん」と感じている方もいるはずです。

確かに伝わりにくい部分もあると思います。

しかし、9割以上は直接会わなくても伝えられます。

なぜなら、人は文章や映像だけでも感情を揺さぶられるからです。

もし、直接会わないと感情が上手く伝えられないなら、映画・漫画・小説などは普及していませんよね。

直接会わなくても、人と関わることができるので、わざわざ人見知りを克服する必要はありません。

数名の信じられる人がいれば生きていける

生涯で本当に信じられる人は、数名だけだからです。

仮に、大きな嘘をつかれたとして、今後も付き合っていくだろうなと思う人は何人いるでしょうか?

たぶん、家族以外だと、片手で収まるはずです。

私も片手以内に収まりますし、フリーランスになってからは、片手以内に収まる人としかほぼ関わらなくなりました。

おかげで、無駄な気遣いなどがなくなり、ストレスフリーで生活できています。

このように、数名の信じられる人がいれば、問題なく生きていけます。

人見知りを克服して、たくさんの人と関わっても、信用できない人が増えるだけです。

わざわざ人見知りを克服する必要はありません。

必要最低限の返事・回答ができれば問題なし

返事と回答ができれば、会話のキャッチボールが成り立つからです。

【例】
・どう思いますか?
=私は、○○と考えます。

・✕✕お願いできる?
=はい

・購入しますか?
=辞めておきます。

こんな感じでも、会話のキャッチボールが成り立ちますよね。

私が、初対面の人と会話する時も、上記のような必要最低限の返事・回答しかしません。

それでも、言葉のキャッチボールをすることができているし、相手を困らせることもほぼないです。

必要最低限の返事・回答ができれば、生活できるため、わざわざ人見知りを克服する必要はありません。

ということで、ここまでが人見知りを克服する必要がない理由になります。

社交的になっても、面倒事に巻き込まれるため、自分が損をする確率が上がります。

必要最低限の返事・回答ができれば、生きていけるため、わざわざ人見知りを克服する必要はありませんよ。

“大人数の人と関わる=幸せ“という訳ではないため、自分らしい人付き合いをしていけば、問題なしです。

2:どうしても、人見知りを克服したい時の対処方法

2:どうしても、人見知りを克服したい時の対処方法

とはいえ「どうしても、人見知りを克服したい」と考えている方もいるはずです。

そこで、人見知りを克服する方法を紹介します。

30年以上人見知りの私もこの方法を実施してから、初対面の人と会話するハードルが下がりました。

その方法とは、“他人と会話をする回数を増やす”ことです。

「( ゚Д゚)ハァ?」と感じるかもですが、事実になります。

例えば、自転車に乗れないとして、克服するには、自転車に乗る回数を増やすしかありませんよね。

人見知りも同じです。

残念ですが、他人と会話をする回数を増やし、徐々に慣れていくしかありません。

人見知りを克服するためにも、他人と会話をする回数を増やしましょう。

しかし、いきなり初対面の人と会話するのは難しいですよね。

そこで、他人と会話をする時のコツを紹介します。

自分と相手は同等と考える

人として同じ立場と考えれば、会話をするハードルが低くなるからです。

例えば、下記二人を比べてどちらが会話しやすいでしょうか?

・友達

・イチローさん

明らかに、友達の方が話しやすいですよね。

これは、友達が自分と同等と考えているからです。

始めは、初対面の人を同じ立場と考えるのは難しいかもですが、徐々に慣れてきます。

インフルエンサーなどじゃない限り、緊張しなくなるため、おすすめですよ。

自分と相手は同等と考えながら、会話をしてみましょう。

話すことが苦手なら、YouTubeで投稿もあり

YouTubeなら、他人を気にせずに、自分の言いたいことを話すことができるからです。

ずっと独り言を言っているイメージですね。

独り言でも続けていれば、徐々に発言力が身に付きます。

話すのが苦手なら、YouTubeで鍛えるのもありですよ。

対面するのが苦手なら、オンライン飲み会もあり

オンライン飲み会なら顔を隠せるし、1回きりの関係で終わらせることもできるからです。

また、大半の人は飲んでいるため、かしこまる必要もなく、会話をするハードルは低いはず。

オンライン飲み会で、会話の練習をするのもありです。

ということで、以上になります。

ここまで解説してきた通り、人見知りを克服する必要はありません。

必要最低限の返事・回答ができれば、生活できますよ。

自分らしい人付き合いをすれば問題ないため、無理に人見知りを克服することは辞めましょう。

「どうしても、人見知りを克服したい」という方は、他人と会話をする回数を増やしてみて下さい。

他人と会話をする時のコツは、下記です。

・自分と相手は同等と考える

・話すことが苦手なら、YouTubeで投稿もあり

・対面するのが苦手なら、オンライン飲み会もあり

人見知りを克服するために、実施してみて下さい。

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

-LIFE

© 2021 shigeblog