WORK

会社に勤め続けても成長できない理由【成長する方法も紹介】

会社に勤め続けても成長できない理由【成長する方法も紹介】

こんにちは、シゲです。

会社で真面目に働き続けているけど、成長できていない気がする…
成長するためには、どうすればいいの?

というお悩みにお答えしていきます。

本記事の内容は、下記です。

本記事内容

1:会社に勤め続けても成長できない理由
2:自己成長する方法

本記事を読み実践して頂ければ、会社で成長できない原因がわかり、どうすれば成長できるかを理解することができます。

会社に期待して11年働き続けたが、全く成長できなかった経験がある私が、詳しく解説しますね。

なお、「そもそも、成長って必要あるの?」と疑問に感じている方は、下記記事を参考にしてみて下さい。

社会人は成長する必要があるか?【成長する方法も紹介】

WORK

社会人は成長する必要があるか?【成長する方法も紹介】

2020/1/31  

こんにちは、シゲです。 というお悩みにお答えしていきます。 本記事の内容は、下記になります。 1:社会人は成長する必要があるか? 2:社会人で成長する方法 本記事を読めば、社会人になって成長は必須と認 ...

結論だけ言うと、必要ありです。

では、本題に入ります。

1:会社に勤め続けても成長できない理由

1:会社に勤め続けても成長できない理由

会社に勤め続けても成長できないのは、下記3つの理由があるからです。

①保守的な上司に従っている

②毎日同じ作業を繰り返している

③会社から成長する機会を与えてもらえると考えている

①保守的な上司に従っている

保守的な上司に従っても、行動が制限され、新しい事に挑戦できなくなるからです。

例えば、業務改善案を提案しても、下記のように断れるとかです。

自分「○○の書類作成は、Excelのマクロで自動化すれば、効率が上がりますよ」

上司「Excelのマクロを覚える時間がないし、教育費は出せないよ」

上司「それに、仕組みを作る時間を確保もできないから、難しいね」

自分「…わかりました」

こんな感じで、保守的な上司に従っても、新しいことに挑戦できません。

新しい事に挑戦できなかったら、新しい知識やスキルは身に付かないため、成長できないのも当然ですよね。

保守的な上司に従い続けるのは辞めましょう。

立場が上になるほど保守的になる

とはいえ、「保守的な上司ばかりではないはず」と感じる方もいるはずです。

確かに、積極的な上司もいますよね。

しかし、大半の上司は保守的なはずです。

理由は、昇進するたびに責任が大きくなっていき、リスクを回避することに必死になるからです。

例えば、下記みたいな感じです。

平社員「失敗しても、上司が責任を取ってくれる」

中間管理職「部下の責任も、自分が取らないといけない」

経営者「全従業員の給料と会社の経営を守らないといけない」

このように、昇進するたびに、責任が大きくなっていくため、リスクが高くなります。

人は、リスクを避けようとするため、リスクが多いと確信のある行動しかできなくなり、保守的になります。

会社の上司が保守的な人が多いのは、上記理由からです。

保守的な人に従っていても、自己成長することはできませんよ。

保守的な上司に従うのは辞めましょう。

②毎日同じ作業を繰り返している

同じ作業の繰り返しだと、新しい知識やスキルが身に付かないからです。

例えば、工場で働いているなら、下記みたいな作業の繰り返しになり、新しい知識やスキルは身に付きません。

① マニュアル通りに商品の組立

② マニュアル通りに商品の検査

③ マニュアル通りに商品の梱包

毎日マニュアル通りに作業をしていても、成長はできませんよね。

「毎日同じ作業を繰り返しているかも…」と感じている方は、新しいことに挑戦しましょう。

③会社から成長する機会を与えてもらえると考えている

会社や上司は、わざわざ成長する機会を用意してくれないからです。

例えば、部下に成長の機会を与える気があるなら、下記言動をするはず。

・覚えておいた方がいいスキルや知識を教えてくれる

・教育費を出してくれる

・具体的にどう仕事に役立つかを説明してくれる

大半の会社や上司は、上記言動をしてくれないはずです。

