WORK

【体験談あり】仕事の残業は必要あるか?

【体験談あり】仕事の残業は必要あるか?

年間残業700Hを11年続けた経験があるシゲです。
今回は「仕事の残業は必要あるか?」について解説していきます。

・仕事の残業は必要か?
・残業を辞められない理由は何か知りたい。
・残業を減らす方法を知りたい。

というお悩みにお答えしていきます。

目次

  1. 仕事の残業は必要あるか?
  2. 残業を辞められない原因
  3. 残業を減らす方法

1:仕事の残業は必要あるか?

仕事の残業は必要あるか?

「仕事の残業は必要か?」とお悩みの方は、基本的には、残業は必要ないです。

残業の原因は、ほぼ外的要因から発生しているからです。

たとえば、「急に顧客からの電話がきて、対応したため予定していた作業が終わらない。」や「急な社内会議などが入って、予定していた作業が終わらない。」などがあげられます。

そのため、予定の仕事が定時間内で終わらず、残業時間にずれ込んでしまいます。

ただし、生活費が足りない理由の場合は、残業が必要か、必要ないかの判断は難しいです。詳しくは、本記事の続きで解説しています。

なお、ダラダラ残業するのは、会社にもあなたのためにならないため、辞めましょう。

私は、年間残業700Hを11年続けた経験があります。

初めの1~3年目までは、「いつか会社が変わって残業も減るだろう。」と期待しました。

しかし、11年経っても会社は変わりませんでした。

そのため、会社を退職することを選び、今では残業せずに済んでいます。

上記のことから、残業は基本的には必要がありません。

2:残業を辞められない原因

残業を辞められない原因

「残業を辞められない原因は何か知りたい」とお悩みの方は、下記4つが原因になります。

・生活費が足りない。

・顧客や関係部署など他の人との対応で、自分の時間が取れない。

・上司などがまだ残っているため、先に帰れない。

・会社からの評価が下がる。

では詳しくみていきましょう。

生活費が足りない

残業を辞められない原因として、「生活費が足りない」という方もいると思います。

基本給では、生活をするのが厳しいため、残業をして稼ぐ必要があるという主張ですね。

これは、半分正解で半分不正解です。

務めている会社により異なるため、正解か不正解か判断しづらいです。

判断するためには、基本給と残業代を比較する必要があります。

たとえば、毎月基本給15万円貰っているとし、時給に換算します。

150,000円 ÷ 20(稼働日) = 7,500円(1日当たり)

7,500円 ÷ 8(時間) = 約937円(1時間当たり)

