LIFE

選択を迷わない方法【迷ってしまった時の抜け出す方法も紹介】

選択を迷わない方法【迷ってしまった時の抜け出す方法も紹介】

こんにちは、シゲです。

・頻繁に迷ってしまい、時間を無駄にしてしまう…
・すぐに決断できるようになりたい。

という悩みにお答えしていきます。

本記事の内容は、下記です。

  • 1:選択を迷わない方法
  • 2:迷ってしまった時に抜け出す方法

本記事を読み実践すれば、迷うことを減らすことができます。

なぜなら、11年勤めた会社を退職しようか約5年ほど迷っていた経験がある私が、本記事で紹介する方法を使い、退職することができたからです。

上記背景を持つ私がノウハウを共有しますね。

1:選択を迷わない方法

1:選択を迷わない方法

選択を迷わない方法は、下記3つです。

  • 選択肢を広げすぎない
  • 選択肢を絞る
  • 物事をシンプルに考える

選択肢を広げすぎない

選択肢を広げすぎると比較するのに苦労するからです。

例えば、Google検索で「漫画 おすすめ」と検索すると、下記のようなタイトルを含む記事が上位に表示されます。

  • ベスト100ランキング
  • 人気ランキング50選
  • 250作品からまとめた…

50作品以上全てを比較して選ぶのは相当な労力が必要ですよね。

そのため、大半の人は“1~5位以内の作品を選ぶ“または、”探すのを辞める“はず。

このように、選択肢を広げすぎると迷う原因になります。

迷いをなくすためには、選択肢の幅を広げすぎないことが重要です。

私個人的には、5~10個以内にしていますね。

選択肢を絞る

選択肢を絞ることで、考える労力を最小限にすることができるからです。

例えば、高校に入学して入部する部活動を選ぶとします。

内訳は下記です。

  • 【運動部】合計:10個
    • バレーボール、サッカー、野球、テニス、陸上、バトミントン、バスケ、水泳、卓球、柔道
  • 【文化部】合計:5個
    • 茶道、軽音、美術、料理、文芸

全部で15個の部活があり、全て見学して1つ1つ調べるのは大変ですよね。

そこで、選択を絞ります。

例えば、運動部と限定するなら、15→10個に選択肢を減らせます。

さらに、球技以外という条件にするなら、陸上・水泳・柔道だけが残り、3個まで絞れますよね。

後は、3つを見学して、自分に合っているかを吟味すればいいので、労力を最小限にすることができます。

迷いをなくすためにも、選択肢を絞りましょう。

私は、必ず3つ以内にすると決めています。

個人差があるので、自分に合う選択肢の絞り方をしてみて下さい。

物事をシンプルに考える

迷う時には、関連性を含め考えてしまうことが多いからです。

私が11年勤めた会社を辞める決断ができず、5年ほど迷っていたのもこれが原因ですね。

具体的には、下記のような関連性を考えていまい迷っていました。

  • 私が退職したら、同僚に迷惑が掛かる
  • 正社員を辞めると、自分の社会的に価値が下がる
  • これまで築き上げてきた関係性などが水の泡になる

他にもありますが、切りがなくなるので、この辺にしておきます。

しかし、考えることはシンプルで「このまま働き続けて自分のためになるか?」これだけで良かったんですよね。

自分のためにならないと判断した私は、退職を決断。

退職後は、ストレスが激減し、気持ちを楽に生活することができています。

このように、迷う原因の1つは、関連性を含め考えてしまうからです。

物事をシンプルに考えれば、迷うことも減らせますよ。

「考えすぎているな~」と思ったら、物事をシンプルに考えてみて下さい。

自分の考えを優先してOK

唐突ですが、他人の反応が気になってしまい、決断できず迷っていませんか?

