WORK

仕事で手抜きはするべきか?【手を抜く方法も紹介】

仕事で手抜きはするべきか?【手を抜く方法も紹介】

11年勤めた会社で、手を抜かずに働き続け、後悔した経験があるシゲです。

仕事は全力で取り組んでこそ、給料を貰う資格があると思う。
しかし、実際は手を抜いても給料を貰える…
やっぱり、手を抜いた方がいいのかな?

というお悩みにお答えしていきます。

本記事の内容は、下記になります。

本記事内容

1:仕事で手抜きはするべきか?
2:仕事で手を抜く方法

本記事を読み実践して頂ければ、仕事で手を抜くことができるようになります。

11年勤めた会社で、手を抜かずに働き続け、後悔した経験がある私が、理由と具体的な方法を紹介していきます。

1:仕事で手抜きはするべきか?

1:仕事で手抜きはするべきか?

結論から言うと、手抜きはするべきです。

詳しい理由を解説しますね。

仕事で手抜きをするべき理由

仕事で手抜きをするべき理由は、下記4つになります。

・会社員で働いても、労力分の利益がない

・仕事量が増え続ける

・余力がなくなる

・自己成長に繋がらない

会社員で働いても、労力分の利益がない

利益は、全て会社経由で入ってくるからです。

自分で作った利益の7割以上は、会社に取られています。

例えば、2,000万円の利益がある仕事を自分で処理したなら、下記のようになります。

① 全力で仕事を処理して納品

② 会社に2,000万円入ってくる

③ 給料は、20万円ほど…

このように、会社員で働いても、労力分の利益は貰えません。

恩恵がほぼないのに、全力で働いても、疲労が蓄積されるし、時間が無駄になるだけです。

全力を出しても、自分のためにならないため、仕事は手を抜くべきですね。

仕事量が増え続ける

会社は、自社の利益にしか興味がないからです。

例えば、商品を100個作るのに8時間掛かるとします。

そこで、やり方を変えて効率を上げ、6時間で処理できるようになったとしても、会社から”120個作れ”とノルマを上げられるだけです。

私も11年勤めていた会社では、手を抜くことができず、仕事量が増え続けていました。

入社2年目に比べて、8年目以降は2倍以上の仕事量を処理していましたね。

このように、全力で処理して効率を上げても、会社にノルマのハードルを上げられ、自分が処理する仕事量が増え続けます。

仕事量が増えると疲労も蓄積されるし、労働時間も長くなるため、仕事は手を抜くべきです。

余力がなくなる

仕事で全力を出してしまうと、プライベートに使う余力がなくなるからです。

毎日が仕事だけだと、ストレスになり辛いだけですよね。

私が11年勤めた会社に在籍中は、平日は残業で帰宅後は、すぐにご飯食べてお風呂入って寝るだけの生活でした。

また、休日も1日はほぼ出勤で、残り1日は疲れを癒すためにほぼ寝ていましたね。

当時は、「なんか、仕事のために生きているみたいだな…」と感じ、辛かったことを覚えています。

このように、仕事に全力を使うと、プライベートに使う余力がなくなり、人生を楽しめなくなります。

少しでも余力を残すために、仕事は手を抜きましょう。

自己成長に繋がらない

会社員で働くと、仕事の担当も決まってしまい、仕事内容がほぼ変わらないからです。

全力で仕事を頑張っても、同じような仕事内容で処理する量が増えるだけで、新しい知識やスキルは覚えられません。

例えば、スーパーで働くとして、品出しの担当になったら、仕事を全力で処理して効率を上げても、品出しの量が増えるだけですよね。

試食販売やレジなど新しいことはできないため、新しい知識やスキルが身に付きません。

このように、仕事に全力になっても、新しいことに挑戦できないため、自己成長に繋がらないです。

自己成長しないのに頑張っても、自分が損をするだけなので、仕事は手を抜きましょう。

最低限の仕事は処理するべき

少しだけ補足になります。

当然ですが、手を抜く前に、最低限の仕事は処理するべきです。

理由は、手抜きといっても、限度があるから。

給料を貰っている以上、最低限の仕事を処理することは絶対に必要です。

例えば、遅刻やおしゃべりを何時間もするなどは、手抜きではなく、サボりのため給料泥棒になります。

“上司に依頼された仕事を、定時以内で処理する“この最低限のこと守ってから、手を抜きましょう。