基本給の時給を算出することができましたね。

では、「基本給の時給換算」と「残業代の時給換算」を比較してみましょう。

「基本給の時給換算」 < 「残業代の時給換算」の場合

残業時間の方が、定時より稼げている状況ですね。

そのため、残業をしてもあなたに得があるため残業をしても良いでしょう。

ただし、残業代の時給単価が低い場合は、残業ぜずに別の収入源を作ることに時間を使いましょう。

「基本給の時給換算」 > 「残業代の時給換算」の場合

定時時間の方が、残業より稼げている状況ですね。

そのため、残業をしてもあなたは損をしているため、残業は辞めましょう。

残業時間を別の収入源に使う方が、あなたのためになります。

上記の理由から、「生活費が足りない。」は、残業を辞められなくなる原因の一つになります。

顧客や関係部署など他の人との対応で、自分の時間が取れない

「顧客や関係部署など他の人との対応で、自分の時間が取れない」は残業を辞められない原因になります。

たとえば、メールの確認などをしていると、「顧客から、今からOOの件について調整させて欲しい」という内容のメールが入っていたとします。

この場合、予定していた自分の作業より、優先して顧客と調整をしてしまいますよね。

同様に、関連部署なども急な依頼がきて時は、対応などもしてしまいます。

そのため、気づいたら、予定していた自分の作業が、定時以内に終わらず、残業時間に作業しないといけなくなってしまいます。

上記の理由から、「顧客や関係部署など他の人との対応で、自分の時間が取れない。」は、残業を辞められなくなる原因の一つになります。

上司などがまだ残っているため、先に帰れない

残業を辞められない原因として、「上司などがまだ残っているため、先に帰れない。」があります。

上司が頑張っているのに、自分だけ先に帰るのは気が引けると考えてしまうため、結局残業をしてしまいます。

これは、日本人特有の「公平であることが美徳」という考え方からくるものでしょう。

しかし、上司の方が給料を多く貰っているため、仕事量が多くなるのは当たり前です。

そのため、上司と合わせてもあなたが損するだけですよ。

上記理由から、「上司などがまだ残っているため、先に帰れない。」は、残業を辞められなくなる原因の一つになります。

会社からの評価が下がる

残業を辞められない原因として、「会社からの評価が下がる。」があります。

人は誰でも、誰かに認められたい(承認欲求)と感じてしまう生き物です。

そのため、自分が会社から評価されたい、認められたいと考えてしまうため、会社からの評価が下がることを嫌います。

また、給料などにも関わってくるため、当然ですよね。

承認欲求は、様々な心理学者なども論文などで認めています。

有名なところだと、「マズローの五段階」や「アドラー心理学」などがあります。

承認欲求について詳しく知りたい方は、下記本をどうぞ。

この本は青年と哲学者の対話方式で書かれているため、非常にわかりやすくなっています。

上記理由から、「会社からの評価が下がる。」は、残業を辞められなくなる原因の一つになります。

3:残業を減らす方法

残業を減らす方法

「残業を減らす方法を知りたい」とお悩みの方は、下記5つが残業を減らす方法になります。

・仕事を断ろう。

・自分の持っているスキルをすべて公開しよう。

・やるべきことを明確にしよう。

・自分の仕事を最優先に確保しよう。

・環境を変える。

では詳しくみていきましょう。

仕事を断ろう

残業を減らすために、自分の容量範囲外の仕事は断りましょう。

残業の原因は、ほぼ外的要因になります。

そのため、外的要因の仕事を断ることで、残業時間を減らすことができます。

顧客の場合は、断りづらいなどありますが、同じ部署の仕事などは断れるはずです。

たとえば、上司から「OOの進捗が遅れていて、XXをやってくれ」と依頼されたとしても、OOの進捗が遅れている原因はあなたにはないため、断る権利はあります。

過去の私は、外的要因が断れなかったため、疲労していました。

その間、上司や関係部署の人などは、先に帰宅して、イライラした記憶があります。

また、上司は昇進していったが、私は給料などほぼ変化がなく、損をしただけでした。

上記理由から、残業を減らすために、自分の容量範囲外の仕事は断りましょう。

あなたが損するだけです。

自分の持っているスキルをすべて公開しよう

残業を減らすために、自分の持っているスキルをすべて公開しよう。

あなただけができる仕事を持っていると、他の人は「あなたに任せとけばいいや」と考えるため、あなたに仕事が集中してしまい、結果残業が増えてしまいます。

そのため、あなたの持っているスキルをすべて公開することで、「誰でもできる仕事」にすることができ、残業を減らすことができます

しかし、「自分だけができる仕事を持っていた方が、会社から評価されるのでは?」と考えている方もいるはずです。

よく考えて下さい。会社は売上が上がることが目標です。

売り上げを上げるためには、顧客に商品を売るか自社の費用を削る必要があります。

自社の費用を削るには、作業を効率化するか、単価の低い従業員を雇うことが重要ですよね。

そのため、あなただけができる仕事より、誰でもできる仕事にした方が会社のためになります。

つまり、あなたが「あなたしかできない仕事」を「誰でもできる仕事」にした実績を説明した方が、会社から評価されるはずです。

上記理由から、自分の持っているスキルをすべて公開することで、残業を減らすことができますし、会社からの評価もされるはずです。

やるべきことを明確にしよう

残業時間を減らすには、やるべきことを明確にしましょう。

やるべきことが明確になれば、それ以外の仕事をする必要がなくなりますよね。

そのため、残業を減らすことができます。

仕事を始める前に、本日やるべきことを箇条書きで書いてみましょう。

そうすることで、今日やるべきことが明確にすることができます。

上記理由から、やるべきことを明確にすることで、残業を減らすことができます。

自分の仕事を最優先にしよう

残業を減らすためには、自分の仕事を最優先にする必要があります。

あなたが今日予定している仕事は、今日または、近日中に終わらさないといけない仕事の可能性が高いです。

急な依頼の外的要因の仕事は、納期はもっと先になるはずです。

もし、急な依頼で納期が、今日または、近日中の場合は断っても問題ないでしょう。

そのため、最優先の仕事は、今日予定している仕事なのです。

上記理由から、自分が今日予定している仕事を最優先にすることで、残業を減らすことができます。

環境を変える

残業を減らすためには、環境を変えましょう。

これは最終手段なのですが、効果は絶大です。

「会社が良くなれば、残業も減るだろう」と考えて、同じ仕事を続けていても、会社は簡単に変わってくれません。

そのため、自分が環境(転職など)を変えることで、残業時間を減らすことができます。

私は、年間残業700Hを11年続けた経験があります。

11年苦痛だった残業を、会社を退職することで、解消することができました。

11年間も悩んできたものが、一瞬で解消することができたので、「こんなに簡単に解説できるのか。」「辞めてよかった。」と感じることができました。

また、ストレスも減らすことができたため、非常にいい結果だったと感じています。

上記理由から、環境を変えることで、残業を減らすことができます。

ということで、以上になります。
最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

-WORK

© 2021 shigeblog