LIFE

「自分が嫌い」から抜け出す方法【結論:自分を優先することです】

「自分が嫌い」から抜け出す方法【結論:自分を優先することです】

こんにちは、シゲです。

・「自分が嫌い」と感じ、気持ちが萎えてしまう…
・できれば、自分嫌いを辞めたいけど、辞める方法がわからない。

というお悩みにお答えしていきます。

本記事の内容は、下記になります。

  • 1:「自分が嫌い」から抜け出す方法【思考を変えよう】
  • 2:環境を変えるのもあり

11年務めていた会社で、自分が嫌いと感じていた経験がある私が詳しく解説していきます。

1:「自分が嫌い」から抜け出す方法【思考を変えよう】

「自分が嫌い」から抜け出す方法【思考を変えよう】

結論からいうと、「自分が嫌い」を考え続けても、何も問題は解決できないし、気持ちが萎えるだけなので損をしています。

正直、思考を変えて行動すれば、自分嫌いは直ります。

具体的には、下記5つの思考を持つと自分嫌いを変えることが可能になります。

  • 自分の譲れない基準を作る
  • 自分優先の生活をする
  • 他人は無関心でいい
  • 失敗こそ成功の近道
  • 自分を責めても何も解決されない

では、詳しく解説していきますね。

自分の譲れない基準を作る

自分の譲れない基準を作ることで、自分のために行動できるようになるからです。

自分のために行動できれば、自分が嫌いになることはほぼなくなります。

逆に、自分の譲れない基準がないと、自分以外の誰かに合わせるため、自分の本能と違う行動をしてしまい、自分が嫌いになります。

私は11年同じ会社に勤めていた経験があり、当時は自分の譲れない基準を持っていませんでした。

在籍中は、上司から無茶ぶりで残業・休日出勤・徹夜の依頼も多かったです。

  • 上司「今日徹夜してくれ」
  • 私(本音)「今日かよ。急すぎだよ。そもそも俺がやる必要ある?」
  • 私(建て前)「でも、上司が困っているし、助けるか」
  • 「わかりました。」

上記のように、本音と実際の行動が異なるため、徹夜依頼を断れないでいる私自身が嫌いでした。

たとえば、「毎日ゲームを2時間できる環境にする」という譲れない基準があるとします。

その場合、徹夜は絶対に避けるため、「他の人に頼んで下さい」ときっぱり断ることができたはずです。

また、実際に自分がやりたいゲームを2時間できれば、自分自身を嫌いに感じる必要もなくなりますよね。

今回は、ゲームで例えましたが、自分に合った譲れない基準にすることが重要です。

上記理由から、「自分が嫌い」と感じるなら、自分の譲れない基準を作りましょう。

自分優先の生活をする

自分優先で生活をしないと、やりたいことができないからです。

たとえば、「結婚したい」と強く感じているとしましょう。

しかし、上司の依頼を断れず、毎日残業4時間、休日出勤ありの日々を続けています。

上記状態だと、婚活したいのに実施する暇がないですよね。

この時に、上司のことを嫌いになります。

しかし、内心は「上司の依頼を断れなかった自分が悪いのでは?」と自分の落ち度も考えてしまい、結果自分自身も嫌いになってしまいます。

自分を優先して、毎日婚活をすれば、たとえ婚活が上手くいかなかったとしても、「自分のために行動している」と実感できるため、自分を嫌いになることはないはずです。

上記理由から、「自分が嫌い」と感じるなら、自分優先の生活をする必要があります。

他人は無関心でいい

他人は、そこまで自分に興味がないし、コントロールできないからです。

そのため、他人を気にしたり比較しても、自分の望みと違った結果になり、気持ちが萎えるだけです。

たとえば、上司の様子をみた時に、上司を気にしていると下記反応になります。

  • 自分「今日は、上司が機嫌悪そう。さっきの自分の返事が悪かったかも?」
  • 自分「どうしよう…どうやって機嫌を直せるか考えないと」

しかし、実際は、上司は何とも思っていない場合が多いです。

仮に、上司の機嫌が悪く、上司の機嫌を直そうと色々と試しても、上司自身がその気にならなかったら、機嫌は直りません。

さらに、上司の機嫌が直らなかったら、「自分が上司の機嫌を悪くさせた」と考えてしまうため、自分が嫌いになります。

上記のように、他人を気にしたり比較しても、大半は相手にされません。

また、他人はコントロールできないため、自分が望んだ結果と異なり自分がもっと嫌いになるだけです。

他人は無関心で、自分のために行動をすることを意識しましょう。

失敗こそ成功の近道

「どんなことにも、失敗するから自分が嫌い」と思う時がありませんか?

