LIFE

固定概念を捨てるべき理由 【具体的な方法も紹介】

固定概念を捨てるべき理由 【具体的な方法も紹介】

固定概念に囚われて、11年同じ会社に勤めてしまった経験があるシゲです。

経験から判断したことは、間違っていない気がする…
本当に、固定概念って捨てるべきなのかな?
もし、捨てる必要があるなら、具体的な捨てる方法を知りたいな~。

というお悩みにお答えしていきます。

本記事の内容は、下記になります。

本記事内容

1:固定概念を捨てるべき理由
2:固定概念を捨てられない原因
3:固定概念を捨てる方法

本記事を読み実践して頂ければ、固定概念を捨てられ、変化に柔軟に対応できるようになります。

なぜなら、私が実際に実践して、固定概念を捨てたことで、11年勤めた会社を辞められたからです。

上記背景を持つ私が、固定概念を捨てるノウハウを解説していきます。

1:固定概念を捨てるべき理由

1:固定概念を捨てるべき理由

まずは、固定概念を捨てるべき理由について解説していきます。

理由は、下記3つです。

・思考停止しやすい

・変化に対応できなくなる

・無駄なプライドができる

思考停止しやすい

固定概念を持っていると、自分の中で正解が決まっていて、正解以外のことは考えなくなるからです。

例えば、仕事でもマニュアルがあれば「マニュアル通りに実施すればいい」と判断し、それ以外のことは深く考えませんよね。

もし、固定概念がなくれば、下記内容のことも考えるはず。

・マニュアルの改善点はないか?

・時代遅れのやり方になっていないか?

・マニュアルの根拠は合っているか?

こんな感じで、固定概念を持っていると、自分の正解が決まっていて、正解以外のことを考えなくなり、思考停止してしまいます。

思考停止をなくすためにも、固定概念は捨てるべきです。

変化に対応できなくなる

固定概念が強いと現状維持になり、新しいことに挑戦しなくなるからです。

例えば、映画を自宅で見るには、「レンタルショップでDVDを借りる必要がある」という固定概念を持っていると、下記行動を続けますよね。

① レンタルショップに行って、DVDを借りる

② 自宅に帰り、DVDを見る

③ DVDを返却するため、レンタルショップに行く

今なら、ネットで動画配信サービス(ネットフリックスなど)に加入すれば、上記行動をしなくても、自宅で簡単に映画を見ることができます。

このように、固定概念は変化に対応できなくなり、結果的に損をします。

変化に対応できるようになるためにも、固定概念は捨てるべきです。

無駄なプライドができる

固定概念があると、固定概念以外のことをすることが、許せなくなるからです。

私が11年勤めた会社に在籍中は、下記固定概念がありました。

・正社員で働くべき

・任させたことは全てやり遂げるべき

・頑張っていればいつか評価される

私自身が、上記以外のことをやることが許せなくなり、上司のむちゃぶりに対しても、残業や休日出勤で何とか仕事を処理していました。

結果、仕事量が増えて、ストレスが溜まったが、「正社員で働くべき」という無駄なプライドのせいで、中々退職を決断することができませんでした。

このように、固定概念があると、固定概念以外のことをしているのが許せなくなり、自分が損をします。

無駄なプライドを捨てるためにも、固定概念は捨てましょう。

ここまでが、固定概念を捨てるべき理由になります。

自分が損をしないためにも、固定概念を捨てる必要があることが覚えておきましょう。

2:固定概念を捨てられない原因

2:固定概念を捨てられない原因

ここからは、固定概念を捨てられない原因について解説していきます。

「固定概念を捨てたいけど、中々捨てることができない…」という方は、参考にしてみて下さい。

具体的な原因は、下記2つです。

・同じことを繰り返している

・情報のインプットをしていない

同じことを繰り返している

同じことの繰り返ししかしていないと、現状維持になってしまうからです。

例えば、毎日下記生活リズムを繰り返しているとかです。

① 起床

② 出勤

③ 仕事

④ 帰宅

⑤ 寝る

上記の繰り返しで日々を過ごしていたら、全く新しい知識や体験はできないため、思考が固まりいつまでも固定概念を捨てることができません。

固定概念を捨てるためにも、同じことの繰り返しは辞めましょう。

情報のインプットをしていない

新しい情報をインプットしていないと、時代に合わない考え方をいつまでもしてしまうからです。

例えば、トヨタの社長が「終身雇用の継続は難しい」という情報を発信しています。

※参考までに、動画を貼っておきます。

しかし、上記情報をインプットしていないと、「終身雇用は継続される」という固定概念から「やっぱり正社員だよな」と考え続けてしまいます。

このように、新しい情報をインプットしないと、固定概念は捨てられません。

固定概念を捨てるためにも、新しい情報をインプットするように心掛けましょう。

3:固定概念を捨てる方法

3:固定概念を捨てる方法

最後に、固定概念を捨てる方法を紹介します。

具体的な方法は、下記3つになります。

・常識を疑う癖をつける

・新しいことを始める

・情報をインプットする

常識を疑う癖をつける

時代の変化により、常識やルールが変わるからです。

例えば、定年退職も70歳まで引き上げを検討されています。

10年前だったら、60歳で定年が常識でしたよね。

このように、常識やルールは時代の変化により変わってきます。

常識やルールを当たり前とは思わず、疑う癖をつけましょう。

新しいことを始める

新しいことを始めれば、フラットな目線で物事を判断できるようになるからです。

また、新しい知識やスキルも身に付けられるため、無駄なプライドをなくすることもできます。

私が初めて海外旅行に行った時で例えます。

行く前は「海外は怖い…」「海外は飯が不味い」などと思っていました。

しかし、実際に行ってみると「現地の人もフレンドリーだな」「飯も思ったより、全然美味しい」と感じ、いい意味で固定概念をなくせました。

このように、新しいことを始めると、実際に体験した事象から、物事を考えるようになるため、固定概念をなくすことができます。

仕事とプライベートどちらでもいいので、新しいことを始めてみて下さい。

情報をインプットする

情報をインプットすれば、時代の変化の敏感になり、現状維持をしなくなるからです。

具体的なインプット方法は、下記がおすすめです。

・本

・ネット

・YouTube

それぞれ、目的別に使い分けるといいですよ。

私は、下記目的に分けて、それぞれを利用しています。

・本    =物事を深く知りたい時

・ネット  =広くたくさんの情報をインプットしたい時

・YouTube =経験者の体験談を聞きたい時

あなたも、新しい情報をインプットするようにしましょう。

ということで、以上になります。

固定概念は、自己成長を妨げる原因になるため、自分が損するだけです。

本記事で紹介した方法を使い、固定概念を捨てて柔軟に対応できる人になりましょう。

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

-LIFE