上司や周囲も、「最低限のことはやってくれているし…」と考え、説教などはされないはずです。

最低限の仕事を処理してから、手を抜きましょう。

【結論】仕事は手を抜いて働くべき

ここまでの説明で、仕事に手を抜かず働き続けても、自分が損をするだけと分かって頂けと思います。

最低限の仕事だけを処理して、残りの余力は自分のために使いましょう。

「でも、手を抜いて給料を貰うのは気が引ける…」という方もいるはず。

確かに、理想を追い求めることは大切です。

しかし、現実はあなたが全力で仕事を処理しても、上司や同僚は手を抜いて給料を貰っているし、あなたに恩恵(昇給など)は、ほぼないですよね。

理想を追い求めて、現状が苦しくなるなら、理想は捨てるべきです。

ということで、結論は会社員で働き続けるなら、手を抜くことが必要。

手を抜いて余った余力を、自分のために使った方が、確実に得ですよ。

理想を捨てて、現状の苦しい状況から抜け出しましょう。

2:仕事で手を抜く方法

2:仕事で手を抜く方法

ここからは「具体的な手を抜く方法を知りたい…」という方向けに解説します。

具体的な手を抜く方法は、下記3つです。

・仕事を断る

・最低限の仕事が終わったら、インプットする

・作業員から仕事を振る方に変わる

仕事を断る

仕事を断れないと、いつまでも仕事量が増え続け、手を抜くことができないからです。

仕事を断れる人になりましょう。

とはいえ「いきなり、仕事を断ることはできない…」と疑問に感じるはず。

そこで、上手い仕事の断り方を紹介します。

具体的な方法は、下記4つになります。

・代替え案を提案する

・自分の理念を伝える

・自分の状況を相手に考えさせる

・2案出して選択してもらう

具体的な使い方を知りたい方は、下記記事を参考にしてみて下さい。

仕事を断ることが重要な理由【仕事を上手く断る方法も紹介】

WORK

仕事を断ることが重要な理由【仕事を上手く断る方法も紹介】

2020/1/30  

11年勤めた会社で、仕事が断れなくて損していた経験があるシゲです。 仕事を断りたいけど、断る勇気が出ない。 上手い断り方があれば教えて欲しいな~。 というお悩みにお答えしていきます。 本記事の内容は下 ...

最低限の仕事が終わったら、インプットする

インプットに時間を使えば、新しい知識が身に付き、自己成長できるからです。

例えば、上司から期限が今日中で書類作成を頼まれたとします。

実際に6時間で作業が終わったとしたら、余った時間で“効率が良い書類の作り方”について調べるとかです。

仮に、調べているところを、上司に見つかったとしても「今後の効率を上げる方法を調べていました」と言えば問題ありません。

上司も「向上心がある部下だな」と感心を持ってくれるはずです。

上記のように、最低限の仕事を処理して、余った時間は新しい知識を蓄えるために、インプットの時間に使いましょう。

作業員から仕事を振る側に変わる

仕事を振る側になれば、仕事量を自分で決めることができるからです。

実際に想像してみて下さい。

あなたの上司にも、仕事を部下に丸投げして、自身は楽している人が一人はいるはずです。

部下に丸投げは、仕事放棄と同じなので参考にしない方がいいですが、仕事を振る側になれば、手抜きができるのも事実になります。

このように、仕事の手を抜くためには、作業する側から仕事を振る側に変わる必要があります。

仕事を振る側の人になりましょう。

「でも、昇進しないと仕事を振る側にはなれないよ」と感じますよね。

そこで、おすすめなのが、外注化することです。

外注化することで、昇進しなくても、仕事を振る側になることができます。

上司への許可も「単価が高い社内よりも、安くなります」と説明すれば、大抵は承諾されるはずです。

外注化して、仕事を振る側に変えて、仕事は手を抜きましょう。

ということで、以上になります。

仕事は手を抜いて、自分のために労力と時間を使いましょう。

繰り返しになりますが、仕事で手を抜く方法を貼っておきます。

・仕事を断る

・最低限の仕事が終わったら、インプットする

・作業員から仕事を振る方に変わる

1つでもいいので、実践してみて下さい。

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

-WORK

© 2021 shigeblog