このように、「会社から成長する機会を与えてもらえるはず」と考え、待っていても成長する機会を与えてもらえないため、成長することができません。

【体験談】会社に期待して11年働き続けたが、成長できなかった話

もう一つ私の体験談も紹介します。

私は「いつか会社から成長する機会を与えてもらえるはず」と考え、11年間同じ会社に働き続けました。

しかし、実際には入社してから3年間で覚えた知識とスキルだけで働き続けてしまい、全然成長できませんでした。

退職後に「約8年間、全然成長できなかった…」と実感して、かなり後悔しましたね。

このように、会社から成長する機会は与えてもらえません。

待っていても、自分が損をするだけなので、会社に期待するのは辞めましょう。

自己成長するためには、自分で行動する必要があります。

会社に勤め続けても成長できません

ここまでが、会社に勤め続けても成長できない理由になります。

理由を再度貼っておきます。

① 保守的な上司に従っている

② 毎日同じ作業を繰り返している

③ 会社から成長する機会を与えてもらえると考えている

他人から成長する機会を与えてもらおうと、思考停止して待っていても現状維持のままで成長できません。

会社や上司に期待するのは辞めて、自ら成長するための行動を始めましょう。

とはいえ「具体的にどう行動すれば、成長できるの?」と感じる方もいるはずです。

そこで、次の章から具体的な方法を紹介します。

実践して頂ければ、成長する機会を増やすことができますよ。

ぜひ、試してみて下さい。

2:自己成長する方法

2:自己成長する方法

自己成長する方法は、大きく分けて下記2つの方法があります。

・個人で行動をする

・成長できる環境を選択する

個人で行動をする

個人で行動をすれば、会社や上司に頼ることはなくなり、自ら成長する機会を作ることができるからです。

具体的には、下記2つの方法がおすすめです。

・業務改善

・副業

例えば、業務改善なら下記みたいな感じです。

自分「○○の書類作成は、Excelのマクロを使えば、自動化できて効率が上がりそう」

~Excelのマクロを勉強しつつ、仕組みを作る~

自分「○○の書類作成は、以前まで2時間掛かっていたけど、5分で処理できるようになった」

このように、業務改善をすると新しい知識やスキルが身に付き、自己成長できます。

本業で成長したいなら、業務改善してみるのもありです。

また、副業なら、本業とは全く違う知識やスキルを身に付けられます。

副業をすれば、収入も増やせるため「昇給できない…」という不満も解消できますよ。

ネットで仕事を受注できるサイト(クラウドソーシング)を貼っておくので利用してみて下さい。

クラウドワークス

※無料で利用可能
※会員登録者数100万人以上
※自宅ワーク可
※246種の仕事あり

成長できる環境を選択する

自分が成長できると思う環境に変えれば、新しい知識やスキルを身に付けることができるからです。

具体的には、下記2つの方法があります。

・転職

・フリーランス

例えば、今コンビニで働いているなら、IT系の企業に転職するとかです。

IT系の企業に転職すれば、働きながらIT系のスキルや知識を身に付けることができます。

このように、全く違う業種の会社に転職すれば、勉強しながら給料を貰うことができます。

「今の会社では、成長できていない気がする…」という方は、転職もありですよ。

また、フリーランスになれば、個人で稼ぐ知識とスキルがないと生活することができないため、自然に成長することができます。

リスクがないわけではないですが、成長し続けたいなら、フリーランスを目指すのもありです。

私は、現在フリーランスで生活をしようと決めて、行動しています。

ということで以上になります。

ここまで、解説してきた通り、会社や上司に期待しても、成長することはできません。

自己成長するためには、自ら行動することが重要です。

行動しないと成長することはできないため、すぐにでも行動を始めましょう。

【副業】

クラウドワークス

※無料で利用可能
※会員登録者数100万人以上
※自宅ワーク可
※246種の仕事あり

【転職活動】

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

-WORK