正直、無駄なので辞めた方はいいですよ。

理由は、大半の人は、環境が変われば、関わらなくなるから。

私は、11年勤めた会社で100名以上と関わってきました。

しかし、退職後は2~3名程度しか関わっていません。

現在は関わっていない元同僚のために、悩んでいた過去の自分がバカバカしく感じますね。

他人の反応を気にしていても、自分のためになりません。

生涯一番付き合い続ける自分を大切にするためにも、自分の考えを優先してOKです。

迷いを減らそう

ここまで解説してきた通り、下記3つが選択を迷わない方法になります。

  • 選択肢を広げすぎない
  • 選択肢を絞る
  • 物事をシンプルに考える

迷ってしまうのは、自分自身で考える範囲を広げているのが原因です。

そのため、選択肢を絞り、物事をシンプルに考えば、迷いを減らすことができますよ。

迷っていて時間を無駄にしないためにも、是非試してみて下さい。

とはいえ、「大きい決断になれば、必ず迷ってしまう時があるはず」と感じる方もいますよね。

確かに、ここまで解説してきた方法では、絶対に迷わないと言い切ることはできません。

そこで、迷ってしまった時の抜け出す方法を紹介します。

この方法を使えば、迷い続けることがなくなりますよ。

上記を詳しく解説していきますね。

2: 迷ってしまった時に抜け出す方法

2:迷ってしまった時に抜け出す方法

迷ってしまった時に抜け出す方法は、下記3つです。

  • 時給換算で考える
  • 一度考えるのを辞める
  • 迷うのを放棄して行動を優先する

時給換算で考える

時給換算で考えれば、迷っている時間どれだけ損しているか自覚できるからです。

例えば、時給2,000円で仕事のスケジュール作成に迷っているとします。

時給換算で考えると、下記のように迷っている時間分、損し続けていますよね。

  • 1時間   =-2,000円
  • 10時間  =-2万円
  • 100時間  =-20万円

迷う時間が増えるだけ損していますよ。

迷っている時間、損をしているとわかれば、無理にでも決断をしますよね。

迷ってしまったら、時給換算で考えてみて下さい。

一度考えるのを辞める

迷っている最中は、集中して物事を考えているため、客観的な視点ができないからです。

一度考えるのを辞める事で、冷静になり客観的な視点から、考えることができるようになります。

例えば、買い物をしている時に「この服買うか迷うな~」「そこまで欲しくはないけど500円で買えるし迷うな」など1度は購入を迷った経験があるはずです。

たぶん、商品を目の前にしている時は悩み続けていますよね。

そこで「どうしても欲しくなったら、もう一度来店しよう」と考え、一度別の店に行きます。

大半の人は、存在を忘れるかそこまで欲しいのものではなかったと気づき、もう一度来店はしないはずです。

このように、一度考えるのを辞めることで、客観的な視点で物事を考えられるようになるため、決断するきっかけにもなります。

迷ったら一度考えるのを辞めるのもありです。

迷うのを放棄して行動を優先する

行動しないことには、事実が明確にならないままだからです。

例えば、会社の上層部が会議ばかりなのは、行動をせずに迷っているからです。

  • ① 売上を上げる方法を検討するため会議を開く
  • ② 結論が決まらず、先延ばしになる
  • ③ また会議を開く

上記繰り返しをしているから、迷い続けています。

しかし、実際に挑戦することで、赤字事業か黒字事業か分かりますよね。

仮に、新規事業に挑戦して赤字でも、「売り上げを上げられない事業だ」とわかるため、前進しています。

※もちろん許容できる範囲を事前に決めておくのが前提です。

このように、迷い続けているなら、行動を優先してみて下さい。

事実が明確になり、迷い続けることはなくなりますよ。

行動を優先すべき理由について、もっと詳しく知りたい方は、下記記事を参考にしてみて下さい。

「決断力がない…」←行動を優先しよう【他人頼りは辞めるべき】

LIFE

「決断力がない…」←行動を優先しよう【他人頼りは辞めるべき】

2020/4/21  

こんにちは、シゲです。 というお悩みにお答えしていきます。 本記事の内容は、下記です。 1:「決断力がない…」←行動を優先しよう2: 他人に頼りすぎはリスクが高い 本記事を読み実践して頂ければ、決断力 ...

迷っていても、現状維持になるだけ

ここまで解説してきた下記3つが、迷ってしまった時に抜け出す方法になります。

  • 時給換算で考える
  • 一度考えるのを辞める
  • 迷うのを放棄して行動を優先する

ずっと迷い続けても、現状維持のままで、問題は解決できません。

私も11年勤めた会社を辞めるか迷い続け、結果的に5年間時間を無駄にしています。

正直、20代の5年間なので、かなり後悔していますね。

私のように後悔しないためにも、迷ってしまった時には、本記事で紹介した方法を使いの迷いから抜け出してみて下さい。

なお、決断力を高めたい方は、下記記事を参考にしてみて下さい。

「決断力がない…」←行動を優先しよう【他人頼りは辞めるべき】

LIFE

「決断力がない…」←行動を優先しよう【他人頼りは辞めるべき】

2020/4/21  

こんにちは、シゲです。 というお悩みにお答えしていきます。 本記事の内容は、下記です。 1:「決断力がない…」←行動を優先しよう 2: 他人に頼りすぎはリスクが高い 本記事を読み実践して頂ければ、決断 ...

ということで、以上になります。
最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

-LIFE