LIFE

優柔不断を改善する方法【4つの方法で改善可能です】

優柔不断を改善する方法【4つの方法で改善可能です】

こんにちは、シゲです。

優柔不断で、他人に合わせてしまう…
しかし、他人に合わせると損をすることが多いし、優柔不断を辞めたい。
優柔不断を改善する方法を知りたいな~。

というお悩みにお答えしていきます。

本記事の内容は下記です。

本記事内容

1:優柔不断を改善する方法
2:人生を豊かにしたいなら、優柔不断の改善は必須!!

本記事を読み実施すれば、優柔不断を改善できます。

なぜなら、社会人になるまで優柔不断だった私が、本記事で紹介する方法を使い、優柔不断を改善できたからです。

上記背景を持つ私がノウハウを共有しますね。

1:優柔不断を改善する方法

1:優柔不断を改善する方法

優柔不断を改善する方法は、下記4つです。

①自分で決断する決意を持つ

②1分以内で決断する

③選択範囲を絞る

④先に行動する

①自分で決断する決意を持つ

自分で決断する決意を持つことで、自分で決断する回数を増やせるからです。

例えば、飲み会で料理を注文する際に、「1品は必ず自分で選ぶ!!」と決意するとかです。

大半の人は、1品自分で決断して選べるはず。

上記のような小さい実績を繰り返していけば、徐々に大きなことでも決断できるようになります。

まずは、自分で決断する決意を強く持ちましょう。

他人に合わせることが癖になっている

決断が必要な時に、無意識に自分で決断するより、他人に頼ることを優先しているからです。

会社で例えると、下記発言をすぐにする人は、無意識に上司に合わせる事を優先しています。

・上司に確認してから回答します

・上司に任せておけばいいよ

・自分が考える立場じゃない

このように、無意識で他人に合わせることを優先している人はいます。

無意識で他人に合わせている人は、他人に合わせることが癖になっているため、優柔不断になりやすいです。

他人に合わせる癖を直すためにも、自分で決断する決意を持ちましょう。

他人に合わせても、自分のためにはならない

他人が、わざわざ自分のメリットになる決断をしてくれるとは限らないからです。

例えば、友達と待ち合わせ場所を決めるとして、友達に決断されたら「友達の家から近い場所」を選択されることが多いはずです。

友達が、わざわざ自分の家の近くを選んでくれる可能性は低いですよね。

このように、他人に合わせていても、自分のためにはなりません。

自分が損をしないためにも、自分で決断することが必要です。

②1分以内で決断する

大半のことは、本能で何が良いかを判断できているからです。

【例】
・徒歩と車での移動どちらがいいか?
=少しでも楽したいから車にしよう

・上司に残業を依頼された
=断って、定時で帰宅したい

・ラーメンと焼き肉どちらがいいか?
=今日はラーメンの気分

上記のように大半のことは、自分の中ですぐに決断できているはずです。

人間関係など考えても損するだけなので、本能に従い1分以内で決断してみて下さい。

1分以内で決断できないなら一旦諦める

1分以内で決断できず悩んでいても、時間がもったいないからです。

【例】
・今日の服装何にしよう?

・髪を染めようか悩む

・節約をいつ始めるか悩む

上記を、30分以上考え結論が出なかったとしたら、時間がもったいないですよね。

人生の時間は無限ではないため、時間を無駄にしないためも、1分以内で決断できないなら一旦考えることを辞めましょう。

大半のことは忘れるため問題なし

一旦、考えることを辞めれば、大半のことは重要と感じなくなるからです。

例えば、服を購入するか悩んで1時間悩んだ後、時間切れで購入を諦めたとします。

購入を諦めた3日後に、服を購入できなかったことを後悔しているでしょうか?

