LIFE

同窓会に行かない方がいい理由【断り方も紹介】

同窓会に行かない方がいい理由【断り方も紹介】

こんにちは、シゲです。

同窓会に誘われているけど、めんどくさいな~。
会いたくない人もいるし、行きたくない…

というお悩みにお答えしていきます。

本記事の内容は、下記になります。

本記事内容

1:同窓会に行かない方がいい理由
2:同窓会に誘われた時の断り方

結論からいうと、同窓会に行く必要はありません。

本記事を読めば、同窓会に行かなくてもいいという決意ができ、誘いを断ることができます。

1度同窓会に参加して、「同窓会は行かないほうがいいな」と感じた私が、ノウハウを共有しますね。

1:同窓会に行かない方がいい理由

1:同窓会に行かない方がいい理由

同窓会に行かない方がいい理由は、下記4つです。

・お互いの状況確認になる

・過去の会話になる

・面倒事に巻き込まれる

・今後も付き合いが増えることはない

お互いの状況確認になる

久しぶりに再会したため、話の話題が「今何やっているの?」で始まることが多いからです。

最終的には、誰かの自慢話をなるため、時間が無駄になりますよね。

私が同窓会に参加している時に、一番多かった会話が、現状の確認でしたね。

・今仕事何やっているの?

・今、彼女っている?

・収入いくら?

こんな会話ばかりでした。

最終的には、同級生の自慢話を聞かされ、「うざいな~ つまらない」と感じたことを覚えています。

同窓会に参加しても、互いの状況確認が多いため、行かなくても問題ありません。

過去の会話になる

お互いの状況確認が終わった後は、過去の話題しか話すことがないからです。

例えば、下記のような会話です。

同級生「そういえば、お前○○のこといじりまくってたよね(笑)」

自分「そうだね。いじっても○○が笑ってたから、いじりやすかった」

同級生「そういえば、○○って…」

こんな感じで、過去の話題を続けている感じです。

しかし思い出話はその瞬間が楽しいだけで、時間が無駄じゃないですか?

思い出話が好きな人はいいかもですが、時間は有限なので、個人的には無駄と判断しています。

面倒事に巻き込まれる

同窓会の大半は、お酒を飲む場所で開催されるからです。

久しぶりに会う高揚感も混ざり、ダル絡みをされることが増えます。

私が同窓会に参加した時は、下記のような人がいましたね。

・泥酔した人

・バカみたいに騒いでいる人

・異性に絡みまくっている人

このように、面倒事に巻き込まれる可能性が高くなります。

面倒事に巻き込まれないためにも、同窓会は行かない方がいいです。

今後も付き合いが増えることはない

同窓会終了後も付き合いがある人は、今まで付き合いがあった人だけで、ほぼ関わらなくなるからです。

同窓会をきっかけに、また付き合い出したとかほぼありません。

私も、結局今まで付き合いがあった友達しか関わっていないですね。

同窓会をきっかけに恋人ができたり、友達が増えるなどはドラマなどだけで現実ではありないです。

同窓会に期待をするのは辞めましょう。

同窓会参加は辞めましょう!!

ここまで解説してきた通り、同窓会に参加しても、時間と参加費が無駄になるだけです。

そもそも気が合う人なら、同窓会という機会がなくても、頻繁に会っているはず。

自分のためになるかを考え、同窓会に参加するか決めてみて下さい。

私は、一生参加しないと思います。

2:同窓会に誘われた時の断り方

2:同窓会に誘われた時の断り方

とはいえ、「同窓会に誘われた時の断り方がわからない…」と悩んでいる方もいるはず。

そこで、同窓会に誘われた時の断り方を紹介します。

同窓会に誘われた時の断り方は、1つだけで“素直に行きたくないと答える”ことです。

「それができないから困っている!!」と感じるかもですが、困る必要は全くありません。

理由は、下記2つです。

・頻繁に会う友達なら、納得してくれる

・久しぶりに連絡がきた同級生なら、嫌われても問題なし

頻繁に会う友達なら、納得してくれる

頻繁に会う友達なら、素直に回答をしても、納得して貰えて仲が悪くなることはないからです。

例えば、下記みたいな感じです。

友達「来月、中学の同窓会開かれるみたいだけど、参加する?」

自分「いや、話すこともなないし、辞めておく」

友達「そうだよね。おれも不参加にするわ」

このように、頻繁に会う友達なら、素直に行きたくないと言っても納得してくれるため、問題ありません。

素直な理由で行きたくないと断りましょう。

久しぶりに連絡がきた同級生なら、嫌われても問題なし

久しぶりに連絡がきた同級生なら、今後も会うことはないからです。

今後会わない人に、どう思われていようがどうでもいいですよね。

私も普段生活している中で、会っていない同級生のことを考えることはありません。

また、会っていない同級生にどう思われているかも興味がないですね。

私のように感じている人が大半のはず。

このように、今後も会わない人達に、気を使う必要はありません。

過去に関わっていた人達がいなくても、今まで通りに生活はできるため、素直に行きたくないと断ってみて下さい。

素直に行きたくないと断ろう

ここまで解説してきた通り、同窓会に誘われた時の断り方は、素直に行きたくないと答えれば、問題ありません。

駆け引きとかは必要ないため、素直に対応してみて下さい。

まとめ 同窓会より自分の時間を優先しよう!!

本記事の内容をまとめます。

結論は、無理をして同窓会に行く必要はありません。

詳しい理由は、下記4つです。

・お互いの状況確認になる

・過去の会話になる

・面倒事に巻き込まれる

・今後も付き合いが増えることはない

上記のように、自分がプラスになることは全くないです。

思い出話が大好きなら、参加してもいいですが、私は自分の時間を無駄にしたくないので、今後も参加する予定はありません。

あなたの感覚に合う方を選んでみて下さい。

仮に、断りたいなら、素直に行きたくないと伝えればOK。

今後、全然会わない人に気を使っても、自分が損するだけです。

同窓会に行くのを辞め、自分のために時間を使いましょう。

ということで、以上になります。
最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

-LIFE

© 2021 shigeblog