BLOG

ブログの文字数はどれくらいがいいの?【読者優先がコスパ最強】

ブログの文字数はどれくらいがいいの?【読者優先がコスパ最強】

ブログ毎日更新を100日以上続けているシゲです。

ブログを書く際に文字数はどれくらいがベストなのか知りたい。SEO的には、どれくらいの文字数がいいの?ブログを始めたが文字数が1,000文字も書けない…。

というお悩みにお答えしていきます。

本記事の内容は、下記になります。

ポイント

1:ブログの文字数はどれくらいがいいの?【読者・SEO別で解説】
2:ブログの文字数が増えない時の対処方法
3:今後のブログ運営で意識すること【結論:読者優先です】

詳しく解説していきますね。

1:ブログの文字数はどれくらいがいいの?【読者・SEO別で解説】

ブログの文字数はどれくらいがいいの?【読者・SEO別で解説】

ブログで必要な文字数は、下記になります。

読者優先 =読者が欲しい答えが書いてあれば、何文字でも良い(むしろ短い方が良い)

SEO優先 =3,000文字以上(網羅性が重要)

最終結論 =3,000文字を目指すのがおすすめ

正直、文字数より、読者優先の内容にすることが一番重要になります。

文字数に囚われることなく、ブログを執筆しましょう。

結論は、以上なのですが、少しだけ補足していきますね。

読者のために書く必要がある理由

自分が読者になればわかりますが、シンプルに欲しい答えがすぐにわかった方が嬉しいからです。

たとえば、下記みたいな感じですね。

読者「料理を習いたい。でも、家計も厳しいから価格がいくら掛かるかで判断しよう」

~例1~

見出し大:料理教室に掛かる費用は月○○円です

見出し小:おすすめの料理教室は、2か所だけ

見出し小:自宅でも、料理は覚えられます

~例2~

見出し大:料理教室を特徴・料金別で紹介

見出し小:料理教室Aの特徴・料金

見出し小:料理教室Bの特徴・料金

見出し小:料理教室Cの特徴・料金

見出し小:料理教室Dの特徴・料金

見出し小:料理教室Eの特徴・料金

見出し大:結果料理教室A~Eの平均料金は月○○円です

※見出し毎に、文字数500文字とします。

読者からすると、例1の方が、文字数約1,500文字と少なく、読者が欲しい答えがすぐに見つかるため有益と感じますよね。

逆に、例2は文字数が3,500文字も使っているのに、最後まで読まないと読者が欲しい答えにたどり着けません。

私が読者なら、スクロールして最後まで見るか、ページを離脱しますね。

上記理由から、文字数を気にするのではなく、読者が欲しい答えがあるかを意識してブログを書きましょう。

SEO的には、文字数よりも網羅性が重要

とはいえ、Googleの検索エンジンで上位を占めている人達は、文字数が多めですよね。

文字数が多く上位に食い込んでいるのには、理由があります。

その理由は、網羅性を高めるために、文字数が多くなっているだけだからです。

つまり、Googleは文字数ではなく、網羅性を重視しているということです。

たとえば、ブログを開設する時に、下記2つの記事があるとします。

記事1

1:ブログ開設するなら、無料で使えるはてなブログがいいですよ

記事2

1:初心者なら無料で始められるはてなブログもあり

2:今後を考えるなら有料のワードプレスがおすすめ

3:はてなブログとワードプレスを比較

4:それぞれのメリット・デメリット

こんな感じで、読者が求めている情報量が多そうなのは、記事2ですよね。

そのため、Googleは、記事1<記事2と判断して、記事2の方が順位を上げやすくなるからです。

つまり、Googleの検索エンジンで上位を占めている人達は、網羅性が高めることが目標で、たまたま文字数が多くなっているだけです。

ということで、「ブログの文字数はどれくらいがいいの?」の答えは、下記になります。

結論:網羅性が高く読者が欲しい答えがある記事なら、何文字でもいい。

しかし、ブログを書くのに目安がないと不安ですよね。

そこで、目安が欲しい方は、約3,000文字くらいを目標にしてみましょう。

私の感覚で申し訳ないですが、網羅性を高めようとすると約3,000文字くらいは必要になります。

