LIFE

人の顔と名前が覚えられない時の対処方法【無理に覚えないのが最適】

2021年4月15日

人の顔と名前が覚えられない時の対処方法【無理に覚えないのが最適】

こんにちは、シゲです。

・人の顔と名前が覚えられない…

というお悩みにお答えしていきます。

本記事の内容は下記です。

  • 1:人の顔と名前が覚えられない時の対処方法
  • 2:無理に名前を覚えようするするのは辞めよう

本記事の内容を読めば、人の顔と名前を覚えらないと、悩むことがなくなります。

名前を覚えるのが苦手で、過去に失敗した経験がある私がノウハウを共有しますね。

1:人の顔と名前が覚えられない時の対処方法

1:人の顔と名前が覚えられない時の対処方法

人の顔と名前が覚えられない時の対処方法は、1つだけで無理に覚えないことです。

理由は、下記。

  • 名前間違えは失礼ではない
  • 大半の人は関りがなくなる
  • 本当に関わるなら徐々に覚えられる
  • メモや名刺も効果はない

各々、詳しく解説していきますね。

名前間違えは失礼ではない

名前を間違えたくらいで怒る人は、器が小さいだけだからです。

仮に、就社して同じ部署の人が100人いたとしたら、1日で覚えられますかね?

申し訳ないですが、大半の人が覚えられないはず。

また、海外の人だったら、名前と顔を覚えるのも難しいですよね。

それに、名前を間違えられただけで激怒する人は、短気のため付き合い続けると人間関係のトラブルに巻き込まれるので損をしますよ。

名前を間違えることは、世の中にはいくらでもあります。

「名前を間違えたらどうしよう」と不安になる必要はないです。

大半の人は関りがなくなる

人生において最後まで関わる人は、片手に収まる程度しかいないからです。

例えば、学生時代に関わっていた人を思い浮かべて下さい。

  • 先生
  • クラスメイト
  • 部活仲間
  • サークル仲間

上記全ての中から、9割以上の人は卒業後関わらなくなりますよね。

また、会社でも退職したら、ほぼ会わなくなります。

大半の人は関わりがなくなるため、無理に名前を覚える必要はありません。

それに、名前を覚えても関わらなくなったら、名前を忘れますよ。

私も、学生時代の関わっていないクラスメイトの名前を忘れています。

大半の人は、関わりがなくなるので、無理に名前と顔を覚えなくてOKです。

本当に関わるなら徐々に覚えられる

また、今後関わる人なら徐々に名前を覚えられるため、何ら問題ありません。

毎日会って会話をする人なら、どんなに物覚えが悪い人でも、相手の名前と顔を覚えられますよね。

仮に、3ヵ月毎日10時間会っている人なら、絶対に名前を覚えられるはず。

本当に関わる人は、自然と名前と顔を覚えられるため、無理に名前を覚えようとするのを辞めましょう。

メモや名刺も効果はない

また、よくメモや名刺を取っておけば覚えられると言いますが、ですよ。

なぜなら、対話する時は、メモや名刺は見れないから。

むしろ、対話中にメモや名刺を確認する方が失礼じゃないですか?

メモや名刺は、名前を覚えるのには使えないので、効果はほぼないです。

無理に名前を覚えるのは辞めよう

ここまで解説してきた通り、下記理由から無理に名前を覚える必要はないです。

  • 名前間違えは失礼ではない
  • 大半の人は関りがなくなる
  • 本当に関わるなら徐々に覚えられる
  • メモや名刺も効果はない

結局、記憶力の問題だし、無理に記憶力を上げようとしても難しいですよね。

それに、一生付き合い続ける人は、人生で片手に収まるくらいの人数しかいません。

無理に覚えるのではなく、自然に覚えることができた人とだけ付き合い続けましょう。

2:無理に名前を覚えようするするのは辞めよう

2:無理に名前を覚えようするするのは辞めよう

本記事の内容をまとめます。

人の顔と名前が覚えられない時の対処方法は、1つだけで無理に覚えないことです。

理由は、下記。

  • 名前間違えは失礼ではない
  • 大半の人は関りがなくなる
  • 本当に関わるなら徐々に覚えられる
  • メモや名刺も効果はない

無理に名前を覚えても関わらなくなったら、ほぼ忘れますよ。

それに、大半の人は将来的に関わらなくなるので、わざわざ覚える必要もないです。

無理に覚えようとはせず、関わるようになってから自然と覚えればOK。

名前と顔を覚えられないと不安に感じる必要はないです。

無理やり覚えようとするのは辞めよう。

ということで、以上になります。
最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

-LIFE