LIFE

「ライバル視される…」←受け入れよう【自分のことに注力しよう】

「ライバル視される…」←受け入れよう【自分のことに注力しよう】

こんにちは、シゲです。

・なぜか分からないけど、ライバル視をされてしまう…

・正直、ライバル視されると迷惑。

・どうすれば、ライバル視されなくなるの?

というお悩みにお答えしていきます。

本記事の内容は下記。

  • 1:「ライバル視される…」←受け入れよう【理由を解説】
  • 2:自分のことに注力するとライバル視されるなくなる

理由もわからずライバル視されてイライラしていませんか?

正直、ライバル視されるのは諦めて、自分のことに注力するのが最適です。

今度こそ、ライバル視されてうんざりしている状況から抜け出したいと考えている方は、最後まで読み進めてみて下さい。

3分で読めます。

1:「ライバル視される…」←受け入れよう【理由を解説】

1:「ライバル視される…」←受け入れよう【理由を解説】

ライバル視されることを受け入れる方が良い理由は下記。

  • 他人の気持ちはコントロールできない
  • ライバル視を辞めてと求めるほど時間と労力が無駄
  • ライバル視される=一歩先に出た証拠

各々、詳しく解説していきますね。

他人の気持ちはコントロールできない

他人の気持ちをコントロールすることは、誰にもできません。

いくら、ライバル視を辞めてと言っても当の本人が変わる気がなくれば、ライバル視を止めることはできません。

何度訴えても、相手次第なのは変わらないので、抵抗するのではなく受け入れる方がいいです。

ライバル視を辞めてと求めるほど時間と労力が無駄

ライバル視を辞めてと言い続けても、結局相手次第なので、時間と労力が無駄になるからです。

遅刻し続ける人に、毎回説教している人と同じですね。

説教している時間と労力が無駄になります。

ライバル視を辞めてと言っている間は、ずっと他人のために時間と労力を使っている計算です。

ライバル視される=一歩先に出た証拠

ライバル視されるということは、ある程度結果を出せているからです。

仮に、全く結果が出ていない人をライバル視しないですよね。

ライバル視されるのは、結果が出てきた証拠なので、もっと自分に自信を持って問題ありません。

受け入れて相手をしないのが最適

ここまで解説してきた通り、ライバル視をされるのを受け入れつつ相手にしないのが最適です。

  • 他人の気持ちはコントロールできない
  • ライバル視を辞めてと求めるほど時間と労力が無駄
  • ライバル視される=一歩先に出た証拠

ライバル視を止める労力と時間は、他人のために生きている状況になるので、損ですよ。

ライバル視を止めることはできないので、諦めましょう。

それよりも、自分のことに注力する方が100倍マシな人生を送れます。

上記を詳しく解説していきますね。

2:自分のことに注力するとライバル視されるなくなる

2:自分のことに注力するとライバル視されるなくなる

自分のことに注力するとライバル視されるなくなる理由は下記。

  • 実力差ができて大きく突き放せる
  • 時間と労力を自分のために使えて成長できる
  • 人間関係が限定される

各々、詳しく解説していきますね。

実力差ができて大きく突き放せる

自分のことに注力するとより成長しやすくなるからです。

野球で例えるなら、イチローさんとかですね。

ライバル視されることもなくなり、レジェンド扱いされていますよね。

実力が2歩先くらい先に行くと一気にライバル視されなくなります。

時間と労力を自分のために使えて成長できる

それに、自分のことに注力すると時間と労力を自分に投資できるので、成長速度が速まります。

絵とかも、一人で坦々と書いている人の方が上達が早いのと同じです。

自分への投資をするためにも、自分のために注力した方が良いです。

人間関係が限定される

また、自分のために注力すれば、関わる人も自分の価値観に近い人が増えます。

スポーツ選手でも、同じ競技の関係者と関わることが増えて、他の人はなかなか関わらなくなりますよね。

自分の価値観に合わない人と仲良くなれる画期的な方法はないです。

人間関係を良好にするためにも、自分のために注力しましょう。

大半の人は関わらなくなる

また、大半の人は将来的に関わらなくなります。

学校の同級生も卒業後9割以上の人は会わなくなるのと同じです。

大半の人は将来的に関わらなくなるので、周囲は気にせず自分のことに注力するのはありです。

自分のことに注力しよう

ここまで解説してきた通り、下記理由から自分のことに注力するとライバル視されるなくなります。

  • 実力差ができて大きく突き放せる
  • 時間と労力を自分のために使えて成長できる
  • 人間関係が限定される

自分のことに注力するとライバル視されることも気にならなくなるし、無駄に絡まれることもなくなります。

ライバル視されるなら受け入れつつ、自分のことに注力しましょう。

3:ライバル視されるのは諦めよう

本記事の内容をまとめます。

ライバル視されることを受け入れる方が良い理由は下記。

  • 他人の気持ちはコントロールできない
  • ライバル視を辞めてと求めるほど時間と労力が無駄
  • ライバル視される=一歩先に出た証拠

自分のことに注力するとライバル視されるなくなる理由は下記。

  • 実力差ができて大きく突き放せる
  • 時間と労力を自分のために使えて成長できる
  • 人間関係が限定される

ライバル視はされるし止めることはできません。

仮に、止められても、自分の時間と労力がなくなるので損をしますよ。

自分の人生を豊かにするには、ライバル視を認めて自分のことに注力することが唯一の方法になります。

ライバル視を認めつつ、自分のやりたいことに全力で投資してみて下さい。

-LIFE