また、文字数が多くなりすぎても、読者は多くの情報量から、結論を探す必要があるため、迷惑になりますよね。

スマホで約3,000文字の記事でも読む時は、5回以上スクロールを読者にさせていることになります。

上記理由から、網羅性・読者目線を考えると、約3,000文字を目標にすることをおすすめします。

2:ブログの文字数が増えない時の対処方法

ブログの文字数が増えない時の対処方法

ブログ初心者で、「書くことがなくて、全然文字数増えない」と悩んでいる方は、初めに文章構成を作ることをおすすめします。

文章を書く前に文章構成を作れば、網羅性が高くなり、文字数を増やすことができるからです。

たとえば、「〇〇の使い方」についてブログを書く時に、構成が決まっていないと、〇〇の使い方だけを書くため、文字数が増えません。

そこで、初めに文章構成を考えると下記のような感じになります。

1:〇〇の使い方

2:〇〇を使って、自分自身がどう変わったのか?

3:どんな人にオススメか?

4:そもそも○○は使う価値があるのか?

各項目500文字書けば、2,000文字になります。

私自身もこの方法を使い、毎日3,000~5,000文字以内の記事を100記事続けて書くことができています。

このように、初めに文章構成を作れば、文字数は増やすことができるので試してみて下さい。

3:今後のブログ運営で意識すること【結論:読者優先です】

今後のブログ運営で意識すること【結論:読者優先です】

Processed with VSCO with c1 preset

結論は、今後のブログ運営で重要なのは、文字数ではなく、読者を優先することです。

具体的には、下記3つが理由になります。

・Google自体が、ユーザー第一と考えている

・SNSなど流入口が広くなってきている

・今後のSEOは、権威性を意識する

では、詳しく解説していきます。

Google自体が、ユーザー第一だと考えている

Google自体がユーザーを大切にすることを、企業理念として公表しているからです。

そのため、検索エンジンもユーザーを大切にするため、アップデートを繰り返しています。

具体的には、Google が掲げる 10 の事実をご確認下さい。

つまり、読者に有益な情報ならSEOの順位も自ずと上がってくるということです。

文字数を気にせず、読者のためになる情報をブログに書きましょう。

SNSなど流入口が広くなってきている

ブログの流入がSEO以外にも増えてきているからです。

たとえば、下記みたいな感じです。

・Twitter →ブログ

・Facebook →ブログ

・Instagram →ブログ

・YouTube →ブログ

上記みたく、SEO以外にもブログにアクセスする方法が多くなってきています。

そのため、SEOで通用する方法だけで上位を取っても、読者の満足する内容でなくれば、読者は離れていきます。

やはり、重要なのは、読者が満足する内容かどうか?この1点につきますね。

今後のSEOは、権威性を意識する

今後、SNSやYouTubeなど個人の発言が重視されていくからです。

SNSやYouTubeからの個人のサイトへアクセスが集まると、Googleの検索エンジンを使う層が激減しますよね。

そのため、SEOも影響力がある個人(権威性)を重視せざるを得なくなっているからです。

上記理由から、今後は個人の信頼が重要になるため、ブログを書く時は、読者のためになる記事を書くことが重要になります。

4:まとめ

では、本記事の内容をまとめます。

1:ブログの文字数は、網羅性が高く読者が欲しい答えがある記事なら、何文字でもいい。ただ、目安がないと不安な方は、3,000文字くらいを目標にしよう。

2:ブログの文字数を増やすには、文章構成を作ることで解決できる。

3:今後のブログ運営で重要なのは、読者の信頼を得るために読者を優先することです。

文字数を目標にしても、あまり良いことはありませんよ。

自分の信頼を得るためにも、読者を満足する記事を書いていきましょう。

私もまだまだ勉強中なので、頑張ります。

ということで、以上になります。
最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

-BLOG

© 2021 shigeblog