LIFE

素直になれない理由【素直になる方法も紹介】

素直になれない理由【素直になる方法も紹介】

素直になれずに、他人に合わせていた経験があるシゲです。

・どうしても素直になれず、自分の思いを相手に伝えられない。
・素直になれない原因と対処方法を知りたいな~

というお悩みにお答えしていきます。

本記事の内容は、下記になります。

  • 1:素直になれない理由
  • 2:素直になる方法
  • 3:素直になり過ぎるのもNG

本記事を読み実践すれば、素直になることができます。

なぜなら、私が実践して、自分がやりたい事を最優先で行動できているからです。

上記背景を持つ私が、素直になるためのノウハウを紹介していきます。

1:素直になれない理由

1:素直になれない理由

まずは、なぜ素直になれないのか?について解説していきます。

理由は、下記4つです。

  • 行動せずに、将来の損得を考えている
  • 自分より他人を優先している
  • 他人を信用していない
  • 些細なプライドを持っている

行動せずに、将来の損得を優先している

行動せずに、将来の損得を優先していると、目先の不満を我慢するようになるからです。

例えば、上司から休日出勤を頼まれたら、「休日出勤嫌だな~」と不満に感じるはず。

しかし、将来のことを考えると「断ったら、昇進に影響があるかもしれない…」と感じてしまい、後者を優先します。

すると、目先の不満である「休日出勤嫌だな~」という思いを、素直に上司に伝えられず、我慢をしてしまいます。

このように、行動せずに、将来の損得を優先していると、素直になれません。

自分より他人を優先している

「他人に嫌われたくない」という感情が強いからです。

  • 友達「今日飲み行こうぜ」
  • 自分(内心)「今日は気分が乗らないな~」
  • 自分(内心)「でも、友達に嫌われたくないから、行くしかない…」
  • 自分「いいよ」

こんな感じで、自分より他人を優先してしまうと、素直になれません。

他人の機嫌を考えても、損しかしないため、考えるのは辞めましょう。

他人を信用していない

他人を信用していないと、事象ではなく人間性だけで判断するからです。

例えば、上司からおすすめの居酒屋を進められても「この上司は信用できない」と感じて、居酒屋自体も悪いと判断してしまいます。

本来は、居酒屋に行ってみて、雰囲気やサービスなどから、居酒屋の良し悪しを判断するべきですよね。

このように、他人を信用していないと、人間性で全て判断してしまい、素直になれません。

人間性ではなく、事象で物事を考えるようにしましょう。

些細なプライドを持っている

些細なプライドを持っていると、マイルールがあり、正しい事象を提案されても、マイルールから外れているなら「許せない」と感じるからです。

例えば、仕事の改善で下記対応をするとかですね。

  • 上司「○○の書類作成を、プログラミングで自動化しよう」
  • 部下「いや、それだと部分的な修正が発生して、余計に効率が悪くなりますよ」
  • 上司「…」

部下は「○○の書類作成は自分の担当だ」というプライドがあり、「手順ややり方を決めるのは自分だけ」というマイルールを持っています。

そのため、プログラミングで自動化しようと提案されたことが、許せなくて反論しています。

しかし、プログラミングで自動化した方が、確実に効率は良くなりますよね。

このように、些細なプライドを持っていると素直になることができません。

些細なプライドは無駄なので、捨てちゃいましょう。

2:素直になる方法

2:素直になる方法

素直になれない理由がわかったところで、具体的な対処方法を紹介していきます。

下記3つの方法を実践して、素直になれない自分から抜け出しましょう。

  • とりあえずやってみる
  • 最優先で自分のやりたいことをする
  • 固定概念をなくす

とりあえずやってみる

とりあえずやってみることで、事象から損得を判断できるようになるからです。

例えば、友達からおすすめの漫画を進められたとしたら、実際に1巻だけ漫画を読んでみるとかです。

1巻読んで「面白くない」と感じたなら、2巻目以降読むのを辞める判断ができます。

逆に「面白い」と感じたなら、2巻目以降も読み続けますよね。

このように、実際にやってみることで、自分に素直になることができます。

まずは、損得関係なしに、とりあえずやってみましょう。

最優先で自分のやりたいことをする

最優先で自分のやりたいことをすれば、他人を優先しなくなるからです。

  • 友達「今日飲み行こうぜ」
  • 自分「今日は、ジムに行く日と決めているからごめん」

こんな感じで、自分のやりたいことを優先すれば、他人を優先しなくなり、素直になることができます。

とはいえ、「他人に嫌われるのは怖い」と感じているはず。

そこで、対処方法を記載した記事を貼っておきます。

本記事と合わせて読んでみて下さい。

人に嫌われることが怖い時の対処方法【嫌われてもOK】

LIFE

人に嫌われることが怖い時の対処方法【嫌われてもOK】

2020/1/19  

こんにちは、シゲです。 というお悩みにお答えしていきます。 本記事の内容は、下記になります。 1:人に嫌われることが怖い時の対処方法2:人に嫌われることを防げない理由3:人に嫌われても、人生を楽しめる ...

自分軸を作る方法【結論:理想像・目標を作ることが重要】

LIFE

自分軸を作る方法【結論:理想像・目標を作ることが重要】

2019/11/18  

こんにちは、シゲです。 というお悩みにお答えしていきます。 本記事の内容は、下記になります。 1:自分軸を作る方法【5つの手順で解説】 2:自分軸がないと、自分・他人両方救えない 3:今後は、自分軸で ...

最優先で自分のやりたいことを実践して、素直になりましょう。

固定概念をなくす

固定概念をなくせば、些細なプライドをなくすることができ、フラットの目線で物事を判断できるようになるからです。

例えば、終身雇用がいつまでも続くという固定概念をなくせば、「正社員で働くのが当然」というプライドがなくなります。

また、終身雇用が崩壊するという意見も受け入れることができ、「正社員以外で働くこともありだな」と判断できます。

このように、固定概念をなくせば、素直になることができます。

思考を柔軟にして、固定概念をなくしましょう。

3:素直になり過ぎるのもNG

3:素直になり過ぎるのもNG

ここまで、素直になるための方法を紹介してきました。

しかし、素直になり過ぎると、自分が損をするため、注意が必要です。

理由は、他人に利用され続けるから。

  • 上司「業務の進捗が遅くなっているから、休日出勤してくれ」
  • 自分(内心)「とりあえず、やってみるか」
  • 自分「わかりました」
  • 数日後…
  • 上司「業務の進捗が遅くなっているから、残業してくれ」
  • 自分(内心)「とりあえず、やってみるか」
  • 自分「わかりました」

こんな感じで、素直になり過ぎると他人に利用されやすく、自分が損をします。

素直になり過ぎるとデメリットにもなるため、注意しましょう。

ということで、以上になります。

素直になるためには、人間関係や損得で判断せず、実際に体験した事象で判断することが重要です。

まずは、とりあえずやってみて下さい。

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

-LIFE