それは、失敗の重要さをわかっていないだけです。

失敗したということは、失敗する方法がわかったということです。

これは、失敗しなかったら、分からなかったことで、行動しなかった自分よりも確実に成長していることになります。

成長しているのに、自分を責める必要はありませんよね。

また、反省を活かし再挑戦するば、いつかは成功できます。

たとえば、ホリエモンだってロケット打ち上げに2回失敗しています。

また、イチローも高校最後の夏に甲子園に出場できていません。

誰でも失敗はするものなので、失敗を恐れる必要はありませんよ。

大半の人が、1回の失敗で挫折するのは、失敗=ダメな物と認識しているからです。

自分を嫌いにならないためにも、失敗=成功の近道と認識しましょう。

自分を責めても何も解決されない

自分が嫌いと責めていても、自分の嫌いな部分が直らないからです。

自分が嫌いな言動をする→自分が嫌いになる→気持ちが萎える→自分が嫌いな言動をする…

上記の繰り返しになるだけなので、悪循環にしかならないです。

たとえば、下記みたいな感じです。

  • 会議で1回も発言できなかった =自分の意見を主張できない
  • 自分の意見を主張できない =自分が嫌い
  • 自分が嫌い =萎える
  • また、会議で1回も発言できなかった

こんな感じです。

これだと、気持ちが落ち込むだけで、問題は解決できませんよね。

本来やるべきは、会議で自分の意見を発言する方法を考え、どうすれば発言できるか?を考え、実行することです。

自分が嫌いと自分を責める時間があるなら、自分が嫌いな言動を改善することに時間を使いましょう。

その方が、気持ちも楽ですし、改善できれば自分が嫌いと責める必要もなくなります。

2:環境を変えるのもあり

環境を変えるのもあり

正直、環境により、自分の譲れない基準を守れるかどうか決まってくるからです。

たとえば「残業なし」と自分の譲れない基準を作ったとしても、下記のような対応を取られたら、会社生活自体が嫌になります。

  • 毎日、一人では終わらない仕事量を強制的に依頼される
  • 上司、同僚は知らんぷり
  • 上司「お前が効率悪いからだろ」などのパワハラ発言

上記のような環境は、自分の譲れない基準に合っていないため、環境を変えた方がいいです。

3:まとめ

本記事の内容を簡単にまとめますね。

「自分が嫌い」から抜け出す方法は下記

  1. 自分の譲れない基準を作る
    • 自分のために行動できる
  2. 自分優先の生活をする
    • 自分のやりたいことが優先的にできる
  3. 他人は無関心でいい
    • 他人は、自分に興味がないし、コントロールできないため、自分の望んだ結果にならない
  4. 失敗こそ成功の近道
    • 失敗することは自分が成長していることです。成長している自分を嫌う必要はありません。
  5. 自分を責めても何も解決されない
    • 自分を責める時間を、自分が嫌いと感じる言動の改善するための時間に使いましょう。
  6. 環境を変えるのもあり
    • 他人に邪魔をされるなら、環境を変えましょう。

上記、6つを意識して実行すれば、自分が嫌いと感じなくなるはずです。

誰でも、上手くいかないと自分を責めたくなります。

しかし、自分を責めても気持ちが萎えるだけで損をしています。

自分を好きになれとまでは言いませんが、嫌いになる必要もないはずです。

人生でもっとも長く付き合うのは、自分自身です。

他人と接する時と同じ位の接し方で、自分自身を大切にしてあげましょう。

ということで、以上になります。
最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

-LIFE