大半の人は、服の存在も忘れて通常通りの生活をしているはずです。

このように、決断をしなくても大半のことは忘れるため、1分間で決断できないなら、諦めてOKです。

無理やり白黒つけようとせず、諦めることも重要。

③選択範囲を絞る

選択範囲が広すぎると、選びづらいからです。

私が社会人になり経ての頃、上司から「何でもいいから業務改善を考えて」と言われた経験があります。

当時、「何でもいいからと言われても…」と悩んでしまい、業務改善の案を全く提案できませんでした。

しかし、書類の業務改善など選択範囲を絞れば、下記の方法を提案しやすくなりますよね。

・Excelのマクロで自動化

・社内社外で、質を変える

・ハンコ承認を、電子承認に変える

このように、選択範囲を絞ることで、決断がしやすくなります。

私は、選択範囲を絞ることで、業務改善を提案できるようになりました。

決断しやすくするためにも、選択範囲を絞りましょう。

④先に行動する

行動から事実が得られるため、最終的に決断ができるからです。

例えば、収益化目的でブログを始めてみるか悩んでいるとします。

正直、ブログを始めてみないと稼げるかわからないですよね。

実際には始めてみて、下記結果だったら、ブログを始めて良かったか判断することができています。

・収益0円   =ブログは合わなかったため、辞める

・収益10万円 =ブログを始めて良かったため、継続

このように、先に行動をすることで事実が明確になるため、最終的に決断ができるようになります。

優柔不断で悩んでいる時間が長いなら、とりあえず行動してみるのもありです。

優柔不断は改善できます

ここまで解説してきた通り、下記4つの方法で優柔不断が改善できます。

①自分で決断する決意を持つ

②1分以内で決める

③選択肢を絞る

④先に行動する

他人に合わせて損しないためにも、優柔不断を改善しましょう。

とはいえ、「優柔不断は、本当に損をするの?」と感じる方もいるはず。

答えは、確実に損をします。

上記を深堀しますね。

2:人生を豊かにしたいなら、優柔不断の改善は必須!!

2:人生を豊かにしたいなら、優柔不断の改善は必須!!

優柔不断は、下記3つの理由から損をします。

・時間が無駄になる

・他人のエゴに巻き込まれる

・自分で考え行動できなくなる

人生を豊かにしたいなら、優柔不断の改善は必須です。

時間が無駄になる

優柔不断だと、悩み続けてしまい、結果が出ないからです。

例えば、友達と旅行先を決める際、お互いが優柔不断だとします。

お互いが「決めていいよ」と譲り合いが起きますよね。

上記やり取りを、1時間以上実施していたら、時間が無駄になります。

第三者からみても、「いい加減決めろよ」と思うはず。

このように、優柔不断だと悩み続けてしまい、結論が出ないため、時間が無駄になります。

自分が損をしないためにも、優柔不断を改善しましょう。

他人のエゴに巻き込まれる

他人に決断を委ねることが増え、他人の考えに付き合わされるからです。

買い物で例えると「どこか行きたい所ある?」と聞かれ、「特にない」と答えると、一緒に買い物に行った人に、下記を付き合わされるはず。

・一緒にショップを見て回る

・一緒に買い物に行った人に、品物が似合うか判断を求められる

・荷物持ちをさせられる

正直、めちゃくちゃめんどくさくないですか?

それなら、「特にないから、カフェでまったりしている」と答え、自分だけカフェで本を読んでいた方が、自分のためになりますよね。

他人のエゴに巻き込まれないためにも、優柔不断は改善すべきです。

自分で考え行動できなくなる

優柔不断のまま生きていると、自分で考えることをしなくなるからです。

優柔不断な人は、自分の中で「誰かに決断して貰った方が楽」と考える人が多いはず。

上記考えを持つと、徐々に自分で決断することがなくなり、次第に自分で考えることを辞めてしまいます。

自分で考え行動できないと、自分のための行動ができなくなるため、損をします。

自分で考え行動できるようになるためにも、優柔不断は改善しましょう。

3:まとめ 優柔不断を改善しよう!!

本記事の内容をまとめます。

優柔不断を改善する方法は、下記4つです。

①自分で決断する決意を持つ

②1分以内で決断する

③選択範囲を絞る

④先に行動する

シンプルで、挑戦するハードルも低いため、手軽に初めてみて下さい。

なお、下記理由から、人生を豊かにしたいなら、優柔不断の改善は必須になります。

・時間が無駄になる

・他人のエゴに巻き込まれる

・自分で考え行動できなくなる

自分の人生をつまらないものにしないためにも、本記事で紹介した優柔不断を改善する方法を試してみて下さい。

ということで以上になります。
最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

-LIFE

© 2021 shigeblog