LIFE

モチベーション維持は必要ない理由【モチベーションに左右されないのが重要】

モチベーション維持は必要ない理由【モチベーションに左右されないのが重要】

こんにちは、シゲです。

・モチベーションの浮き沈みが激しい…

・モチベーションを維持するのにはどうすればいいの?

というお悩みにお答えしていきます。

本記事の内容は下記です。

  • 1:モチベーション維持は必要ない理由
  • 2:モチベーションに左右されない方法

モチベーションの浮き沈みがある自分にうんざりしていませんか?

正直、モチベーションを維持するのは不可能です。

今度こそ、モチベーションに振り回されたくないという方は、最後まで読み進めてみて下さい。

3分で読めます。

1:モチベーション維持は必要ない理由

1:モチベーション維持は必要ない理由

モチベーション維持は必要ない理由は下記。

  • モチベーションの変化があるのは自然
  • モチベーションの変化で成長できる
  • 本物はモチベーションに左右されない

各々、詳しく解説していきますね。

モチベーションの変化があるのは自然

誰でも、モチベーションの変化は必ずあるからです。

仮に、プロのスポーツ選手でも、毎日やる気に満ち溢れている方がおかしいですよね。

負ければ悔しいし、練習をきつくてやりたくないと感じることは必ずあります。

生きていれば、何度もモチベーションが変化するのは当たり前で自然のことですよ。

モチベーションの変化で成長できる

モチベーションの変化がないと同じことを繰り返すからです。

例えば、営業職でも営業のモチベーションが高い状況を保ったままなら、ずっと営業を続けますよね。

結果的に同じことの繰り返して成長できません。

それなら、営業のモチベーションが下がって、プログラミングに挑戦した方が、幅広くなり成長できますよね。

モチベーションを維持して、ずっと同じことをしていても成長しませんよ。

本物はモチベーションに左右されない

それに、本当に結果を出している人はモチベーションに左右されていません。

プロのスポーツ選手も、モチベーションの浮き沈みはあるけど、継続的に練習して結果を出せていますよね。

モチベーションでやるやらないを決めると、一歩先に進められず、結果も出せません。

感情を持っているのは人でいるメリット

それに、感情の起伏があるのは、人としての魅力です。

仮に、モチベーション維持をした方が結果を出せるなら、ロボットには人は勝てないことになります。

しかし、ロボットだけでは、何事でも上手くいかないですよね。

必ず、人の手(感情)が必要になります。

結局、感情を持っている人の方が、物事が上手く行きやすいです。

モチベーション維持は不要

ここまで解説してきた通り、下記理由から無理にモチベーションを維持させようとしなくて大丈夫です。

  • モチベーションの変化があるのは自然
  • モチベーションの変化で成長できる
  • 本物はモチベーションに左右されない

モチベーション維持は、現状維持になるし、どんな人でもモチベーションの変化は必ず起きます。

無理にモチベーションを維持しようとしても、辛くなるだけですよ。

モチベーション維持は諦めましょう。

とはいえ、「どうしても結果を出したい」と感じる方もいますよね。

そこで、モチベーションに左右されない方法を紹介します。

2:モチベーションに左右されない方法

2:モチベーションに左右されない方法

モチベーションに左右されない方法は下記。

  • 習慣化する
  • 本気になれることに投資する
  • 他人より自分を優先する

各々、詳しく解説していきますね。

習慣化する

習慣化することで、モチベーションに左右されずに行動し続けられるからです。

簡単なものなら、歯磨きとかですね。

モチベーションでやるかやらないか決めていないですよね。

そのほかにも、通勤などは嫌な気分になりますが、皆できているはず。

理屈抜きの感情だけに頼っていても、続けられず結果を出せませんよ。

モチベーションに左右されずに成果を出したいなら、まずは習慣化を目指しましょう。

本気になれることに投資する

本気になれば、モチベーションよりも行動を優先するからです。

仮に、やる気がない状況でも、「○○をやらないと給料を0にします」と言われたら、必死に実施しますよね。

本気になれば、モチベーションに左右されなくなります。

本気になれることを見つけて、投資しましょう。

他人より自分を優先する

他人の言動などは影響を及ぼすからです。

例えば、学生の時に「○○は、ちょっと性格悪い」と同級生と話している内に、自分も○○さんを嫌いになっているとかもよくありますよね。

このように、他人の言動は割とモチベーションに左右されてしまいます。

しかし、大半の人は生涯関わり続ける人達ではないので、他人を優先する必要はありません。

10年後にはほぼ関わっていないので、他人を優先するのは辞めましょう。

後はやるだけ

後はやるかやらないかの違いでしかありません。

今回紹介した方法を使い、モチベーションに左右されない状況を作りましょう。

モチベーションに左右されない状況を作ろう

ここまで解説してきた通り、下記方法でモチベーションに左右させない状況を作れます。

  • 習慣化する
  • 本気になれることに投資する
  • 他人より自分を優先する

結果を出すには、モチベーションに左右されないことが最低条件になります。

今回紹介した方法を使い、モチベーションに左右されない状況を作り、結果を出していきましょう。

3:モチベーション維持は諦めよう

本記事の内容をまとめます。

モチベーション維持は必要ない理由は下記。

  • モチベーションの変化があるのは自然
  • モチベーションの変化で成長できる
  • 本物はモチベーションに左右されない

モチベーションに左右されない方法は下記。

  • 習慣化する
  • 本気になれることに投資する
  • 他人より自分を優先する

モチベーションの維持は必要ないですよ。

モチベーションが変わるのは自然なことだし、成長するには必要不可欠です。

モチベーションを維持するよりも、モチベーションに左右されない状況を作る方が重要です。

本記事で紹介した方法を使い、モチベーションに左右されない情報を作ってみて下さい。

-LIFE