LIFE

必死すぎる人は危険?【結論:紙一重】

必死すぎる人は危険?【結論:紙一重】

こんにちは、シゲです。

・必死すぎる状況になると周囲から浮いてしまいそう…

・でも、必死になって成果を出している人もいるし、どっちが本当?

というお悩みにお答えしていきます。

本記事の内容は下記。

  • 1:必死すぎる人は危険?【紙一重の理由】
  • 2:嫌われずに必死になる方法

必死になっていいかわからず、悩んでいる自分にうんざりしていませんか?

正直、必死になると、嫌われるのことと成果が出るのは紙一重です。

今度こそ、嫌われずに成果を出したいという方は、最後まで読み進めてみて下さい。

3分で読めます。

1:必死すぎる人は危険?【紙一重の理由】

1:必死すぎる人は危険?【紙一重の理由】

必死過ぎる人は、成果を出して評価されるか嫌われて浮いてしまうか紙一重です。

紙一重な理由は下記。

  • 多くの人がやらないことをする
  • 周囲が見えなくなる
  • やることで評価されるか決まる
  • 人は誰でも自分のために生きている

各々、詳しく解説していきますね。

多くの人がやらないことをする

大半の人は、めんどくさいと思っていることをずっと続ける必要があるからです。

例えば、YouTuberも10年前なら「毎日、動画出して必死すぎwww」と笑われていました。

しかし、今ではYouTuberをやっていると言っても、バカにする人は減りましたよね。

他人がやらないことをずっと続けていたら、変わり者扱いされてしまいます。

周囲が見えなくなる

また、必死すぎる人は周囲が見えなくなります。

例えば、映画館で映画を集中して見ている時も、周りの人を気にしていないですよね。

理屈抜きに感情で動いている状況なので、周囲が見えなくなる言動が増えるので、周囲からを浮いてしまいます。

やることで評価されるか決まる

しかし、必死になることが悪いのではなく、何をやるかで周囲の評価が変わります。

例えば、スポーツ選手が必死すぎる練習をしても引かないですよね。

むしろ、応援したくなるはず。

しかし、競馬に必死にすぎる人はどうでしょうか?

「ギャンブル好き」と考えてしまい、仲良くしようとは思えないですよね。

結局は、非常識なことをやっているかで評価が決まります。

人は誰でも自分のために生きている

それに、人は誰でも自分のために生きているので、必死になれることを周囲からどう思われても関係ないです。

大半の人は、生涯関わる人達ではないので、自分のやりたいことに必死になっていた方が人生が良い方向に向けます。

必死になるのはメリットとデメリットあり

ここまで解説してきた通り、必死になることはメリットとデメリットがあります。

  • 多くの人がやらないことをする
  • 周囲が見えなくなる
  • やることで評価されるか決まる
  • 人は誰でも自分のために生きている

そのため、成果を出して評価されるか嫌われて浮いてしまうかは紙一重です。

結局は、使い方次第ですよ。

とはいえ、誰でも「嫌われたくない」と感じますよね。

そこで、嫌われずに必死になる方法を紹介します。

2:嫌われずに必死になる方法

2:嫌われずに必死になる方法

嫌われずに必死になる方法は下記。

  • 隠して必死になる
  • 一人で実施する
  • 結果が出てから仲良くする人を探す

各々、詳しく解説していきますね。

隠して必死になる

隠せば、バカにされることはなくなるし、周囲から浮くこともなくなるからです。

例えば、学校生活は自然と過ごして、プライベートではアイドルの追っかけをするとかですね。

アイドルの追っかけをよく思わない人もいるので、学校の同級生などには隠しておけば嫌われずに済みます。

プライベートで必死になればOKです。

隠せば、5年後も嫌われることがなくなりますよ。

一人で実施する

他人と関わらなくれば、迷惑をかけないからです

基本的に必死になる時は、一人になる時だけに限定しましょう。

一人なら、いくら必死になっても周囲に迷惑をかけることもなくなります。

結果が出てから仲良くする人を探す

結果を出していれば、批判する人もほぼいなくなるからです。

例えば、10代の学生が、「YouTuberになる」と言って必死だったら、大半の人は「稼げるはずなのにバカだな」と考えるはず。

しかし、月50万円以上稼げるようになったら、「凄いね。俺にも教えて」という人が増えます。

それに、本気で仲良くなれる人は、共通している何かがあるのが必然です。

仲良くする人を作るのは、必死に挑戦して結果を出してからにしましょう。

自分を優先した方が自分のためになる

結局、他人の顔色を伺っても、ずっと自分のやりたいことはできないままです。

それなら、嫌われても自分のやりたいことに必死になっている方が、人生が楽しくなりますよ。

それに、結果を出せば、周囲も認めてくれるようになるので、自分がやりたいことに必死になることは悪くないです。

やってみよう

ここまで解説してきた通り、下記が嫌われずに必死になる方法になります。

  • 隠して必死になる
  • 一人で実施する
  • 結果が出てから仲良くする人を探す

結局、人生は自分のために生きるのが目的なので、周囲よりも自分を優先して生きる方がいいです。

隠せば、必死になっていることがわからないので、嫌われずに済みます。

成果を出すためにも、やってみてください。

3:必死になるのはあり

本記事の内容をまとめます。

必死過ぎる人は、成果を出して評価されるか嫌われて浮いてしまうか紙一重な理由は下記。

  • 多くの人がやらないことをする
  • 周囲が見えなくなる
  • やることで評価されるか決まる
  • 人は誰でも自分のために生きている

嫌われずに必死になる方法は、下記です。

  • 隠して必死になる
  • 一人で実施する
  • 結果が出てから仲良くする人を探す

自分が望んだゆとりある生活を送りたいなら、必死になることも必要ですよ。

ただし、使い方を間違えると嫌われるのも事実です。

今回紹介した方法を使い、周囲から浮くことがない状況を作りつつ、必死になって自分の理想に近づきましょう。

-LIFE