LIFE

失敗を受け入れられない原因とは?【対処方法も紹介】

失敗を受け入れられない原因とは?【対処方法も紹介】

こんにちは、シゲです。

・自分の失敗が受け入れられなくて、意地を張ってしまう…
・どうすれば、失敗を受け入れられるようになるかな?

というお悩みにお答えしていきます。

本記事の内容は、下記です。

本記事内容

1:失敗を受け入れられない原因とは?【理由を解説】
2:失敗を受け入れる方法

本記事を読み実践すれば、失敗を受け入れられるようになります。

20代まで失敗を恐れ、言い訳をしていた経験がある私がノウハウを共有しますね。

1:失敗を受け入れられない原因とは?【理由を解説】

1:失敗を受け入れられない原因とは?【理由を解説】

失敗を受けれられられない原因は、下記2つです。

・過去の経験から”失敗=苦痛”というイメージが強い

・失敗する=自分の評価が下がると思っている

各々詳しく解説していきますね。

過去の経験から”失敗=苦痛”というイメージが強い

過去に、失敗後に苦痛に感じる出来事があると苦痛が嫌になり「失敗をしたくない」という思いが強くなるからです。

例えば、学生の時にテストで30点を取ってしまい、親に説教された過去があるとします。

説教は苦痛に感じますよね。

その後、またテストで30点以下を取ってしまった時に、「また説教されるのは嫌!!」という思いが強く、テスト用紙を隠すなどの隠蔽をするようになります。

このように、過去の経験から”失敗=苦痛”というイメージが強いと、失敗を受けれられなくなります。

失敗する=自分の評価が下がると思っている

失敗すると周囲にバカにされて、自分の評価が下がると感じ、「自分の評価を下げたくない」という思うが強くなるからです。

例えば、運動をしている時に運動神経が悪いと周囲から笑われますよね。

運動神経が悪い人は、下記思考になるはず。

・皆できているのに、自分だけできていない…

・笑われている自分が恥ずかしい

・もうバカにされたくない

上記考えが強くなり、徐々に皆と運動することを避けるようになります。

このように、失敗する=自分の価値が下がると思っていると、失敗を受け入れられません。

【結論】失敗を受け入れられないのは、“失敗=悪い“というイメージ強いから

ここまで解説してきた通り、下記2つが失敗を受け入れられない原因になります。

・過去の経験から”失敗=苦痛”というイメージが強い

・失敗する=自分の評価が下がると思っている

どちらも、自分で作っている“失敗=悪い”というイメージが強いからですよね。

しかし、実際には失敗を受け入れない方が、周囲からの評価も下がるし、自分も辛くなるだけです。

私は、失敗を受け入れるようになってから、気持ちがかなり楽になりました。

また、周囲からも接しやすくなったと言われますね。

失敗を受け入れた方が、確実に自分のためになりますよ。

とはいえ、「どうすれば、失敗を受け入れられるかわからないんだよ!!」と感じる方もいるはず。

そこで、失敗を受け入れる方法を紹介しますね。

失敗を受けれ入れられず、自分が損し続けないためにも、是非試してみて下さい。

2:失敗を受け入れる方法

2:失敗を受け入れる方法

繰り返しになりますが、失敗を受け入れないのは、 “失敗=悪い“というイメージ強いからです。

つまり、“失敗=悪い“というイメージを変えれば、失敗を受け入れられるようになります。

結果的に、精神論になってしまい、すみません。

しかし、これから紹介する思考に変えれば、確実に失敗を受けれれるようになりますよ。

私も失敗を受け入れる時に、使っている思考なので、効果があります。

自分が損をしないためにも、これから紹介する思考に変え、失敗を受け入れてみて下さい。

具体的には、下記3つの思考です。

・失敗する方がメリットが大きい

・失敗を受け入れないと確実に損をする

・1度の失敗で人格否定されるなら、関わらなくていい

失敗する方がメリットが大きい

具体的には、下記メリットがあります。

・メンタルが強くなる

・失敗から学習して、成長できる

・プライドがなくなり、ストレスが減る

・人間味が見えて、周囲が親しみやすくなる

失敗を受け入れた方が、自分が得をしますよ。

失敗を受け入れることで、上記メリットが生まれることを覚えておいて下さい。

失敗を受け入れないと確実に損をする

失敗を受け入れないと現状維持のままで、問題を解決できないからです。

また、周囲からも「プライドが高い奴」と判断されてしまいますよ。

失敗を受け入れないと下記状況になります。

・周囲から「プライドが高くて信用できない人」と思われる

・失敗から逃げ続ける状態で、全く成長できない

・自分優先が強く、自己中になる

このように、失敗を受け入れないと確実に損をします。

論理的に考えると、失敗は確実に受け入れた方がいいと判断できます。

失敗を受けれいないと確実に損をすることを、忘れずに覚えておいて下さい。

1度の失敗で人格否定されるなら、関わらなくていい

1度の失敗で人格を否定する人と関わっても、人生豊かになることはできないからです。

例えば、仕事でミスをして「これだからゆとりは…」「○○なら、こんなミスしないぞ」などいう人と一緒に仕事をしても、いつまでも成果は出せません。

なぜなら、一緒に失敗した問題を解決してくれる存在ではないから。

一方的に、人格を否定する人と関わっても、嫌な気分が続きストレスになるだけですよ。

「この人は、人を批判して生きている人なんだな~」と割り切り、関わるのを辞めましょう。

皆、失敗して生きている

皆、大なり小なり失敗をして生きています。

例えば、下記のように有名な方でも失敗していますよ。

・ホリエモンさん
=ロケット打ち上げに2度失敗

・イチローさん
=高校最後の夏に、甲子園出場を逃す

・田村亮さん
=闇営業事件

このように、皆失敗を受け入れ生きています。

違いは、失敗を受け入れる覚悟があるかだけです。

初めは怖いかもですが、覚悟をして失敗を受け入てみて下さい。

自分が考えているよりも苦痛ではなく、気持ちが楽になるはずです。

【体験談】受け入れたら気持ちが楽になった話

私も、正社員で働かないとダメと考え、環境が悪い職場に11年ほど居座り続けたことがあります。

結果的に、精神的にボロボロになり、自分を追い込んでいました。

約10年も気づかなかったのだから、恥ずかしい話ですよね。

しかし、上記失敗を受け入れたから、「正社員で働かないとダメ」という固定概念を捨てられたし、退職をしてストレスフリーの生活が送れています。

失敗を受け入れ、次に何をしたらいいかを考え行動した方が楽ですよ。

実際に経験した私は、気持ちが楽になり、人生が楽しくなりました。

自分のためにも、言い訳を辞めて、失敗を受け入れましょう。

失敗を受け入れよう!!

ここまで解説してきた通り、下記3つの思考に変えることで、失敗を受け入れることができます。

・失敗するメリットの方が大きい

・失敗を受け入れないと確実に損をする

・1度の失敗で人格否定されるなら、関わらなくていい

私は、失敗を受け入れるようになってから、気持ちが楽になったし、周囲からも「柔らかくなったね」と言われ、人間関係も良好になりました。

全ては、自分の中の“失敗=悪い“ていうイメージが強すぎたのが原因ですね。

世の中探しても、失敗をしない人はいないため、皆失敗しながら生きています。

一度失敗を受け入れれば「こんなにも楽なんだ」と気づけますよ。

初めは怖いかもですが、勇気を振り絞って、失敗を受け入れてみて下さい。

ということで以上になります。
最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

-LIFE

© 2021 shigeblog