LIFE

「悩みがない人になりたい」←辞めるべき【悩みはなくならない】

「悩みがない人になりたい」←辞めるべき【悩みはなくならない】

こんにちは、シゲです。

悩みがなさそうな人は、楽しそうに過ごしていて羨ましい。
自分も悩みがない人になりたい。
あと、悩みを解決できる方法があれば、教えて欲しい。

というお悩みにお答えしていきます。

本記事の内容は、下記になります。

本記事内容

1:「悩みがない人になりたい」←辞めるべき
2:悩みを解決する方法

本記事を読み実践して頂ければ、悩みがない人に憧れることはなくなります。

なぜなら、11年勤めていた会社で、悩み続けていた私が、悩みがなさそうな同僚の言動を見て、同僚の生き方に全く憧れなかったからです。

上記背景を持つ私が、ノウハウを共有しますね。

また、私が実際に悩みを解決した方法も紹介するので、参考にしてみて下さい。

1:「悩みがない人になりたい」←辞めるべき

1:「悩みがない人になりたい」←辞めるべき

理由は、下記3つです。

① そもそも、悩みがない人はいない

② 「悩みがない」と言っている人は、思考停止しているだけ

③ 悩みがない人は損をしている

①そもそも、悩みがない人はいない

人は、大なり小なり必ず悩みを持っているからです。

例えば、悩みなさそうだなと感じる人でも、下記内容で悩んだ経験は確実にあるはず。

・会社に行きたくない

・風邪早く治らないかな

・講義中に眠くなった

私は、上記3つとも経験があり、少し悩んだ後に「考えても無駄」と諦めていました。

このように、全く悩みを持っていない人はいません。

少し厳しい言い方をすると、「悩みがない人になりたい」=幻想です。

幻想を追っても、無駄なので諦めましょう。

②「悩みがない」と言っている人は、思考停止しているだけ

しかし、「自分は悩みがない」と言っている人もいますよね。

結論からいうと、「自分には悩みがない」と言っている人は、思考停止しているだけです。

思考停止している人の考え方は、下記になります。

① 悩みができる

② 思考停止

③ 諦める

④ 悩みがないと思いこむ

上記の繰り返しで、根本の悩みは解決できていません。

簡単にいうと、能天気で何とかなる精神しか持っていない人です。

上司から仕事の依頼を強要されたことで例えてみます。

① 上司から仕事を強要された…

② 上司を納得させる断り方を、考えるのはめんどくさい

③ 上司は立場が上だし、自分の意見は聞いてくれないはず

④ 上司の指示に従えば、良い評価も貰えるだろう

結局、仕事は断れず、仕事量は増えたままですよね。

私が11年勤めていた同期も、上記と同じ状況で、仕事が増え続けているにも関わらず「いつか良い評価を貰えるから」と笑っていました。

当時の私は、「自分が損しているのに、よく笑えるな」と感じましたね。

このように、「悩みがない」と言っている人は、思考停止しているだけで、根本の悩みは解決できていません。

悩みがない人には、なれないので諦めましょう。

③悩みがない人は損をしている

仮に、本当に悩みがない人がいるとしても、確実に損をしています。

理由は、下記2つです。

・現状維持になり、成長できない

・人間味がなくなる

現状維持になり、成長できない

悩みがないということは、現状で満足できているということだからです。

現状維持を好んでいると、変化を求めなくなるため、成長できません。

例えば、会社生活で全く悩みがないなら、下記内容を求めなくなります。

・昇給

・新しいスキルを覚える

・業務改善をして効率化

上記を求めずに、坦々と作業を処理しているだけでは、成長することはできませんよね。

また、毎日同じことをしていても、つまらなく感じるはずです。

このように、悩みがないと現状維持で満足して、向上心がなくなり成長することができなくなります。

自分の成長を止めないためにも、悩みは必要です。

人間味がなくなる

悩みがないということは、不安や辛くなることがないため、感情の起伏がなくなるからです。

例えば、恋人が欲しくて、3ヵ月間合コンや婚活などに励んだとします。

3ヵ月間努力をしても、恋人ができなかったら「何で恋人ができないの?」と悩むし、辛くなりますよね。

でも、4ヵ月後に恋人ができたら、苦しんだ分余計に嬉しく感じるはずです。

しかし、初めから「恋人がいないのは当たり前」と考え悩むことがなかったら、実際に恋人ができても、「へぇ~」としか感じません。

このように、悩みがないと、感情の起伏がなくなるため、人間味がなくなってきます。

人として感情を持つことが重要なことなので、悩みがない人を目指すのは辞めましょう。

悩みがない人を目指すのは辞めよう

ここまで解説してきた通り、悩みがない人になっても損することが多いです。

悩みを持っているからこそ、楽しさや嬉しさがあるし、自分を成長させることができます。

「悩みがない人になりたい」と思うのは、辞めましょう。

2:悩みを解決する方法

2:悩みを解決する方法

とはいえ「じゃあ、どうやれば根本の悩みを解決できるの?」と疑問に感じるはずです。

そこで、解決方法を紹介します。

方法はシンプルですが、できていない人が多いため、是非試してみて下さい。

私も実践している方法なので、参考になるはずです。

① 悩みながらも行動をする

② 一度、諦めるのもあり

③ 新しいことを始める

①悩みながらも行動をする

悩みが解決できないのは、実際に行動していないことがほとんどだからです。

例えば、「太り過ぎてヤバイ」と悩んでいても、実際にダイエットをしていないとかです。

ダイエットを実際にしていないなら、「太り過ぎている」という悩みを解決できませんよね。

そこで、実際に下記行動をすれば、少しずつ体重を減らせます。

・毎日10分間運動

・飲み物を水に変える

・間食を全てナッツ系に変える

このように、悩みがあるなら、自ら行動をしないと解決できません。

重要なのは、自ら行動することです。

「○○のせい」「✕✕って言われるから…」と言い訳をしても、悩みは解決できないため、自ら行動しましょう。

②一度、諦めるのもあり

解決できないことに、悩み続けても辛くなるだけだからです。

例えば、「収入が増えない」という悩みがあるとして、本業でどれだけ良い実績を作っても、上司が昇給させる気がなかったら、いつまでも収入が増えないままですよね。

それなら、一度本業で収入を増やすことは辞めて、副業に挑戦した方が収入を増やせます。

このように、行動しても悩みが解決できないなら、一度諦めて方向性変えましょう。

私は、3ヵ月努力しても、悩みが解決できそうにないなら、一度諦めて方向性変えています。

③新しいことを始める

新しいことを始めると、目の前の事に精一杯になり、無駄なことを考えなくなるため、悩みが減るからです。

例えば、10㎞マラソンをしていて、息が上がり走っている状況で、マラソン以外の余計なことを考えないですよね。

また、映画を集中して見ている時も、映画以外のことは考えないはずです。

このように、新しいことを始めると、目の前の事に精一杯になり、無駄なことを考えなくなるため、悩みを減らすことができます。

無駄に考える時間を減らすためにも、新しいことに挑戦しましょう。

悩みを解決するために、行動を始めよう

ここまでの解説してきた通り、悩みを解決するには、行動することが重要です。

行動をせずに、悩み続けていてもいつまでも解決できないままです。

悩みがあるなら、自ら行動してみましょう。

ということで、以上になります。

悩みがない人になりたいと思っても、悩みをなくすことはできません。

仮に、悩みがない人になれたとしても、損するだけです。

悩みがない人を目指すのは辞めましょう。

また、悩みを解決するには、自ら行動する必要があります。

悩みがあるなら、自ら行動して現状維持から打破しましょう。

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

-LIFE